MooMooKids 親子で素敵な英語の時間

8歳のお姉ちゃん&5歳の弟くん☆英語絵本でバイリンガルになあれ♪
TOP ≫ CATEGORY ≫ 自力読みへの道

自力読み訓練中に直面した問題たち♪克服しつつある?!

4歳から本格的な読みの練習を始めたお姉ちゃんとは対照的に
生まれた時からCDの聞き流しなど親子英語の環境が整っていた弟くん

読み聞かせが大好きで、英語での発話もお姉ちゃんより早かったです。

就園前は時間もたっぷり
読み聞かせ、聞き流し、ごっこ遊びをしてもまだまだ時間がある
公園に行って帰ってきてもまだ時間がある

残った時間で読みの練習をすれば
自力読みが進むのでは?と3歳になると同時くらいにフォニックスを導入

もうすぐ3歳の弟くん☆フォニックスに挑戦!?

CVCの単語はBeginning Soundが出来れば読めるようになります。

Cat can nap.
Bat can nap.
Cat and bat can nap.

一つひとつの音をSound outしながらこんな感じの文章は読めるようになりました。

直面した問題①

一つひとつの音をSound outする癖がついてしまい
最初のcatをc-a-t とSound outして読めたはずなのに
2回目に登場した時もcatとすらっと読まず
いちいちc-a-tとSound outしてから読むように

文字全体を一つの単語として認識することが苦手
これは大変とフォニックスは一時中断してサイトワードを強化
その後1年半に渡り、いろんな取り組みで自力読みを促すも

Aの本に出てくるサイトワード(this, like, see, want, theyなど)は読めるのに
Bの本に出てくるともう読めないとか

すべてをBeginning Sound で読み、何のことやらわからなくなったり
(to, the, you, someなど)

自力読みを頼んでも ”I can’t” とあっさり断られたり

ガックっとなることは数え切れず

でもそれは

ただ時期尚早だっただけ

それは十分に分かっていたので
必要以上に強要することはせず、押しては引いて、押してはまた引くと言う感じで
気長に待つことができました。

最近少しずつ読める楽しさが分かってきたような弟くん(4歳8か月)


点在していたものが少しずつ線でつながってきているような状態です。

線でつなげる役目をしてくれているのが
視聴を再開したこの2つの動画

Alphablocks


Super why!


読みに関しては、早く取り組み始めたからと言って
早く花が咲くわけではないことを痛感したわが家の親子英語

お姉ちゃんがthe gingerbread manを読んだのは4歳9か月
今の弟くんとほぼ同時期でした。

お姉ちゃんのThe Gingerbread man

弟くんとのこれまでの自力読みへの道は長かったけれど
それぞれの取り組みが思い出深く、楽しいものだったので
それはそれでOKなのかな~と思っています。

フォネミック・アウェアネス(phonemic awareness)☆

サイトワード☆文字に興味を持たせる工夫

<パート2>自力読みスタート☆読める単語を増やす♪

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

スポンサーサイト

<パート2>自力読みスタート☆読める単語を増やす♪

サイトワードに続き、今回はワードファミリーです。

お姉ちゃんとしたワードファミリーの取り組みの記録はこちら

残念なことに、いつも利用していたLoving2leanのサイトで
絵本がプリントアウトできなくなってしまったので
ショックを受けているママです

見れなくなる前にちゃんとダウンロードしておくべきでした・・・

本当は絵本を新しく作り直したかったのですが
お姉ちゃんの時にプリントアウトしたもので我慢します。

他に良さそうなWord Family Booksをネットで探してみたのですが、
Loving2leanのように絵と文字だけのシンプルなものは
見つかりませんでした。
imagesTHCL8N1V.jpg

こちら↓はどうかな?と思ったのですが、
もっと簡単なワードファミリーがたくさんほしい!と言う感じ

スカラスティック社のホームページで中見ができます。
先日はセール中で2ドルでした。

絵本であることの利点は何度も何度も繰り返し読むことができること
逆に何度も読むことができれば本でなくてもいいのかな
こちらを使わせてもらうことに
8-free-short-a-mats1-590x8311.jpg
これがとってもいい
絵と文字、そしてシンプルなのがベストですね

こちらから無料でプリントアウトできます。
The Measured Mom.com Tools For Teaching





MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





サイトワード☆文字に興味を持たせる工夫2

サイトワードのBingoです。
Pinterestで可愛いものを見つけたのでプリントアウトしてみました。
20140920231400767.jpg

自力読み前段階の弟くん

アルファベットの音を習得して、CVC構造の単語を
フォニックス読みする練習を軽くしたことがあります。

フォニックスに挑戦

サイトワードに挑戦したことも

Sight Word Readers

両方を少しやってみて、弟くんが気に入ったのがフォニックス読み

ここで問題が
何度も何度も目にしたことがあるであろう単語も
とにかくフォニックス読み(biginning soundのみを使って)を試そうとします

そして、こういう単語ももちろんフォニックス読み
the, look, see, do….
これら↑をフォニックス読みすると何のことだかまったく分からなくなります。

そこで、starfallを含むフォニックスをしばらく封印することにしました。
また絵本の文字に注意を向けさせることもしばらくやめることにしました。

絵本から離れて今はひたすら前回ご紹介したゲームとBingoで
単語全体を見る練習です
(でもCTP絵本の聞き流しと暗唱は続けています。)

こういうカード↓をフラッシュしてもいいのですが、どうも楽しく出来ないママ
両面に違う単語が書かれているので、とても使いにくく感じます。
インデックスカードに手書きした方が使いやすいような
せめてメモリーゲームでもできればいいのになあと思います。

 

Bingoママと2人でやっても楽しいみたいです。
お姉ちゃんが参加すると、意外とお姉ちゃんの方が必至だったりして
(動画も記事も少し前に準備したものなのですが、最近は一人ビンゴをやっています)


とにかく文字を見て、ママが読むのを聞いて、
何度も何度も声に出しながら、自分のBingo表から同じ単語を探す。

この繰り返しが、ちょうどいい感じです

オンラインのサイトワードゲームもおすすめです。
SIGHT WORD BINGO DOLCH WORD LIST

今は封印したフォニックスですが、アルファベットの音はすでに分かっているので、
『文字を読む』という感覚が理解できれば、
その後は早いような気がします。(根拠なし

その時はじっくりフォニックスに取り組みたいです。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

フォネミック・アウェアネス(phonemic awareness)☆その後

以前記事にした「フォネミック・アウェアネス」を
取り入れた取り組みを2,3回やってみました。

「フォネミック・アウェアネス(phonemic awareness=音素認識)」という理論☆

まずママと練習


数日後、お姉ちゃんに遊んでもらいました


理想は文字導入前にできれば良かったのですが、
すでに弟くん、各アルファベットのフォニックス読みは習得しています。

でも、フォネミック・アウェアネスをほんの数回取り入れただけで
はっきりと違いが表れてきました

1つ1つの音をしっかり聞くことを意識し始めると、
文字を見て音を当てはめることも少しスムーズに出来るようになってきました。

CVC構造の単語を中心にまたこちらのカードで遊んでいます。


以前より成長しています

番外編

途中まで調子良かったのにね


MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



「フォネミック・アウェアネス(phonemic awareness=音素認識)」という理論☆

前回記事にした「フォニックス学習の前に」の内容は
「フォネミック・アウェアネス(phonemic awareness=音素認識)」
という理論の一部です。

株式会社mpi松香フォニックスからでているこちら
   

これら↑の本に携わった宮清子さんのお話がとてもわかりやすいです。

日本人のための「フォネミック・アウェアネス」のススメ


またもう少し詳しくという方にはこちら


単語の終わりの音に注目するライミング
始めの音に注目するアリタレーションに重点をおいて
分かりやすく書かれています

それ以外にもわが家ではフォニックス(文字)を導入してからやったアクティビティの
いくつかが文字導入前にできると書かれていてなるほどと思いました。

たとえば、単語の音をバラバラにして音を数えるセグメンティング
ライティングの段階になって少し弱いなあと思って補強した部分です。

弟くんとは、こんな感じで早い段階から音を数えることに取り組んで
いきたいと思います。(ここでは、/b/からはじまる単語が集められていますね


ブレンディング&セグメンティング (Sound boxes)

フォニックスを導入する前、また導入してからも耳をきたえることは大切です。
わらべ歌やマザーグースのCDをお持ちの方も多いと思います。
ぜひどんどん活用してみてください。

その時、ライミングや一つひとつの音に注意して耳を傾けてみると
今までと違った世界が見えてくるかもしれませんね

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

いくつになったの?
プロフィール

Author:ふうみん
8歳の娘&5歳の息子と親子英語をがんばるママ

Counter
Powered