MooMooKids 親子で素敵な英語の時間

8歳のお姉ちゃん&5歳の弟くん☆英語絵本でバイリンガルになあれ♪
TOP ≫ CATEGORY ≫ サイトワード
CATEGORY ≫ サイトワード
      

サイトワード☆文字に興味を持たせる工夫2

サイトワードのBingoです。
Pinterestで可愛いものを見つけたのでプリントアウトしてみました。
20140920231400767.jpg

自力読み前段階の弟くん

アルファベットの音を習得して、CVC構造の単語を
フォニックス読みする練習を軽くしたことがあります。

フォニックスに挑戦

サイトワードに挑戦したことも

Sight Word Readers

両方を少しやってみて、弟くんが気に入ったのがフォニックス読み

ここで問題が
何度も何度も目にしたことがあるであろう単語も
とにかくフォニックス読み(biginning soundのみを使って)を試そうとします

そして、こういう単語ももちろんフォニックス読み
the, look, see, do….
これら↑をフォニックス読みすると何のことだかまったく分からなくなります。

そこで、starfallを含むフォニックスをしばらく封印することにしました。
また絵本の文字に注意を向けさせることもしばらくやめることにしました。

絵本から離れて今はひたすら前回ご紹介したゲームとBingoで
単語全体を見る練習です
(でもCTP絵本の聞き流しと暗唱は続けています。)

こういうカード↓をフラッシュしてもいいのですが、どうも楽しく出来ないママ
両面に違う単語が書かれているので、とても使いにくく感じます。
インデックスカードに手書きした方が使いやすいような
せめてメモリーゲームでもできればいいのになあと思います。

 

Bingoママと2人でやっても楽しいみたいです。
お姉ちゃんが参加すると、意外とお姉ちゃんの方が必至だったりして
(動画も記事も少し前に準備したものなのですが、最近は一人ビンゴをやっています)


とにかく文字を見て、ママが読むのを聞いて、
何度も何度も声に出しながら、自分のBingo表から同じ単語を探す。

この繰り返しが、ちょうどいい感じです

オンラインのサイトワードゲームもおすすめです。
SIGHT WORD BINGO DOLCH WORD LIST

今は封印したフォニックスですが、アルファベットの音はすでに分かっているので、
『文字を読む』という感覚が理解できれば、
その後は早いような気がします。(根拠なし

その時はじっくりフォニックスに取り組みたいです。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

スポンサーサイト

違いは上達スピード☆

本格的な読みを4歳を過ぎて始めたお姉ちゃん
3歳前から始めた弟くん

お姉ちゃんの時は、文字と絵と音が一つの線となって
つながるのが早かったのに対して、
弟くんは、まだどこかで回線が切断状態みたいです。

お姉ちゃんはCTP社のサイトワードリーダー(12冊)を
1か月半集中して取り組みました。

まだまだ早いと十分理解して始めた弟くんへの取り組みですので、
気長にゆっくり進めていく覚悟はできています。

今の弟くんとの取り組みで一番注意しているのは、
そして難しいと思うのは、耳から聞いて感覚として覚える絵本(CTP絵本)と
文字に注目しながら読む絵本との使い分けです。

耳を十分に鍛えてから文字への『黄金ルール』は本当に大切だと思っています。

しばらくSight Word ReadersのTeaching Guideを
プリントアウトして使っていましたが、8冊ほど終わったところで中断中です。

弟くんの自力読み?!Sight Word Readers☆

理由はプリントアウトした絵本が少し小さくて・・・

お姉ちゃんの時にスカラスティック社のSight Word Readersを購入していたら
弟くんもそのセット1つで良かったと思います。

“今更買ってもね~“という気持ちがあって購入には至っていませんが、
これから親子英語を始める方にはぜひお勧めしたいセットです

 

代わりにLoving2LearnさんのSight Words Booksを始めました。

シンプルでインパクトのあるこちらのSight Words Booksはとても使いやすいです。
10レベルに分かれていて、こちら↓はレベル1の5冊分です。
DSC05393.jpg


下の2つの動画は同じ日に撮ったものです。

耳からの音を頼りに読んでいる様子 (CTP絵本)


なんとなく目からの文字情報で読めるようになってきた様子


弟くんの中で、文字と絵と音がつながる日まで、あと少しかな~なんて

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



サイトワード(CTP)☆自力読みができるように

夏休みはCTPレベル1の復習とSight Word Readers(CTP)に取り組みました。

CTP絵本は聞き流し重視で、食事中BGMとして流し、
たまに絵本を広げCDと一緒に音読、
それ以外はママの読み聞かせで進めてきました。

サイトワードでは、今までとは違う取り組みを

まず、CDは聞きませんでした。
そして、初めて導入したのが、
Finger-Point Reading(読んでいる文字を指でなぞる方法)

Finger-Point Readingとは

日本語の「あ」はいつどこにでてきても「あ」という音ですが、

例えば英語で「STOP」の場合、
「s(エス)」「t(ティー)」「o(オー)」「p(ピー)」ではなく、「ストップ」と発音します。

単語単位のかたまりの読み方を知らないと読めないので、
Finger-Point Readingは、なぞった文字を一連のかたまりとして認識させ、
これに固有の読みを頭の中で一致させ、
「解読(decoding)」できるようにする効果的な方法だそうです。
声に出して読む英語絵本―初めてのリードアラウドより

ネットで少し調べてみましたが、英語圏では読み指導でポピュラーな方法のようです。

Sight Word Readers(CTP)は12冊セットで1冊の本の中に
新しいサイトワードが1~2個出てきます。
たとえば「the」
これをカードにして、読み方を練習
その後、文章のどこに「the」があるか探し、別の絵本でも探して遊びました。

そして、ママと読む練習

本が進むごとにカードが増えるので、
ドリル形式で早く言う練習をしたり、床に並べてカードを取るゲームをしたりしました。

お姉ちゃんは自分で読めるという感覚がとてもうれしかったみたいです
(お姉ちゃん☆4歳2カ月です)






MooMooKids

よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
いくつになったの?
プロフィール

Author:ふうみん
8歳の娘&5歳の息子と親子英語をがんばるママ

Counter
Powered