MooMooKids 親子で素敵な英語の時間

8歳のお姉ちゃん&5歳の弟くん☆英語絵本でバイリンガルになあれ♪
TOP ≫ CATEGORY ≫ CTP絵本
CATEGORY ≫ CTP絵本
      

CTP絵本とスカラのフォニックスセット

我が家はCTP絵本をメインに進めてきました。

CTP絵本を使って良かったなと思う点は

無理なくレベルアップさせることができたこと

ノンフィクションの読み物に抵抗なく接することができたこと
特にMathとScienceは良かったです。

同じ絵本を何度も何度もの読む習慣がついたこと

そして何と言ってもCDのすばらしさ
ママの読み聞かせもいいですが、やはり楽しいチャンツや歌は耳に残ります。

最後に収納に場所を取らないこともわが家では重要な要素

こちらはCTP絵本レベル1、2&3の一部と
フォニックスリーダーなどのスカラスティックのBoxセットです。

本当にコンパクト

DSC04881.jpg

DSC04880.jpg

詳しい絵本の内訳はこちらに記録しています。


我が家では取り組んでいる絵本以外は手の届かいところに片付けています。
そして定期的に絵本は組み替えています。

弟くんが現在取り組んでいるCTP絵本レベル1のセット6です。

DSC04883.jpg


お姉ちゃん用にはいろいろ混ぜ合わせて使っています。
フォニックスを強化していた時はフォニックスリーダーもこちらに

DSC04886.jpg

CTP絵本1巡目の時は、4冊セットを1か月続けて読みました。

弟くんはまだ2歳なので4冊ずつですが、
お姉ちゃんの時は、
最初に1セットを出してから、2週間後にもう1セット導入して、8冊体制で
2週間ごとに新しい絵本たちに出会えるとマンネリを防ぐことが出来ました。(ママの^^;)

わが家では1巡目ですべて理解させようとせず、2巡、3巡と読み返しています。
1巡目より2巡目の方が理解が深まり、
さらに3巡目でも新な発見があります。

このシステムにしてから
絵本があちこちに散らかることがすくなくなりました

DSC04887.jpg


なにより取り組んでいる絵本に集中できるのが良かったです

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


スポンサーサイト

CTPとの出会い

CTPとの出会い

絵本に興味を持ち始めたお姉ちゃん
もっともっといろんな絵本に触れさせてあげたい
と思うものの

近くの図書館での洋書絵本の取り扱いは少なく、
またある絵本はお姉ちゃんに難しく
2歳のお姉ちゃんのレベルに適しているものは
限られていました。
対照的にアマゾンには、魅力的な絵本がたくさん
でも、当たり外れがあって選ぶのは大変
あれもほしいこれもほしいと誘惑に負けてお財布のひもを緩めるわけにもいきません。
また単品の絵本ばかりだと、どうしても私好みで偏りが出来てしまう。

そんな時、たまたま手にした英語教材のカタログ
英語ネイティブの子供たちのために作られたリーディング教材というもの

英語で子育てをされている方々の間では
ORT・CTP として親しまれているものらしい
(CTPとは、Creative Teaching Press社、ORTとは、Oxford社の Oxford Reading Tree の略です。)

「CTP絵本」の紹介 (私が購入しているMUM'S ENGLISHさんのサイトより)

「CTP絵本96冊」で知られるカリフォルニア Crestive Teacing Press社のLearn to Readシリーズの事です。アメリカの園児から小学生向けの国語教材です。
レベルが1から3まであり、各レベル48冊、全144冊です。4つのカテゴリーがあります。

CTP絵本のお勧めポイントをまとめてみました。

読みやすいように、レベルが設定されている
各レベル(48冊)で上のレベル(次のレベル)に向けてレベルがアップしていきます。

1冊の内容が長すぎない
普通の絵本(昔話など)は、子供に読み聞かすには長すぎたり、難しいです。

子供達が覚えるべき単語や文章を取り入れている
子供たちが自分で絵本を読めるようになるための教材で、単語や文章が考えて作られています。
4つのカテゴリーがあり、広い分野の単語や文章を覚えられます。

キャッチーなフレーズが繰り返され、耳で聞いて覚えやすい
CTP絵本のCDは、「英語教材中、最高水準の出来」と言われる楽しく素晴らしいものです。
本文が歌やチャンツ(リズムに乗って英語を言うこと)でも楽しく収録されていますが、
CTPだけのオリジナルです。
大人が聞いても楽しく、つい口ずさみお子様と一緒に歌って楽しく使えます。
繰り返し聞いても楽しいことは、子供用英語教材の必須条件です。

子供達が朗読をする際の目安となるスピードで、CDの朗読ははっきり、ゆっくり読まれます。

CDの内容は、
1回目; BGMつきで朗読 
2回目; 大人の朗読後子供がリピート 
3回目; BGMつきで朗読(歌やチャンツのことが多いです)
と合計3回、本の内容がくり返されます。

いろいろな絵や写真でバリエーションがあり楽しめる
CTP絵本の挿絵は、いろいろな絵になっています。
ポップな絵、切り絵、優しい絵、写真などバラエティーに富んでいます。
動物が主人公だったり、アメリカの子供達が出いていて子供達が大好きな設定です。
色もハッキリしていたり、柔らかい色だったり・・良い刺激なるでしょう。
生活習慣の違いが感じられる事もあり、楽しいと思います。

アメリカで定番のお話も入っている
CTP絵本は、「楽しくなければ勉強じゃない」というアメリカンな感覚感じられます。
ひねりのきいたストーリーやオチも、洒落ていて、楽しく聞くことができます。
アメリカの定番や歌をアレンジして作られている絵本も多いです。

ペーパー版で薄く、保管に便利なこと
レベル1Aセットより1Bセットは文章が長くなり少しレベルが上がっています。
本のサイズは、横23cm、縦16cm、ペーパー版です。


いきなりフルセット購入するのは不安でしたので、
4冊パック+CD1枚 1499円(送料無料)からスタートすることにしました。

MooMooKids

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

我が家の読み聞かせ

図書館で新しい本を借りてくると、目を輝かして、
読んで☆読んでというお姉ちゃん(3歳7か月)

弟くんはお昼寝しているし、本を広げることに。

私が読み始めると、初めて見る本にもかかわらず、
大きな声で一緒に何かを言い始めます。

絵本を読むときは一緒に声を出すものだと思っているようです。
一般的にいう読み聞かせとは少し違う光景です。

絵本によっては静かに内容を聞いていてほしい時もあるのですが、
今は何も言わず、我が家の読み聞かせはエコー付きで

我が家のCTO絵本の導入の仕方

CDを聞く前に内容を確認しながらママが読み聞かせ

絵本には知らない単語がたくさん

絵を見せて確認できるものは英語で
知っている他の単語で置き換えられるものは別の英語表現で
それでもわからない場合は日本語で

「英語は英語で理解させること」にはこだわっていません。
しっかり絵本の内容を理解してほしい時は、
導入部分で日本語を使ってもいいと思っています。
(英語を日本語に訳すわけではありません。)

音の響きを楽しむための絵本もあります。
その時は内容に関して説明は特にしません。

内容が曖昧な絵本より、しっかり分かっている絵本の方が、
子供は好きになります。好きになれば、何度でも読みます。

さあ、CDを聞いてみましょう。

絵本の導入が終わると、CDをかけます。

CTP絵本のCDは

1回目 BGM入りの朗読☆絵本を見てページをめくります。
2回目 大人の朗読と子供のエコー子供のエコーに合わせてママも一緒に言います。
     お姉ちゃんも一緒に口を動かそうとします。
3回目 BGM付きやチャンツチャンツに合わせながらママも一緒に言います。

1日目は新しい絵本の内容を確認して、CDと1度聞いて終了

2日目以降はBGMとしてCDを聞き流し
(気が向けば、絵本を出してきて一人でページをめくっていることも)
ママの読み聞かせを1日1回 

BGMとして聞き流しているとき、
ママがCDに合わせて口ずさんでいるとお姉ちゃんも一緒に合わせていいます。
最初は語尾のリピートから始まることが多いです。

我が家は4冊を1セットとしてやっています
BGMとして流すのは、取り組んでいる絵本4冊を集中的に、
以前にやったCTP絵本を4冊ほどピックアップ、
再生リストにして流しています。

10日ほどすると、少しずつCDと一緒に言えるようになってきます。
さて、次はいよいよ暗唱です。

MooMooKids

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いくつになったの?
プロフィール

Author:ふうみん
8歳の娘&5歳の息子と親子英語をがんばるママ

Counter
Powered