MooMooKids 親子で素敵な英語の時間

8歳のお姉ちゃん&5歳の弟くん☆英語絵本でバイリンガルになあれ♪
TOP ≫ CATEGORY ≫ 英語でおてて絵本
CATEGORY ≫ 英語でおてて絵本

お話作り☆2歳9か月

最近のお姉ちゃんとの「おてて絵本」は「キャッチボール読み」がメインです。

そして、弟くんとも少しずつお話作りをしています。

わが家の場合、「おてて絵本」での課題はいかにママの相づちを上達させるか・・・
これに尽きるような気がします。

おてて絵本deママも相づち上手☆

未熟なママの相づちにも、一生懸命お話をしてくれる弟くん
ありがとう



ものぐさハハさんを見習って字幕に挑戦してみました
でも、タイミングがあっていない・・・^^;


MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

スポンサーサイト

我が家のアウトプット☆ゆっくり、でも少しずつ♪

子ども達からアウトプットがあると、ママはとっても嬉しいですよね。

絵本やCD、テレビ、パパやママ、お友だちからいろんなインプットを受けて、
それを動作や行動に移すことができれば、それは立派なアウトプット

“Come here!”と言われて、こちらに来ることができれば、
発話はなくてもアウトプット成功です!

(外国語教授法の中に「TPRトータルフィジカルリスポンス」というものがあります)
http://activities.eccjr.co.jp/no6/pdf/tpr.pdf

でもやっぱりママが期待するのは発話
それも単語ではなく文章での会話
そしてその道のりはとっても長いです。

我が家では、
ウェブレッスンはお姉ちゃんに却下され、
スクールにも通っていないので、
インプットとアウトプットをつなぐ方法として
絵本を中心に聞き流し、音読、暗唱をひたすら地味~に続けている状況です。

本当に時間がかかりますが、
少しずつ親子で進んでいくのが親子英語なのかな

最近「おてて絵本」に少し変化が出てきました。
2,3行の本当に短い簡単なお話ですが、
オリジナルのストーリーを語ってくれるようになりました

ここからライティングに繋げていければいいなあと思っています。

その内、会話もスムーズにできるようになると最高なんですけどね

お姉ちゃん(4歳11か月です)


Book Time
Chip & Dale playing in the sun, but Pete was mean to Chip & Dale.
Mickey has friends Chip and Dale, has Minnie to dance.
“Let’s sing a song” said Chip and Dale, but Pete was mean.
And Pete was, “Go away” said to Chip and Dale, The end.


Book Time
Minnie was playing with a sand, but Mickey is coming.
“Hi” said Minnie. “Hi” said Mickey.
Donald playing with the water to pool.
Mickey was playing with Minnie together sand. The end.

おまけ
弟くんも「おてて絵本」に挑戦 (2歳3か月)
CTP絵本の「The Ten-Second Race」というお話


The snail went one inch. The snail didn't win.
The horse went two hundred yards.
The horse didn't win.
Yeow! No fair!
DSC03724.jpg

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

おとぎ話で「おてて絵本」☆少し成果が出てきました!

おてて絵本を意識的に親子英語に取り入れるようになって
もうすぐ1年になります。

両手を絵本のように広げることで
お姉ちゃんは英語で物語を作るスイッチが入るようで
最近は結構おもしろいお話が作れるようになってきました。

始めたころは上手くいかず、
英語では無理かな・・・なんて思っていたママですが、
今となっては続けて良かったぁ

コツをつかんでからはCTP絵本の「なぞり読み」をメインにやってきました。

最近チャレンジしているのは「キャッチボール読み」です。

キャッチボールをするように
ママとお姉ちゃんが1文ずつ交代でお話を作っていきます。

相手のお話をよく聞いて、それを理解して
自分なりのストーリーを作っていかないといけません。

Once upone a time, there lived three bears and
Three bears decided to go for a walk. and
A girl named Goldilocks saw their house and went inside. and
Three bears went to Goldilocks's house. and


お姉ちゃんはハチャメチャな事を言うので、
思いがけない方向にお話がすすんで結構おもしろいです。

and, but, soなど
上げ調子で言うと続けやすくなります。

キャッチボール読みの題材は
最近取り組むようになったこちらから↓

「昔ばなし」や「おとぎ話」は長い間
多くの人々によって語り継がれてきたものなので、
自由にアレンジし易くておすすめです。

Folk & Fairy Tale Easy Readers: 15 Classic Stories That Are Just Right for Young ReadersFolk & Fairy Tale Easy Readers: 15 Classic Stories That Are Just Right for Young Readers
(2009/02)
Violet Findley、Kama Einhorn 他

商品詳細を見る


おとぎ話はいろんなバーションを聴き比べると楽しいですね。

Storynory Free Audio Stories for Kids (Fairytales)
たくさんのお話を聞くことができます。
http://www.storynory.com/archives/fairy-tales/

こちらはBritish Councilより




MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

おてて絵本☆パターンプラクティスとして

おてて絵本 作品☆2013年1月1日~12日

関係副詞 「where」を使ったお話です。

ママ作品1 

Book time!

I’m going where I can see many children.
I’m going where I can hear birds singing.
I’m going where I can feel the sand.
I’m going where I can smell flowers

Are you going to the park?

That’s right!

The end

お姉ちゃん作品1

Book time!

I’m going where I can see the sun.
I’m going where I can taste sandwiches.
I’m going where I can drink juice.
I’m going where I can smell flowers.
I’m going where I can play.

Are you going to grandpa’s house?

No. I’m going picnic!

The end

I’m going where I can 知覚動詞 + 目的語

(CTP絵本「Where are you going?」より「なぞり読み」)

ママ作品2

Book time!

Way down south where tomatoes grow
A mouse stepped on a lion’s toe.
The lion said with tears in his eyes.
“Pick on somebody your own size!”

Way down south where tulips grow.
A butterfly stepped on a dinosaur’s toe.
The dinosaur said with tears in his eyes.
“Pick on somebody your own size!”

The end

お姉ちゃんと下線部を埋めながらお話づくりをしました。

Way down south where 植物 grow.
A 昆虫・小動物 stepped on a 大きな動物's toe.
The 大きな動物 said with tears in his eyes,
“Pick on somebody your own size!”

(CTP絵本「Way down south」より「なぞり読み」)

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


CTP絵本と「おてて絵本」☆

おてて絵本 作品☆2012年12月

おてて絵本細々と続けています。

お姉ちゃんのおてて絵本を記録として動画で残しておきたいと
いつも思っているのですが、
おてて絵本を読んでいるときに録画しようとすると
なぜかヘナヘナになってしまう

もうしばらく、文字での記録になりそうです

最近はお姉ちゃんとママが一緒にお話をつくることが多くなりました。
でも、それができるのも基になる絵本があるからです。

作品1 (ママ お姉ちゃん

Book time!

Who’s hiding from the bear?
A rabbit

Who’s hiding from the lion?
A hippo

Who’s hiding from the snake?
A mouse

Who’s hiding from the worm?
お姉ちゃん

Who’s hiding from Mom?
弟くん!

Come out everyone!
But stay in 弟くん!

Why?
Because Mom is still angry!

The end.

(CTP絵本「Who’s hiding?」 より「なぞり読み))


作品2

Book time!

Who will help me clean the room?
Not me!

Who will help me wash the dishes?
Not me!

Who will help me wipe the table?
Not me!

Who will help me eat the strawberries?
Me!

No! I will eat them all by myself!

The end


交代してチャレンジ

Book time!

Who will help me peel the banana?
Not me!

Who will help me cut the banana?
Not me!

Who will help me cook the banana?
Not me!

Who will help me eat the banana?
Me!

No! I will eat the banana all by myself!

目的語を変えてチャレンジ

Book time!

Who will help 弟くん eat the banana?
Me!

Who will help him change his pants
Me!

Who will help him put on his jacket?
Me!

Who will help him put on his shoes?
Me!

Who will help him take a walk?
Me!

Ok! Let’s go for a walk all together!

The end

(CTP絵本「Who will help?」より「なぞり読み」)

我が家では、CTP絵本は暗唱できるようになるまで何度も聞いています。
けっして強制しているわけではないのですが、
お姉ちゃんも弟くんも「そういうものだ」と思っているようです。

型が定着しているので、主語や目的語を変えても、
自然と文章の意味を理解しているようです

CTP絵本以外はストーリーを楽しむために
暗唱はしていません。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いくつになったの?
プロフィール

Author:ふうみん
8歳の娘&5歳の息子と親子英語をがんばるママ

Counter
Powered