MooMooKids 親子で素敵な英語の時間

8歳のお姉ちゃん&5歳の弟くん☆英語絵本でバイリンガルになあれ♪
TOP ≫ CATEGORY ≫ ライティング指導
CATEGORY ≫ ライティング指導

ライティングの授業で求められる水準☆幼稚園~2年生編

お姉ちゃんとライティングに取り組むようになって約半年
Pinterestなどを参考に自己流で進めてきました。

少しずつ上達していますが、
これでいいのかな?
この先、どのように進めていこうかな?
何を教えてあげればいいのかな?
などなど分からないことばかり

そこで以前から気になっていたこちら↓を読んでみました。



感想は、読んで本当に良かった
目指すべき目標がはっきりしたような気がします

英語でのライティングで大切なのは

子どもも大人も、自分が言いたいことを明確に伝えること

メイン・アイデアをはっきりさせ、
説明や描写(details)でしっかりメイン・アイデアをサポートすること

ちゃんと身に付けるためには、
小さい時からその書き方に親しんでおく必要がありそうです。

では、実際に取り組む前に、
どの方向に進んでいけばいいのか整理しておきたいと思います。

幼稚園で求められていること

何について書くのか(メイン・アイデア)を理解し、detailsは絵で表現する。
左から右へ書く
単語と単語の間にはスペース
サイトワードはリストを見ながら、なるべく正しく書く
Invented spellingでいいので耳から聞いた音を書き出す
フォネミック・アウェアネス(phonemic awareness)

1年生で求められていること

メイン・アイデアをはっきりとさせ、それを支える3つのdetailsを書く
beginning, middle, endingという基本の流れをおさえる
5W1Hがはっきりしている文を書く
フォニックスの音のパターン(ay, ir, ee, ow, ue)を念頭に入れながら書く
分からない単語はSound outしてInvented spellingで
大文字、小文字の使い分け
!や?を正しく使う

2年生でもとめられていること

メイン・アイデアの意味がきちんと通っている
全文を通してメイン・アイデアをサポートする描写がある
サポートする描写をより効果的にする形容詞を使っている
接続詞で上手く文と文をつなげる
First, second, because, then, at the end, so, but, after….
Invented spellingは卒業して、スペリングのルールはパターンに従う

3年生からはVoice (主張、言いたいこと、意見)で個性を出し、
全体の構成と文章の流れがスムーズになることが求められるようになります。

3年生以降でおさえておくポイントもこの本にはちゃんと書かれています。
ライティングに興味のある方にはぜひお勧めしたいです

幼稚園からの6年間でどのように
説得力のある文章の書き方を身に付けていくのかとても勉強になりました

アルファベットや単語を書く練習
文章を書き写す練習で終わりがちなライティングですが、
この本に書かれていた方法を取り入れながら
ライティング力を付けてあげたいと思いました

早速、紹介されていたFour Square Writing Methodに取り組んでいます。
また記事にしてみたいと思います。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

スポンサーサイト

スピーチ&ライティングに使えるテクニック☆

『Four Square Writing Method』を使って
自分の言いたいこと、書きたいことをまとめる練習を始めてみました。

ライティングの授業で求められる水準☆幼稚園~2年生編

『Four Square Writing Method』とは

4つのスクエアをビジュアル・オーガナイザーとして使用して
より分かりやすく、具体的に書くために
Judith S. Gouldさんが考案したアプローチです。

     

ネットで検索するといろいろヒットします。
日本語でのサイトはまだあまりありませんが、
こちらの記事はとても分かりやすかったです。

また前回ご紹介したこちらもおすすめです



お姉ちゃんとこの『Four Square Writing Method』に
週1~2回程のペースで取り組み始めました。
いろいろ手直しをしながら続けていきたいと思います

最初は4つ目のスクエアにSummary(まとめ)を書くようにしていましたが、
Feeling(I like/ I don’t like, I want to, XXX makes me feel OOOなど)にする方が
書きやすそうだったので、変更してみました。
DSC05552.jpg
My piano.
My piano is big. My piano is nice. My piano sound beautiful.
I love to play piano.


DSC05550.jpg
My Dad’s socks
My dad socks are stinky and smelly.
My dad socks are gray.
My dad socks are big.
I want to buy cool new socks for him.


DSC05551.jpg
My flowers
My flowers are smell good.
When I pick the flowers, I would planted outside out of my house.
My flowers are pink and red.
I really love my flowers.


(Invented spellingだけ最小限になおしました。)

パパの言い訳として、この靴下は野球の試合の後で、たまたまです

さて、今後、

各スクエアをFirst, Then, Next, Lastと割り当てて、
How to make XXXの手順を書いてみたり

in the beginning, in the middle, at the endとして、
読んだ物語の分析をしたり、自分でお話をつくったり、

“I like XXX because….” や “XXX is great because….”に
当てはまる理由を考える練習をしたり、

やってみたいことがどんどん出てきました

ママ自身のライティングの練習にもなりそうです

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

今のメインワーク☆

今回初めてフォニックスのワークに取り組んでいます。

わが家でのフォニックスの取り組みはこちらに記録しています。

基本的にBeginning soundから始めて
Word Family ⇒ Blends (sp, bl, tr)やDigraphs(ch, sh, ng)⇒ 
そして母音(特に長母音)へと進んできました。

Invented Spellingが最盛期を迎えている今、
「読むためのフォニックス」ではなく
「書くためのフォニックス」に取り組んでいます

幼稚園最後の年はこちらのワークをメインに取り組んでいきたいと思います。
  
スカラスティック社の1ドルセールで購入

3冊ともパターンは同じで2ページで完結します。
そして3冊ともサイトワードを扱っているページが最後にあるのですが、
そちらはスルーするつもりです。
勝負となる山場はやはり3冊目の長母音で、やりがいがありそう

読解問題は記述式でライティングのよい練習に

最後に答えがあります
今は好きなように書かせていますが、
もう少ししたら答えの書き方も教えてあげないといけないですね。。

この2枚を終わらせるのにだいたい20分くらいかかっています。
色ぬりを楽しみにしているのですが、
それがなければ、あと5分は短縮できそう・・・・なんですが

DSC05484.jpg DSC05485.jpg

DSC05486.jpg DSC05487.jpg

DSC05490.jpg DSC05491.jpg

毎回ではありませんが、たまに
Cut-Up SentencesならぬCut-Up Storiesをやっています。
文章を組み立てる練習になるかな~と期待しつつ

DSC05492.jpg


MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


久しぶりの教材購入☆スペリング強化

最近、あまり新しい教材を買っていないわが家
お姉ちゃんの読みが踊り場状態なのが理由

この踊り場でいっぱいパワーをためて、
また一気に階段を登りはじめてほしいものです

さて、読みが横ばいの間にライティングを少しずつ

こちらで記事にしたように、
同じ音でスペルが違う単語対策に取り組んでいます。

こちらのカードとBBカードで遊びながらすすめることにしました



中身はカードの表裏でこんな感じです。
DSC05494.jpg DSC05499.jpg

DSC05495.jpg DSC05498.jpg

この種類のカードが10枚
/ai/ ai, ay, a-e, a. eigh, ea
/igh/ igh, y, ie, i-e, i
/ee/ ee, y, ea, e, ey, e-e, ie
/oa/ oa, ow, o o-e, oe
/oo/ oo, ue. ew. ou, u-e
/ur/ ur, er, ir, or, ear
/or/ or, aw, au, al
/oi/ oi, oy
/ow/ ow, ou
/e/ e ea

残りのカードは単語を書くようになっています。
ホワイトボードのように何度も書いて消すことができます。
DSC05503.jpg

書く練習以外にカードを使ったゲームが2種類ほど紹介されています。

スペルは今後2,3年でゆっくりマスターしていければいいかなと考えていますが、
そのためには少しずつ積み重ねていくことが大切ですね

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


文法を意識した取り組み☆その3

以前、英会話学校で教えている時に購入したこちら




ユニークな形容詞や動詞が紹介できて、
大人のレッスンでは結構、盛り上がって楽しい文章を作ることができました。

これをMooMoo達ともやってみようと思ったのですが、
変なところでつまずいてしまって・・・

例えば、↑のリンクにあるカードで、こんな↓文章を作ってほしいのですが、

Stinky bees bounce (around the beehive).

それぞれのカードにねずみや蜂、犬?の絵が描かれているため
1つの文章の中で使おうとするとピンと来ないのです

そこで、単語の意味だけこのカードで導入して、
後は絵なしの単語カードをつくることに

参考にしたのがこちらのサイト
http://firstgradefresh.blogspot.jp/2012/01/workstation-revamp-silly-sentences.html

DSC05111.jpg

DSC05110.jpg


ママのオリジナルな点としては、

赤いカードの表は大文字から始まり、裏は小文字のみ
ピンクのカードの表は単数、裏は複数
緑のカードの動詞は現在形で、主語が単数の場合と複数の場合に対応するようにしました。
DSC05118.jpg

複数形へ変形

DSC05121.jpg


ちなみのこの絵は"A stinky giraffe sleeps at the kitchen door.”だそうです。
ポイントはquicklyに描くこと
DSC05131.jpg

そして出来上がった文章を書く練習
DSC05126.jpg


応用編

黒いカードにDo, Doseを追加して疑問文の導入

緑のカードで過去形を導入

andカードを使って

A huge and hairy fish sing.
His hairy fish and her bees sing.
bees sneese and fish sing.などの文章も作れるようになります

ラミネーターが欲しくなります~


ワークをするだけでも、このレベルの文法なら定着しそうですが、
これなら弟くんも参加可能

文字は読めませんが、色を見ながら弟くんが並べたものを
お姉ちゃんが読んで、絵を描いています。

弟くん、とにかく何にでも参加したいみたいです。


MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



いくつになったの?
プロフィール

Author:ふうみん
8歳の娘&5歳の息子と親子英語をがんばるママ

Counter
Powered