MooMooKids 親子で素敵な英語の時間

8歳のお姉ちゃん&5歳の弟くん☆英語絵本でバイリンガルになあれ♪
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年06月
ARCHIVE ≫ 2012年06月
      

≪ 前月 |  2012年06月  | 翌月 ≫

言葉の成長☆これができればネイティブ5歳♪

英語ネイティブの子供たちの言葉の成長をリストにしてみました。

出来ないところを探すのではなく、
お子さんができるところを見つけてあげてください
または、「こんなことが出来たらいいね」という目標に

Language Growth 
5歳児編Kindergarteners

They use longer, more complex sentences
長めの複雑な文章を使える

They use compound sentences
重文を使うことができる (and, but, or, forなどで接続された文章)
例: Tom likes dancing and Key likes singing.
   I was hungry, but there was no food.

They use adult-like grammar
大人に近い文法を使う

They speak in well-structured sentences (“Daddy drove the car to town.”)
“Daddy drove the car to town.”などの良く構成された文章を話すことができる

They place objects over, above, under, below, upon, inside, through…
over, above, under, below, upon, inside, throughなどの前置詞を理解し、物を置くことができる

They use contractions
can’t, don’t, won’tなどの短縮形が使える

They use possessive pronouns: his, hers, theirs, its, yours
his, hers, theirs, its, yoursなどの所有代名詞を使うことができる

They can match big and small letters
アルファベットの大文字小文字をマッチさせることが出来る

They can tell if 2 words begin with the same sound
AppleとAntが同じ”A”の音で始まることがわかる (Beginning sounds)

They can tell if 2 words end with the same sound
PinとOpen が同じ”N”の音で終わっていることがわかる (Ending sounds)

They articulate words clearly
正確に言葉を発音できる

They play with words and love to make rhymes
言葉遊びが好きで、韻を踏む言葉をさがすのが好き

They can tell whether or not 2 words rhyme
2つの言葉が韻を踏んでいるかどうかわかる (SongとLongなど)

They can divides word into syllables
単語を音節に分けることが出来る 
Syllablesとは⇒http://www.howmanysyllables.com/whataresyllables.html

They know some word families
-at, -en, -it, などのWord Familyを知っている

They recognize their own name in print
文字をみて自分の名前だとわかる

They begin to read and write
自分で読み書きできるようになる

They answer where, who, when, and why questions
where, who, when, and whyの質問に答えることができる

They can identify weather as rainy, sunny, snowy, warm, and cold
雨、晴れ、雪、温かい、寒いなど天候がわかる

They can name more body parts (wrist, shoulder, ankle, waist)
手首、肩、足首、腰など体のパーツに関する単語が増える

They carry out a series of 3 directions in correct sequence
これして、あれして、それからこうしてと指示を出すとその通りに行動することができる

They tell what to do when sick, cold, and hungry, etc…
病気のとき、寒いとき、おなかが空いたとき、何をすればいいか言うことができる

They touch first, middle, and last items in a row
並んで入る物の先頭、真ん中、最後がわかる

They can tell which of 3 words does not belong (banana, apple, car)
仲間外れの言葉を見つけることができる (ばなな、りんご、くるま)

They love to tell stories about themselves
自分のことについてお話するのが好き

Initiates conversations
自分から会話をスタートさせることができる

They retell familiar stories in own words and predict story endings
知っているお話を何度も自分の言葉で語ることができ、またお話の最後を予測することができる


いかがだったでしょうか?
次は6歳の子供たちについてリストにしますね。
お楽しみに

MooMooKids

このリストはLoving2learnを参考にしています。


よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

言葉の成長☆これができればネイティブ4歳♪

英語ネイティブの子供たちの言葉の成長をリストにしてみました。

出来ないところを探すのではなく、
お子さんができるところを見つけてあげてください
または、「こんなことが出来たらいいね」という目標に

Language Growth
4歳児編Preschoolers

They use complete sentences
センテンスで話すことができる

They can state their first and last name
名前をフルネームで言うことができる

They will follow three step directions
3つの指示に従うことができる

They point and name many colors
基本的な色以外にたくさんのを知っている

They can identify shapes
を知っている

They know concepts of(big and little, top, bottom, front, back, and sides, heavy or light, long or short)
大きい・小さい、上・下、前・後ろ・横、重い・軽い、長い・短いなどの言葉の意味を知っている

They can arrange items in order of size
大きい順や小さい順に並べることができる

They know the alphabet
アルファベットを知っている

They know the beginning sounds of words
単語の最初の音を知っている

They show a great interest in reading and writing
読み書きに興味を示す

They begin to write letters and words
アルファベットや単語を書き始める

They use basic time words (today, yesterday, last night)
基本的な時に関する表現を使う(今日、昨日、昨日の晩など)

They use pronouns: that, this, these, those
that, this, these, thoseなどの代名詞を使うようになる

They use adverbs: fast, now, too
fast, now, tooなどの副詞を使うようになる

They use personal pronouns: he, she, it, they, you
he, she, it, they, youなどの人称代名詞を使うようになる

They use regular verb tense forms (jumped)
規則動詞の活用が使える

They express future occurrences with “going to”, “have to”, and “will”
“going to”, “have to”, and “will”などこれからすることを表現できる(未来形

They ask what, when, how, where, and why questions
what, when, how, where, and whyを使った質問をすることができる

They answer simple “how” questions (“how do you go to a store?”)
簡単な“how”を使った質問に答えることができる。

They tell about personal state (hungry, thirsty, tired)
hungry, thirsty, tiredなど気分を伝えることができる

They can tell how many objects in a set after counting (0-10)
物がいくつあるか、一つ一つ数えながら言うことができる(0~10まで)

They talk in detail about things that happened
起こったことを詳しくお話することができる

They can tell function of common objects (“what do you do with a spoon?” “ you eat with it”)
「スプーンは何をするための物か」など身近な物がどんなものか言える

They love to tell stories and understand sequence of events
お話するのが大好きで、一連の出来事を理解できる

They show an interest in a variety of books
いろいろな絵本に興味を示す

They remember favorite books and stories
お気に入りの絵本の内容を覚えている

They love to listen to longer stories
長めのお話も好んで聞く

いかがだったでしょうか?
他の年齢の子供たちについても、またリストにしますね。
お楽しみに

MooMooKids

このリストはLoving2learnを参考にしています。

よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

CTP絵本☆楽しんでいます♪

最近、CTP絵本が暗唱できるまでの期間がどんどん短くなってきています。

気に入った絵本ならカバーをはずしたその日に暗唱していることも

レベル1が今月の初めに終わったので、次はレベル2

絵本のページ数が増えるのでどうなるかな?

しばらくは復習をしようかと思っていたのですが、
お姉ちゃんは新しい絵本が読みたくてしょうがない様子
やる気のあるうちに先に進めようと思います。

きっと今は伸びる時期なんでしょうね。
そのうち、伸び悩む時期もやってくるのかな。

お姉ちゃん、4歳になりました。

Mr. Noisy’s book of patterns



Who took the cookies from the cookie jar?




MooMooKids

お姉ちゃん、4歳☆英語の語彙数は?

お姉ちゃんの誕生日が来ます。
4歳になります。

4歳児の日本語平均語彙数は1000~1700語程度 
英語は1500~1600語 (年齢別☆語彙数 を参照ください。)

お姉ちゃんの英語語彙数はどれくらいなかなと思い、
チェックしてみたいと思います

でも、語彙をカウントする時、いろいろな問題が

たとえば、
write, wrote, written, writes, writing, writer

これを6語としてカウントしますか?
動詞の活用形は1語としてカウントしますか?
派生語はどうする?

1.すべてをカウントする「異なり語」

2.辞書の見出し語ごとにカウントする 「見出し語」☆辞書によってもさまざま

3.中学校の学習指導要領解説では、
  「綴りが同じ語は、品詞にかかわりなく1語として数え、
  動詞の語尾変化や、形容詞や副詞の比較変化などのうち規則的に変化するものは
  原則として1語とみなすことができる」となっています。

  write, wrote, writtenの不規則変化は3語
  write, writing の規則変化は1語

おもしろいですね

まあ、今回は難しいことは言わず、ゆる~く語彙チェック

CTP絵本レベル1を終了(暗唱済み)
48冊の延べ語彙数は約2000語になります。
(何度もカウントされている単語があるで実際の語彙数はもっと少ないはず)

こちらのピクチャーディクショナリーに出てくる単語(270語+)はすべて覚えて言えます。
Young Children's Picture Dictionary Student Book with CDYoung Children's Picture Dictionary Student Book with CD
(2006/10)
不明

商品詳細を見る


こちらの本にある歌も理解して歌えます。
ミッキーとうたおう 英語のうた絵本 (ディズニーイングリッシュ)ミッキーとうたおう 英語のうた絵本 (ディズニーイングリッシュ)
(2010/11/10)
不明

商品詳細を見る


その他、英語DVDやYouTubeの動画から習得した語彙、
図書館などで借りて読んだ英語の絵本(たくさん)←こちらはどれほどの語彙を習得しているかは不明です。

だいたい、800語~1000語は習得しているのでは

頑張っているお姉ちゃんに誕生日プレゼントを奮発しようかと、

"What would you like for your birthday?"と聞くと
"cake, icecreem, tomato, carrot, ・・・)と食べものが続き、一番ほしいのは”ひじき”だって。
誕生日っぽかったのは最初の2つだけ、しかも食べ物ばかり

そのうち、パパとママでは手が出せないほど高価なものがほしいって言い出すんだろうな。

そういえば、いつか読んだ育児書に、
”〇〇取って””絵本読んで””のど乾いたから何か飲みたい”
”小さい子供の要求なんてかわいいもの、面倒がらずにすぐにかなえてあげて”とありました。
ついつい、”ちょっと待ってね””また後でね”と言ってしまう私。

お誕生日にはおいしいものたくさん食べて、楽しくすごしましょう!

MooMooKids

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


あなたの語彙数チェック 年齢別☆語彙数

弟くんは現在1歳4か月
お姉ちゃんがいるからか、または男の子だからか、動きがダイナミック
でも言葉の方は・・・ この時期ってどんな感じだったかしら

とても興味深いサイトを見つけたのでご紹介 (標準的な言葉の発達について)
http://development.kt.fc2.com/words.html 

幼児の語彙習得順序はすべての言語で同じ

話し言葉を習得中の幼児は,どの言語でも基本的に同じ方法で語彙を習得するそうです。
まず名詞の数が増え,次いで動詞,形容詞の順。
名詞を最初に覚えるのは,名詞が見たり触ったりできる具体的なものだから。
動詞と形容詞はより抽象的なので、理解するのは難しいそうです。

上のサイト&別のサイトから
日本語ネイティブの子供たちの日本語の語彙数をピックアップ
同年齢の英語ネイティブの子供たちの語彙数と比較 
()は英語ネイティブの英語の語彙数です。

1歳4か月  15~20語 (around a 20-word vocabulary)
2歳  200~400語  (around a 200-300-vocabulary)
3歳  800語~1000語 (around a 900-1000-word vocabulary)
4歳  1000語~1700語 (around a 1500-1600-word vocabulary)
5歳  2000語~2400語 (around a 2100-2200word vocabulary)
6歳  3000語前後 (around a 2600-word vocabulary)
 
日本の学生の語彙数は、
小学生レベル:5千~2万語
中学生レベル:2万~4万語
高校生レベル:4万~4万5千語
大学生レベル:4万5千~5万語、だそうです。

教養ある大人の英語ネイティブの語彙数について、いくつか記事をあたってみたところ、
だいたい5万~6万語あたりだと思われます。
(理解語彙と使用語彙があり、どのように測定したのか不明ですが・・・すみません

ちなみに、中学校の学習指導要領より、中学3年間で学習すべき英語の語彙は、
現在900語、来年から1200語に変更になるようです。

外国人向けの日本語能力試験の語彙数は、
4級で800語程度、
3級で1500語、
2級で6000語 
1級で10000語です。

あなたの日本語語彙数は?
知っている単語をチェックして下さい

1.アレルギー  2.夫     3.食生活    4.冷える    5.無責任
6.黒板     7.実物大   8.玄米     9.本心    10.混浴
11.バウンド  12.富    13.ブルマー  14.知恵の輪  15.強烈さ
16.不用心   17.湯たんぽ 18.気掛かり  19.天然色   20.書き記す
21.ノアの方舟 22.波しぶき 23.企てる   24.勃発    25.存じ上げる
26.山越え   27.古びる  28.興ざめる  29.針供養   30.かっちり
31.仰々しさ  32.港湾   33.モラリスト 34.あばら屋  35.耳新しさ
36.土付かず  37.切磋   38.丸まっちい 39.無体さ   40.のしあわび
41.陸半球   42.道化方  43.自小作   44.糸道    45.皇大神宮
46.道芝    47.藻塩   48.労音    49.身体装検器 50.蜀江の錦

例えば、
50番まで全部にチェックをつけた方の語彙数は6万7千語、
45番までの方は6万語、
40番までの方は5万語になるそうです。
(もちろん実際にはもっともっと複雑だと思いますが。)

英語の語彙数推定サイト (こちらもお試しあれ
http://testyourvocab.com/

MooMooKids

よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

英語deおてて絵本の進め方

おてて絵本☆進め方

おてて絵本を親子英語に活用できないかと思い、試行錯誤中です。
まず、おてて絵本について前回よりもすこし詳しくお話します。

おてて絵本は、手のひらを絵本に見立てて物語をつくる親子の触れ合い遊び
子どもと会話をしながら、ストーリーを一緒に作っていきます。
http://www.ne.jp/asahi/satoshin/s/oteteasobikata.htm


おてて絵本の進め方の基本

1.右と左のてのひらを開いたり閉じたりして、おてて絵本の形をみせてあげましょう。

2.お手本を聴かせてあげましょう。お話の途中や区切りのいいところで、
  ページをめくるふりをします。

3.主人公をきめてもらいましょう。

4.子どもからお話を聴かせてもらいましょう。

5.お話に「合いの手」を入れましょう。

6.お話を結末にむかわせてあげましょう。

7.楽しかった気持ちを伝えましょう。

8.お話を記録しましょう。

実践するときに気をつけること

タイミングが大切
別の遊びに夢中になっている時やおなかが空いて集中力のないときはちょっと待って。
ママに甘えたくなったときが、絶好のタイミング
お子さんをやさしく引き寄せ、話に耳を傾けてみてください。

お子さんの口から自然と出る言葉をじっと待つ
無理にお話を作らせようとしないで、
日にちをかけて、ママがたくさんお手本を見せてあげてください。

もっと詳しくお知りになりたい方は、
おてて絵本入門―手のひらを絵本に見立てた親子遊び 子育てがもっと楽しくなるおてて絵本入門―手のひらを絵本に見立てた親子遊び 子育てがもっと楽しくなる
(2008/11)
サトシン

商品詳細を見る


MooMooKids

よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

バイリンガルとは?

バイリンガルという言葉、
親子英語をしていると、バイリンガルになることを目標にされている方も多いと思います。

バイリンガルとはどんな人のことなのでしょうか?

日本語教師になるために勉強していたころに読んだ本をご紹介します。

バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができることバイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること
(2001/05)
中島 和子

商品詳細を見る

昔?!のことで内容をほとんど覚えていなかったので少し読み返してみました。

バイリンガルとは「2つのことばを自由に使い分けることができる人」

バランス・バイリンガル読み書きも含めて2つの言語を完璧に操れる人
ドミナント・バイリンガルどちらか片方の言語は母語話者と同じレベルで、
もう一方は母語話者に比べて劣る人
ダブル・リミテッド・バイリンガル2つの言語レベルに差はないけれど、
いずれも母語話者のレベルには及ばない人

バイリンガルといっても「バランス・バイリンガル」は非常に少なく、
ドミナント・バイリンガル」が多いそうです。

また,
いろいろなケースがあり、学者によってはその数は90にもなるそうです。

聴解型バイリンガル
「聞く」ことは2つの言葉でできるが、「話す」はどちらか1つだけ。
会話型バイリンガル
「聞く」「話す」は両方できるが、「読み書き」は1つの言葉だけ
読み書き型バイリンガル
4領域そろって「聞く」「話す」「読む」「書く」ができるバイリンガル。

どんなバイリンガルになるかは家庭でパパママがどんな言葉を使っているか、
学校、社会の中でどの言葉にどれぐらいの接触があるか、
その接触がどんな性質のものかなども関わってきます。
もちろんお子さんの年齢や性格も影響します。

我が家では、パパママ両方が日本語を話します。
英語のプレスクールやインターナショナルスクールは考えていないので、
学校、社会の中でも日本語です。
英語は今のところママとだけ・・・
当然、英語の接触は限定的で必要性が非常に低いです

でも子どもたちに必要性を感じさせ英語との接触を増やす工夫をすれば、
ドミナント・バイリンガル」日本語>英語になれるかも
「聴解型バイリンガル」「会話型バイリンガル」から
「読み書き型バイリンガル」へと進むことができるはず


MooMooKids

よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

年齢別☆ママとの英語の取り組み方

千葉県で配布される母子手帳にある“育児のしおり”に
お姉ちゃんと弟くんの成長を照らし合わせ、アレンジしたものです。
まだお姉ちゃんは4歳ですので、「5,6歳ごろ」はまた後で追加で記載しますね。

1歳ごろ

1歳児さんは、ママのそばでならひとりでご機嫌によく遊ぶようになります。
ママの言っていることが少しずつ分かるようになって、
“これ食べる?”と聞くと、うなずき、
“パパ、どこ?”と聞くと、パパの方を指さしたりします。
“マンマ”などのことばが出始めるのもこの時期です。
1歳6か月ごろになると、絵本を見せて、動物や物も名前を聞くと、それを指さして
教えてくれるようになります。いっしょに絵本を見て遊んであげましょう。

2歳ごろ

2歳児さんは、語彙がどんどん増えて、おしゃべりが大好き 
「これ、なに?」とママにたくさん質問します。
言葉をつかって、コミュニケーションを取ろうと一生懸命
でも伝えたいことが上手く言えず、かんしゃくを起こすことも・・・
言葉以上に走ったり、ジャンプしたり、運動能力の発達が目覚ましいこの時期
“まねっこ”が盛んに
動画にあわせて歌をうたったり、踊ったりするのが大好きです。
ママとの英語の手遊び、歌、ダンスを通して、英語独特のリズム・イントネーションを身につけるのに最適な時期です。
五感をフルに使って、英語をからだで覚えましょう!

3歳ごろ

3歳児さんは何でもひとりでしたがり、がんばるようになります。
『ごっこ遊び』が少しずつ始まります。
ままごと、人形遊び、ブロックあそび
5分間英語タイムをつくって、ママと一緒に『ごっこ遊び』をしながら、
英語を取り入れてみましょう。

ままごと
"I'm hungry!"
"Let's eat!"
"Yum, Yum"
"Let's cut some ___"
“Let’s make some sandwiches! What do we need?”
“We need some ham, and we need some ______”

ブロック遊び
“Let’s build a house together!”
“Please get me the red block”/green, yellow, blue
“What are you making?
“Do you need this?”
“Here you are”
“Thank you”
などなど  

同じフレーズの繰り返しで大丈夫です。
楽しく発話できる環境をつくってあげてください。               

4歳ごろ(年少さん)

4歳児さんになると『ごっこ遊び』もグレードアップ
友達と役割をもった『ごっこ遊び』ができるようになってきます。
ままごと、怪獣ごっこ、お医者さんごっこ

『ごっこ遊び』と同じように楽しめるのが『ゲーム遊び』です。
ゲームといっても、カードゲームやルールが難しいもの、
勝ち負けのはっきりしているゲームは、
まだ少し早いかもしれません。

カードゲームでも枚数を少な目にメモリーゲーム(神経衰弱)は出来そうです。
また「おくれんぼ」や「椅子取りゲーム」は楽しいですよ。

かくれんぼ
“Close your eyes and please count one to ten”
“Where are you?”, ”Here?”,“No!”
“Can you see me?”
“Yes, I can see you”
“Oh, I found you!”

椅子取りゲーム
好きな英語の歌を歌いながら、途中でストップ! 椅子に座ります。
兄弟でするともっと楽しい。
椅子の代わりに折り紙の上に座るようにすると危なくないですね。
この時期の子供たちは勝ち負けより、ゲームをすること自体が楽しいので、
みんなが座れる数の折り紙を出してあげましょう。

5歳、6歳ごろ(年中さん、年長さん)

5歳になると日本語の発音がはっきりし、きれいになってくる頃です。
5歳、6歳児さんの英語力を家庭でどう伸ばせばよいでしょうか?    
ママとのふれあい遊び&手遊びはもう卒業かな
なんだか寂しいような・・・

この時期の子供たちは自分でお話をつくり、想像あそび、空想あそびをよくするようになります。
おてて絵本でママと一緒に英語でストーリーを作ってみましょう。


※発達には個人差がありますので、目安とお考えください。

MooMooKids

よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

英語deおてて絵本☆ 「なぞり読み」

おてて絵本☆やり方いろいろ

おてて絵本は、手のひらを絵本に見立てて物語をつくる親子の触れ合い遊び
子どもと会話をしながら、ストーリーを一緒に作っていきます。
http://www.ne.jp/asahi/satoshin/s/oteteasobikata.htm

これを親子英語に活用できないかと思い、試行錯誤中です。

「こうしなければならない」という決まりはないそうです。
お子さんのその日の様子や雰囲気によって、やり方をいろいろ変えながら遊ぶことができます。

「なぞり読み」
絵本を活用する方法です。
お気に入りの絵本からオリジナルのお話に発展させていきます。

例えば、
CTP絵本の「Where do Monsters live?」より、

オリジナルストーリー
A green monster lives in a green house.
A red monster lives in a red house.
A purple monster lives in a purple house.
A striped monster lives in a striped house.
A spotted monster lives in a spotted house.
An invisible monster lives in a invisible house.
But an orange monster lives under my bed!

「なぞり読みバージョン」
I see ○○chan on my hands!
Pink ○○chan lives in a pink house.
Yellow ○○chan lives in a yellow house.
Striped ○○chan lives in a striped house.
But small ○○chan lives in my pocket!

CTP絵本の「Mr. Noisy’s book of patterns」より

オリジナルストーリー
When Mr. Noisy talks, he goes: 効果音
When Mr. Noisy walks, he goes: 効果音
When Mr. Noisy sings, he goes: 効果音
When Mr. Noisy dances, he goes: 効果音
When Mr. Noisy drives his car, he goes: 効果音
When Mr. Noisy rides his bike, he goes: 効果音
When Mr. Noisy sleeps, he goes: 効果音

「なぞり読みバージョン」 
最後の一文(When Mr. Noisy sleeps, he goes: 効果音)のみを使って
When ○○chan sleeps, she goes: クークー
When Dad sleeps, he goes: 大きないびきの音
When Mom sleeps, she goes: かわいい音
When grandpa sleeps, he goes: 変な音
などなど

これなら、お手本のストーリーを作るのにあまり苦労せず、
英語が苦手なママでも大丈夫
お子さんのすでに知っているお話なので、ちゃんと理解できますし、
自分が登場したりすると大喜びです。

おてて絵本入門―手のひらを絵本に見立てた親子遊び 子育てがもっと楽しくなるおてて絵本入門―手のひらを絵本に見立てた親子遊び 子育てがもっと楽しくなる
(2008/11)
サトシン

商品詳細を見る


MooMooKids

よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

英語deおてて絵本☆ 「クイズ遊び」

おてて絵本☆やり方いろいろ

おてて絵本は、手のひらを絵本に見立てて物語をつくる親子の触れ合い遊び
子どもと会話をしながら、ストーリーを一緒に作っていきます。
http://www.ne.jp/asahi/satoshin/s/oteteasobikata.htm

おてて絵本を親子英語に活用できないかと思い、試行錯誤中です。

おてて絵本には、「こうしなければならない」という決まりはないそうです。
お子さんのその日の様子や雰囲気によって、やり方をいろいろ変えながら遊ぶことができます。

「クイズ遊び」
おてて絵本の題材が決まらず、なかなか先に進めないときは、
身近にあるおもちゃなどを取り出し、
クイズやインタビューのように質問しながらお話を作っていきます。

This is your favorite Monster! What’s his name?
(○○ちゃんの好きなでモンスターです。名前はな~に?)

Elmo!

Hi, Elmo! ○○chan, how old is Elmo?

Three.

Oh, Elmo is three years old! What is Elmo’s favorite color?

Red.

Red! How about you? What is your favorite color?

Red.

You both like Red! That’s good!
So what are you and Elmo going to do? Dance? Sing? Read a book?

Sing.

Wow! That sounds like fun!


こうして、目の前にあるものからイメージを膨らませ、続けるうちにストーリーとなっていきます。

MooMooKids


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

ステッカー

小さい子供たちってシール(ステッカー)が大好きですね。

我が家では、CTP絵本を読む練習
(1人で、ママと一緒に、CDと一緒にのどれか)をすれば
ステッカーを1つゲットできます。
そして、10個たまれば、ドーナッツやアイスクリームなど
好きなものを買い物に行った時に買うことができます。

ちょっとしたことですが、
実は私の方がお外で一緒にアイスを食べるのを楽しみにしています

ミッキーやポケモン、サンリオキャラクターなど、いろいろ
台紙もついているので、コピーして使っています。
SL-047 くまのプーさん ごほうびシールプチSL-047 くまのプーさん ごほうびシールプチ
()
ビバリー

商品詳細を見る


MooMooKids

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

英語deおてて絵本☆「参加遊び」

おてて絵本☆やり方いろいろ 

おてて絵本は、手のひらを絵本に見立てて物語をつくる親子の触れ合い遊び
子どもと会話をしながら、ストーリーを一緒に作っていきます。
http://www.ne.jp/asahi/satoshin/s/oteteasobikata.htm

これを親子英語に活用できないかと思い、試行錯誤中です。

おてて絵本には、「こうしなければならない」という決まりはないそうです。
お子さんのその日の様子や雰囲気によって、やり方をいろいろ変えながら遊ぶことができます。

「参加遊び」 
おてて絵本初心者や英語を始めたばかりのころに最適です。
ママがお話を進めながら、子どもが単語を挟んで参加する方法です。

おててを絵本を開いたら(ママ、お子さん)

What do you see on your hands?

Elephant

Oh! What’s the elephant doing?

Doughnut

Really! The elephant is eating a doughnut! Yum! Yum!
  With who?

Lion!

Wow! That is great! Thank you for the wonderful story!

簡単な質問例
What do you see on your hands?
Where is/are _____?
What is/are _____ doing?
What is/are _____ eating? / wearing? / drawing? / saying?
With who?
How many?
Is/Are ____ happy? / sad? / hungry? / scary?
などなど

最初は本当に☆本当に短いお話でいいと思います。
絵や写真を見せて、上記のような質問をして、描写させるという方法もありますが、
イマジネーションを膨らますことができるので、おてて絵本は楽しいですよ

お姉ちゃんと「おてて絵本」を始めて、最初の1か月はこの方法でやってみました。
誘導尋問にならないように気を付けながら
一緒におてて絵本をのぞきこみ、ページをめくるまねをして、
5分程度やっていました。

今では、言いたいことが決まっているらしく、
質問でお話を邪魔されるのを嫌がります。
なので、相づち&お話の後で思いっきり感動を伝えるだけにしています。

サトシンさんからまたまたコメントをいただきました

英語でおてて絵本、フツーにアリだと思います。
場所も時間も言葉も選ばないと思うし、
お話することの楽しさから英語を、という意味でも
上手くできれば効果も期待できそうですし。

サトシン


お忙しいところ、どうもありがとうございました。
私も微力ながら、「おてて絵本」の普及にご協力できればと思っています。

英語deおてて絵本の進め方
英語deおてて絵本☆なぞり読み
おてて絵本deママも相づち上手☆

おてて絵本入門―手のひらを絵本に見立てた親子遊び 子育てがもっと楽しくなるおてて絵本入門―手のひらを絵本に見立てた親子遊び 子育てがもっと楽しくなる
(2008/11)
サトシン

商品詳細を見る


MooMooKids

よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

おてて絵本☆「つづき読み」&「キャッチボール読み」

おてて絵本

「なぞり読み」http://moomookids.blog.fc2.com/blog-entry-72.html

「参加遊び」http://moomookids.blog.fc2.com/blog-entry-73.html

「つづき読み」

  絵本を読み終えたところで、
  「絵本のお話はこれでおしまいだけど、続きのお話を一緒に考えてみようか?」
  とお子さんを誘ってみます。お話のイメージが広がりやすいだけでなく、
  絵本そのものを深くあじわうことにもつながります。
  「つづき読み」のもう一つの方法として、絵本を最後まで読まずに、
  途中で絵本を閉じて、
  その続きを「おてて絵本」で考えるのも楽しいでしょう。

「キャッチボール読み」

  英語に慣れてきたお子さんや小学生におすすめ
  2人で交代しながらストーリーを作る方法です。
  兄弟やお友だちと遊ぶときにぴったり。
  思いがけない方向にお話が展開していくので、盛り上がります。
  相手のお話をよく聴いて、自分なりのストーリーを作っていくことが大切です。 
  高度な思考を必要としますので、言語の発達にとてもいいと思います。

MooMooKids

よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

書く練習

子供って

絵を描くこと&色をぬることが大好き
鉛筆を使うこと&字を書くことも大好き(3歳後半くらいから)

ですね。

自由に絵を描き、色をぬって表現力を
少しルールに従って書く練習で集中力を

遊びながら練習できていいですよ。
Trace and Write点線で書かれた線をなぞって書いてみる
Dot-to-dot点と点をつなげて、線を書いてみる。番号順、アルファベット順につなげてみるとステキな絵のできあがり
Mazesめいろ
Uppercase Alphabet大文字アルファベット
Lowecase Aphabet小文字アルファベット

64ページあって500円前後なので、お得感があります。
色をぬったり、めいろをしたりしながら楽しくアルファベットに触れることができます。
シリーズで数冊でていて、
Preschool⇒kindergarten⇒Grades1⇒Grades2とレベルアップしていきます。
何をするのか指示を読まなくても大体わかりますが、表記はすべて英語です。

I Know the Alphabet (Preschool) (Step Ahead)I Know the Alphabet (Preschool) (Step Ahead)
(2000/06/07)
Stephen R. Covey

商品詳細を見る


公文からも同じようなシリーズがあります。こちらは日本語で指示が書いてあります。
くもんのすくすくノート やさしいABCくもんのすくすくノート やさしいABC
(2007/10/11)
くもん出版

商品詳細を見る


公文のこどもえんぴつは、はじめて鉛筆で字を書くお子さんにおススメです。
太目の三角形のえんぴつで、自然と上手に握ることができます。
こどもえんぴつ4Bこどもえんぴつ4B
(2006/05/05)
くもん出版

商品詳細を見る


ネット上でも無料でプリントアウトできるサイトがたくさんあります。こちらはほんの一部
http://www.kidslearningstation.com/preschool/alphabet-worksheets.asp

http://www.fun2write.com/letters.shtml


MooMooKids

よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

読み書きの大切さ

2年間、ブラジルで日本語を教えていたことがあります。

日本語を勉強していたのは主に日系3世4世の子供たち(6歳~18歳)
みんなブラジルの学校で授業を受けてから、週に2~4日、日本語学校にきていました。

パパママともに日系人という子供が5割、
パパママのどちらかが日系人が4割、
パパママともにブラジル人が1割

パパママとはポルトガル語で話し、
おじいちゃん、おばあちゃんと少し日本語で話すという子供がほとんど

昭和の古き良き日本という感じのブラジルの日系人社会
小学校に上がるまで、
昼間はおじいちゃん、おばあちゃんのおうちに預けられている子供たちも少なくありません。

初めて話した時の印象は、”上手に日本語が話せるね”っと思いました。
でもだんだん違和感が・・・

ある程度大きくなっても、幼児言葉のまま
カジュアルには話せるけど、丁寧に話せない
大きくなるにつれて、ポルトガル語の単語を挟み込むことが増える
ひらがな、カタカナは読めるけど、漢字が入ってくると急に読めなくなる・・・・
(もちろん全員ではありません。中には日本語検定1級を勉強中の生徒さんも←これとても難しいんですよ^^)

音だけである程度ことばが習得できるのは、幼児期だけではないでしょうか。
成長し、世界が広がるにつれて、文字によって支えられた抽象的なことばの世界が必要になってきます。

これは、英語を学習する日本の子供たちにも同じことが言えると思います。
また、英語圏で子供時代を過ごした帰国子女でも、自分で読むことができるかできないかによって、
その後、英語が残る度合に差が出てきます。

自分で読むことによって、
言葉が豊かになり、抽象的な概念も理解できるようになる
ボキャブラリーが増え、聞き取れる単語の数が増える
多くの表現を身につければ、会話力がアップする


さて、私の派遣されていた学校の話に戻ります。
日本語レベルはばらばら、年齢もばらばら、クラス分けには本当に苦労します。

そこで、読み書きの授業(週2回)は個別指導ができる公文を導入
実は、公文の日本語コースは世界中に普及しています。

2年間、公文の先生をした感想は、
レベルの違う子供たちに読み書きの一斉レッスンをするより、
きめ細やかに指導できて良かったのではないかと思います。
先生、生徒ともにストレスも少なかったです^^

公文の授業をしていない日は、「話す」「聞く」に重点を置いたレッスンを行っていました。

バランスが大切ですね。

MooMooKids

よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

無邪気なこころ

以前、おうちで早くから英語に触れさせるメリットについて、

子供は、

耳がいい(魔法の耳)
まねっこ、繰り返し、ごっこ遊びが好き

と書きましたが、

メリットとしてもう1つ面白い記事を読んだのでご紹介します。

それは”こころ”です。

英語という未知の言葉に、「照れ」なく突進できるのは、
子供ならではの、無邪気さや好奇心があるから

大きくなるにつれて、
英語を必要以上に意識してしまい、間違うことに抵抗を感じるようになってきます。
照れや恥ずかしさから、無意識に距離を置いてしまうかも

”照れ”というシンプルな感情によって、
だんだん消極的になっていくのです。

遊び感覚ですべてを素直に受け入れられる子供のうちから、
英語に触れることは大切なんですね。

MooMooKids

よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
いくつになったの?
プロフィール

Author:ふうみん
8歳の娘&5歳の息子と親子英語をがんばるママ

Counter
Powered