MooMooKids 親子で素敵な英語の時間

8歳のお姉ちゃん&5歳の弟くん☆英語絵本でバイリンガルになあれ♪
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年06月

最近の取り組み☆マンネリ打破へ!?

早いものでもう6月も終わり
7月の2週目からは短縮保育になり、その後すぐに夏休みです

さて、最近の取り組みはというと、
ちょっとマンネリ気味・・・

CTP絵本はレベル3から6冊セットを使っています。
Fan & Fantasy3AとScience3Aが終わり、
Math3Aの3冊目に取り組んでいるところです。
残りの3冊が終われば、
CTP絵本のLean to Readシリーズはやめようと思っています。

レベル2を1セット(4冊)ずつ読み返しています。
文字を読むこと自体は簡単ですが、読み返すことによって
前回より理解度が増しているようです。

2月から始めたこちら↓もいよいよ最後の1冊になりました。
Folk & Fairy Tale Easy Readers: 15 Classic Stories That Are Just Right for Young ReadersFolk & Fairy Tale Easy Readers: 15 Classic Stories That Are Just Right for Young Readers
(2009/02)
Violet Findley、Kama Einhorn 他

商品詳細を見る


約1カ月ほど前に始めたClifford phonics fun 4は5冊目に取り組んでいます。
6冊目あたりから1ページあたりの文字数が増えてきます。
Clifford the Big Red Dog: Phonics Fun Reading ProgramClifford the Big Red Dog: Phonics Fun Reading Program
(2003/03)
Scholastic Inc.

商品詳細を見る


Raz-Kidsはあと3タスクでレベルEが終了

レベルEは問題なく読めているようです。
クイズもいい感じで解けています。

が、PCの調子が悪く、今はあまりMooMoo達に触らせていません。
早く新しいものを調達しなければ・・・クラッシュしそうです・・・

こちら↓のワークはちょうど100ページほど終わったところです。
100 Words Kids Need to Read by 1st Grade (100 Words Workbook)100 Words Kids Need to Read by 1st Grade (100 Words Workbook)
(2003/05)
Gail Tuchman、Lisa Trumbauer 他

商品詳細を見る

すこし単調になってきたようで、
気分転換に何か違うものを挟み込んでもいいような感じです

ということで、ママの任務は次の3つを決めることです。

CTP絵本(Lean to Read)とFolk & Fairy Tale Easy Readers
の代わりに何を導入するか?

ワークブックをどうするか?

新しいPCをどれにするか?

サイエンス系の読み物として気になるのが
「Rookie☆Read About Scienceシリーズ
試しにこちら↓を購入してみました。
All the Colors of the Rainbow (Rookie Read-About Science)All the Colors of the Rainbow (Rookie Read-About Science)
(1999/03)
Allan Fowler

商品詳細を見る

読み違いもたくさんありましたが、
なんとか自力で最後まで音読することができました

内容はまだお姉ちゃんには難しいですが、
文章はとても読みやすいです。
CDがあれば最高なんだけど

すべては理解できませんでしたが、
虹の色の順番とオレンジ色やみどり
何色と何色を混ぜればいいかは理解できたみたいです。

数冊追加してみたいです

録画しているアニメ達は1度視聴したものばかりで、
リクエストに応じて再生していますが、
1回目の時のように集中して見るわけではありません。

何か新しいものを投入したいところですが・・・こちらもママの任務に追加です

今見ているものは

ディスニーチャンネルのアニメ

その他はYoutubeで
(Youtube は削除されてしまうことが多いですが、無料なのでやめられません)

Magic School Bus☆お姉ちゃんにはなかなか興味を持ってもらえませんが、
字幕付きでママが見ています。字幕付きいいですよ


だらだらと書き連ねただけになってしまいましたが、最近はこんな感じです。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

「Show and Tell」つづき☆自作したものは伝えたい気持ちが倍増♪

前回、「Show and Tell」は伝えたい気持ちを引き出すというお話をしましたが、
自分で作ったものなら、その気持ちは倍増するようです。

最近のMooMoo達のお気に入りはMister Maker



絵本のある子育てのmaomaoさんがご紹介されていた時に
初めてこの番組を知ったのですが、
それ以来、わが家ではMister Makerを見ない日はないほどのブームに

お家にあった材料で、よく似たものを作ってみました。
DSC03780.jpg

これを使って「Show and Tell

This is my lizard.
It has a long tail and a long tongue.
It has a pink body with blue spots.

“It has….”は説明するときによく使う表現なので、
CTP絵本で少し復習

CTP絵本 レベル3 MathAより「Look and See」
DSC03783.jpgDSC03784.jpg
It has more than..../It does not have....という表現もでてきます。

弟くんでも簡単に作れるのがいい
二人でかなり長~い間集中してスパイダーを6匹も作りました。
DSC03779.jpg

Take a look and you will see which spider hopped on me.
It has more than three pink legs. It does not have colorful spots.
Do these clues help you choose?


DSC03782.jpg

Take a look and you will see which butterfly plays with me.
It has three triangles. It has one pink square.
Do these clues help you choose?

こんな感じでクイズを出し合いながら「Show and Tell」の基礎作りです

Mister Makerおすすめですよ~



MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村




日本の幼稚園でも取り入れてほしい「Show and Tell」☆伝えたい気持ちを大切に

「Show and Tell」 をご存じですか?

アメリカなどの幼稚園でよく行われるアクティビティで
クラスのみんなの前でおもちゃ、お土産、ペットの写真など
お気に入りの物を持って行って、それについて説明するというものです。

持参したものが何か、だれにもらったのか、どうやって使うのかなど、
みんなの前で説明する練習をします。

幼児のうちから「Show and tell」を繰り返し行うことによって
自分の意見を人前で堂々と発表する度胸と聞き手を引き付けるプレゼン力を
身につけていくんですね

そして「Show and Tell」は小学校になっても続き、
高校になると「Speech」 という形になるそうです。

こう聞くとなんだか、ドキドキ緊張する日のような気がしますが、
実際に幼稚園で「Show and Tell」をしている子ども達は
この日をとても楽しみにしているそうです。

普段は幼稚園に持って行ってはいけないものを持って行ける
自分の大切にしているものを自慢できる
みんなが知らないことを教えてあげられる

自分が伝えたいこと、言いたい気持ちを引き出すのが、
「Show and Tell」 なのかもしれませんね

日本の幼稚園や小学校でもぜひ取り入れてほしいものです

「Clifford phonics fun 4」の中にある
"Jetta says sorry"という絵本に取り組んでいます。
 画像はアマゾンですが、MUM's Englishさんで購入しました。

"Animal week"なので好きなStuffed Animal(ぬいぐるみ)を
持ってきてクラスで発表するというお話
DSC03752.jpg

スムーズに読めるようになってきたので、
お家にあるぬいぐるみで「Show and Tell」 ごっこをして遊びました
DSC03756.jpg

"It/He/She has …"と"floppy body, fluffy ears, puffy tail, bushy tail, round nose, big teeth, happy smile"などの形容詞の練習がたくさんできました。

弟くんも参加して、結構盛り上がったので、またやってみたいと思います

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

「絵の分析」☆子どもの中に思考回路をつくる!?

前回記事「文字のない絵本☆情報分析力を養う?!」の続きです。

みなさんは美術館によく足を運びますか?
ママは絵画鑑賞とはほとんど縁のないタイプです。

でもフランスに旅行した時は、
芸術を肌で感じてみようと意気込んで美術館にいくつも行きました。

そして、そこでのママは下でご紹介する本に出てきた学生たちと同じように
「すごい!」、「きれい!」、「なんかこわい感じ」、「この色使いが好き」と
なんとも薄っぺらな感想しか言えなかったのです

「なぜきれいだと思うのか」、「どこがどのように怖いのか」と
目で見た物の印象を言語化する能力がなかったのです

それは、今でもそうかな
でも、今からでも遅くない!?と信じ、
MooMoo達と一緒に観察力・思考力を身に付けていきたいと思っています。

イエール大学のメディカルスクールでは
「名画鑑賞コース」が必須科目とされています。
1枚の絵からどれだけの情報を読み取れるかを徹底的に訓練するそうです。

与えられた名画を分析的に観察し、
「分かったこと」を必ず絵の中で発見した根拠に基づいて説明しなければなりません。

「このコースを履修した学生は、履修しなかった学生と比べて診断力が勝っていた」
ということも実証されているそうです。

Class Helping Future Doctors Learn the Art of Observation

「絵の分析」のメリットは、
また文字の読めない小さな子どもから始められる点です。

おそらく多くのお子さんがそうであるように
我が家のMooMoo達もママが読み聞かせている途中で、
自分で見つけたいろいろな発見について話そうとします。

特に絵に関する発見や質問が多いです

子どもは絵を見て考えたことや発見したことについて
自分なりの考えを言ったり、お話を作ったりするのが大好きなんですね。

「大人が少し手助けしてあげれば、
分析し、理解し、批判的に検討するために必要な回路を
子どもたちの中に造ってあげることができる」と
つくば言語技術教育研究所の三森ゆりかさんは言っています。

そして欧米では、家庭や教育現場の中で、ごく自然に絵を用いて
作業しながら「絵の分析」を行っているそうです。

絵を分析するプロセスの例 
(小学生以下の子ども達には絵画ではなく絵本を用います)

これは、何の絵かな? 
場所はどこかな? どうしてそう思うの?
季節はいつかな? どうしてそう思うの?
 どうして秋ではないの?
 もし秋だったら、そこに描いてある木はどんな様子?
天気はどう?
 雨ってどうしてわかるの?
 この雨は強く降っているの? どうしてそう思うの?
 どんな音がするかな? 
誰がいるの?
 どうしてこれは子どもだと思うの?
子どもは何をしているの? どうしてそう思うの?
どんな気持ちかな? どうしてそう思うの?
 こんな遊びあなたもする?
これは、何の絵なのかな? 今度は最初より詳しく考えてみましょうか?

このような形で、子ども達に絵を十分に観察する機会を与え、
子どもが絵の中に描かれている物やイメージを発見できるように導くと
子どもは本当に驚くほどの才能を発揮し、
すばらしい観察眼を身につけるようになります。




小さいお子さんとする場合に気を付けなければならないのは、

完全な遊びとして楽しく行うこと
「教え込む」のではなく「引き出すこと」
「なぜ」を中心に問いかける
質問があちこちに飛んでしまうと、かえって絵が見えなくなってしまう
「全体の情報から細部の情報へ」を基本に

 全体の情報 
 テーマ
 設定:場所・季節・天気・時間・時代背景
 人物(動物・物)

上↑でご紹介した本には「テクスト分析と解釈・批判」についても
詳しく書かれています。
また機会があれば、ご紹介したいと思います。

絵本って奥が深いですね。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

決断の時!?☆2年保育、それとも3年保育?

弟くん、今月から始まった週1回の2歳児クラスに
初めて1人で参加しました。

パパ、ママ両方の実家が遠方なこともあって、
ママと離れて、パパ以外の人と過ごすのはまったく初めての経験

先生に引渡した時には泣いていた弟くん
迎えに行った時には笑顔で先生のそばに

様子を聞いてみると、
最初は泣いていたものの、
途中からはいろいろ動き回って遊んでいたと

少しほっとしました

私たちの住んでいるところは3年保育が盛んな地域です。

お姉ちゃんの時は、
弟くんが生まれたこともあり、
ママを独り占め出来なくなったお姉ちゃんに
早く外の世界を見せてあげたくて、
迷わず3年保育を選びました。

弟くんも同じように・・・と思うものの
迷っているママです。

弟くんが早生まれだということ
同じ学年の子と並ぶとまだまだ小っちゃい
食事や着替え、トイレなど身の回りのことも不安だし・・・

まだ時間があるので、
1人で出来るように練習していけばいいのですが・・・

2年保育を考える一番の理由

それは

もう少し一緒にいたいから~

お姉ちゃんが通っている幼稚園には兄弟枠があるので、
年少、年中のどちらからでも入園が可能です。

そして年少さんからの入園を希望するのであれば
来週中に幼稚園に兄弟枠を使うことを申し出なければいけません。

早生まれだからこそ、3年保育という考え方もあるし・・・

さあ、どうしよう







パパと相談した結果
弟くん2年保育へ

もしかすると来年の今ごろ、
3年保育にしなかったことを後悔しているママがいるかもしれません・・・

でも、弟くんと楽しい時間が過ごせると信じて

もし同じように悩んでいらっしゃる方がいたら
2年保育、3年保育☆どう選ぶ?
ご自分の考えを整理してみるといいかもしれません。

2年保育と心を決めたということは、
あと2年思う存分親子英語が楽しめるということです

さあ、どう進めて行こうか

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

トレーシングペーパー大活躍☆Writingへの第1歩?!

「使いこなす」☆「図鑑」でご紹介したトレーシングペーパー

きっとお姉ちゃんは気に入るだろうと思い、百均で購入

いきなり図鑑はハードルが高いので
まず、好きな絵本の好きな絵を一つ選んでそれをトレースすることに

ペーパーがずれないように押さえながらの細かい作業
写し終えたら色を塗って、少し大きめにカットして
ノートにペタリ

「貼り付けた絵の下に絵本と同じ文章を書いてみよう!」
と言うと、嬉しそうに文章を書き始めたお姉ちゃん

文字を書く練習はプリやキンダーレベルのワークで何度もしています。
最近は100 Words Kids Need to Read by 1st Grade (100 Words Workbook)
単語を書く練習も

でも文章を書くのはほぼ初めての作業

そして、出来上がったのがこちら
DSC03739.jpg
「The sheep went to sleep」って書いてあるんですよ

その後も創作意欲は増し、最後はかなりの長文にも挑戦
DSC03738.jpg
かなり集中してやっていました。

突っ込みどころ満載のお姉ちゃんの文章の書き写しですが、
これから少しずつ整えていこうと思います。

絵本作りに夢中なお姉ちゃんでした。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


文字のない絵本☆情報分析力を養う?!

文字のない絵だけの絵本を読み聞かせしたことがありますか?

文字のない絵本の読み聞かせは子どもの語彙力を育むと判明」という
興味深い記事を読んで、やる気になっているママです。

読み聞かせをしたことがある方にお聞きします。
その時、どのような読み聞かせ方をしましたか?

語り手が創造力を働かせて、ストーリーを作り、それを語りましたか?
描かれている絵について説明しながら進めていきましたか?
子ども達と絵について話し合いながら、一緒にストーリーを作っていきましたか?
上とは違う別のやり方でしたか?

Using Wordless Picture Books

文字のない絵本には、子どもの想像力と思考力をかきたてる要素が多く含まれています。

絵から受ける印象や思い浮かんだことを組み立てて想像すると
そこにストーリーがあります

そして一歩踏み込んで、
それぞれのページに書かれている絵を時間をかけて分析していくと、
作者が語ろうとしていることがはっきり見えてくるのだとか

子どもの理解をより深めるためには大人の分析的な働きかけが不可欠

ゆっくり時間をかけて絵をみながら
こうかな?ああかな?と自分だけのストーリーをつくることは
子どもにとってとても楽しいことで
そのような経験を通して子どもの情報分析力&考える力が深まるのだそうです。

こんなに違う?!日本と欧米の絵本の読み聞かせでお話しした
Open-Ended Questionsが使えそうですね



次回は、
語り手が身に付けておきたい「絵の分析」方法」をご紹介したいと思います。

現在、ママはこれら↓の字のない絵本をつかって「絵の分析」をトレーニング中です。




文字がなくても和書と洋書、ちょっと雰囲気が違いますが、
和書の方が図書館にある確率が高くなるので翻訳本をご紹介します。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

絵本の絵が物語理解と想像力に与える影響☆

絵本の絵が子どもの思考を支えているとうことはよく聞きます。

子ども達を次の3つのグループに分けて

物語を文章のみで提示
物語を絵のみで提示
物語を文章と絵で提示

物語を提示された後に物語再生テストを行ったところ
絵のみ、または文章と絵で提示された方が、文章のみの場合より
より物語を再生することが出来たそうです。

面白い研究資料があったのでご紹介したいと思います。
http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA11868267/13482084_53_193.pdf

ここに各社から出版されている『3びきのくま』の絵本があります。
お子さんに読み聞かせをするとき、どの絵本を手にとりますか?

A  B  C 

D  E 

子ども達に上のどの絵が好きか聞いてみたところ

全体的にAが好きだという子どもが多かったそうです。
Aの絵の印象は
登場人物がかわいく、漫画的。色調は明るく、メルヘンなイメージ

そして一番不人気だったのがE
Eの絵の印象は
昔話独特の素朴な味わいを持つと同時に、どこか神秘的で不気味なイメージ

女の子ではAが好きな子が圧倒的に多く、
男の子は比較的好みが分かれていたそうです。

次に今回初めて『3びきのくま』のお話を聞く5歳の子どもたちを
2つのクループに分けて紙芝居形式で(文章は同じで絵は違うものを使用)、
絵本の絵が子ども達の物語理解・想像力に及ぼす影響を調査

グループ1 Aの絵本の絵が好きだといった子にAの絵を使って物語を聞かせる
グループ2 Eの絵が好きではないといった子にEの絵を使って物語を聞かせる
(グループ分けの詳細は上記資料をご覧ください)

理解度を測定するための質問
3びきのくまは、朝ごはんに何をつくりましたか。
3びきのくまはどうして散歩にいったのですか。
女の子は誰の○○を全部食べてしまったのですか。
女の子はどうしてイスを壊してしまったのですか。
女の子はどうして大きなくまのベッドがイヤだったのですか
3びきのくまは洋服をきていましたか。

想像力を測定
女の子が目をあけると、くまたちが覗き込んでいたところで物語をやめ、
これからどうなるかな?と好きなように続きのお話を作ってもらっています。


結果は、

理解度に関しては、どちらの絵を使っても差はなかったそうです。

しかし

想像力は

Aの絵の紙芝居の場合
(登場人物がかわいく、漫画的。色調は明るく、メルヘンなイメージ)
読み聞かされた子ども達は、短く、新しい展開の無い話、あるいは
日常的な話を作ることが多かった。

Eの絵の紙芝居の場合
(昔話独特の素朴な味わいを持つと同時に、どこか神秘的で不気味なイメージ)
読み聞かされた子ども達は、長く、新しい展開の見られる話、あるいは
独創性の強い話を作ることが多かった。

以上のことから、
幼児に好まれるかわいく、漫画的。色調は明るく、メルヘンなイメージの絵は、
幼児に好まれない昔話独特の素朴な味わいを持ち、
どこか神秘的で不気味なイメージをもつ絵よりも
幼児の想像力を抑えてしまったといえる。

Aの絵は幼児が最も好むのもであり、幼児によって好ましいイメージであるゆえに
幼児自身がそのイメージの中に留まってしまうため、
新しい想像がうまれなかったのかもしれない。

Eの昔話独特の素朴な味わいを持つと同時に、
どこか神秘的で不気味なイメージ絵は幼児の日常から離れた世界へと導く効果によって、
現実の知識の制約を超え、通常では困難な推論が可能になったのかもしれない。

なんですって

とても興味深いなと思いました

文字のない絵本☆情報分析力を養う?!

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


我が家のアウトプット☆ゆっくり、でも少しずつ♪

子ども達からアウトプットがあると、ママはとっても嬉しいですよね。

絵本やCD、テレビ、パパやママ、お友だちからいろんなインプットを受けて、
それを動作や行動に移すことができれば、それは立派なアウトプット

“Come here!”と言われて、こちらに来ることができれば、
発話はなくてもアウトプット成功です!

(外国語教授法の中に「TPRトータルフィジカルリスポンス」というものがあります)
http://activities.eccjr.co.jp/no6/pdf/tpr.pdf

でもやっぱりママが期待するのは発話
それも単語ではなく文章での会話
そしてその道のりはとっても長いです。

我が家では、
ウェブレッスンはお姉ちゃんに却下され、
スクールにも通っていないので、
インプットとアウトプットをつなぐ方法として
絵本を中心に聞き流し、音読、暗唱をひたすら地味~に続けている状況です。

本当に時間がかかりますが、
少しずつ親子で進んでいくのが親子英語なのかな

最近「おてて絵本」に少し変化が出てきました。
2,3行の本当に短い簡単なお話ですが、
オリジナルのストーリーを語ってくれるようになりました

ここからライティングに繋げていければいいなあと思っています。

その内、会話もスムーズにできるようになると最高なんですけどね

お姉ちゃん(4歳11か月です)


Book Time
Chip & Dale playing in the sun, but Pete was mean to Chip & Dale.
Mickey has friends Chip and Dale, has Minnie to dance.
“Let’s sing a song” said Chip and Dale, but Pete was mean.
And Pete was, “Go away” said to Chip and Dale, The end.


Book Time
Minnie was playing with a sand, but Mickey is coming.
“Hi” said Minnie. “Hi” said Mickey.
Donald playing with the water to pool.
Mickey was playing with Minnie together sand. The end.

おまけ
弟くんも「おてて絵本」に挑戦 (2歳3か月)
CTP絵本の「The Ten-Second Race」というお話


The snail went one inch. The snail didn't win.
The horse went two hundred yards.
The horse didn't win.
Yeow! No fair!
DSC03724.jpg

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

「ただ眺める」だけではなく「使いこなす」☆Animal Encyclopedia「動物図鑑」

先日、城跡日記のsaccoさんがご紹介されていた
こちらの本を早速図書館で借りて読んでみました。

親子で楽しむ!  頭がいい子の図鑑の読み方・使い方親子で楽しむ! 頭がいい子の図鑑の読み方・使い方
(2013/02/18)
親野 智可等

商品詳細を見る


図鑑の使い方がよく分かっていなかった我が家には
図鑑の数自体が少なく、
もっぱら眺めるだけで終わっていました。

この本にはそんなママをサポートしてくれるアイデアがたくさん
さっそく取り入れていきたいと思います。

特に気に入ったのが、本文ページだけでなく、索引にも
「調べた後は、“足あと”を残そう」という提案

我が家で使えそうなのはシールを使うこと

例えば、
テレビで見たものには赤いシールを張る
実際に手に取って見たものには青いシールを張るというもの

もう少し大きなお子さんなら
付箋を使って、(字が書ける半透明の付箋がおススメとのこと)
いつどこで誰と見たかなどの情報やその時の様子などを
書いて貼り付けるといいのだそう。

またトレーシングペーパーを使って好きなもの、
恐竜や乗り物を図鑑から描き写して、ノートに張り付けて色を塗り、
自分だけのオリジナル図鑑をつくることも紹介されていました。

我が家にある数少ない図鑑の1つがこちら

Dk First Animal Encyclopedia (Dk First Reference Series)Dk First Animal Encyclopedia (Dk First Reference Series)
(2004/05)
Penelope Arlon

商品詳細を見る


これをMama Mirabelle's Home Moviesと連動させて、
各エピソードで出てきた動物を1つピックアップして、
図鑑で確認し、シールを張っていこうと思います。

同じエピソードを何度も見る理由になるし、
その度に違う動物にフォーカスできる
しばらく試してみたいと思います。

また絵本に出てきた動物や動物園や水族館で実際に見た動物には
それぞれ違う色のシールを用意しようと思います。

準備段階ですでにワクワクしているママですが、
MooMoo達の反応はまた今度レポートしたいと思います。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


こんなに違う?!日本と欧米の絵本の読み聞かせ

MooMoo達への読み聞かせを始めようと思った時、
どのようにすればよいのか分からなかったママは
読み聞かせに関する本をたくさん読んでみました。

図書館でやっている読み聞かせ会にも通ったことがあります。

その時に思った読み聞かせのポイントはこんな感じです。

1. ママが率先して絵本を楽しんで読む
2. ゆっくり、抑揚をつけながら読む
3. お話の流れや雰囲気を大切にする
4. お気に入りの絵本は満足するまで何度でも読んであげる
5. 自分で読めるようになっても読み聞かせは続ける
6. 読んでいる途中、読んだ後の質問攻めはやめる

さて、
日本と欧米の読み聞かせには共通点もたくさんあります。

上のポイント1~5の根底にあるのは
「絵本は楽しむためのものだ」ということで、
これは日本と欧米で同じ認識のようです。

ただ大きく違うのがポイント6なのです。

ママが読んだ多くの本(日本で書かれたもの)では、
読み聞かせの途中で、お話の世界に集中している子ども達に
問いかけはしない方がよいと書かれていました。

中には、
子どもの感受性や創造力の妨げになるので、
感情を入れず、淡々と本に書かれていることだけを忠実に読み聞かせましょう
と書いてある本もありました。

みなさんはどのように読み聞かせをされていますか?

欧米のママ達は子どもにいろいろ問いかけをしながら
積極的に参加させる読み方をする傾向にあるようです

こちら↓は子どもたちにたくさん問いかけながら読み聞かせることをすすめています。
Bring books to Life with Interactive Reading

読み聞かせの途中で行われるママの問いかけには
Open-Ended Questionsがよく使われます。

Open-Ended QuestionsとはYes・Noでは答えられない
What, how, who, whyなどから始める質問のことです。
How To Use Open-Ended Questions With Children

「Gatcha」という絵本を読み聞かせるときのOpen-Ended Questionsの例
A List of Open-Ended Questions to Use with the Story “Gotcha”

Gotcha!Gotcha!
(2002/01)
Gail Jorgensen

商品詳細を見る


欧米のママ達がする問いかけは決して正解を求めるものではありません。
また単に「おもしろかった」かどうか感想を聞くものでもありません。

日本の国語の授業でカバーしていない
「クリティカルリーディング」そして「クリティカルシンキング」
の基本となることを幼児のうちから絵本でママから学んでいるんだと思います。

クリティカル=批判的と訳されることが多いですが、難しいものではありません。

なぜそうなるの?
おかしくないかな?
自分だったらどうするかな?
ジャックはどうしたら一番よかったの?
ヘンゼルの考えは本当に正しかったの?
他にこんな方法もあったんじゃない?
と様々な視点から考えることです。

子ども達に問いかけをしようと思えば、
ママがその絵本についてより深く理解する必要があります。

ママもMooMoo達と一緒に批判的思考力を身につけていきたいと思っています。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


英語でサイエンス☆生き物のお世話

CTP絵本のすばらしいところは
理科・算数・社会などの知識がまんべんなく学べるところです。

今回は動植物の飼育について

ベランダでネギや三つ葉、ハープなどを少し栽培しています。
パパとお姉ちゃんが水やり当番

料理に必要な分だけ使うことができるし、
またすぐ大きくなるので助かっています。

こちら↓は先週誕生日だったママに
パパがプレゼントしてくれたバラの花
DSC03708.jpg

日が経つにつれて花瓶の水が減っていることに気が付いたお姉ちゃん
”お花も喉がかわいているんだね”と

ママが小さいころは(田舎にすんでいたので)
昆虫などを捕まえてよく飼っていたなぁとふと思い出しました。

川で沢ガニを捕まえたり、
クワガタやカブトムシの幼虫を成虫にしたり、
それに鈴虫も

カマキリの卵を持って帰ったのはいいけれど、
すっかり忘れて置きっぱなしに
もすごい数の赤ちゃんが出てきて家族でびっくりしたことも

あの頃は平気で触ることが出来ていたんですね。
今はちょっと怖いかも

そんな経験をMooMoo達にもさせてあげたいと思ってはいるものの
なかなか・・・・

でもGWにパパの実家に帰省した時に
初めてアマガエルを捕まえて興奮していたMooMoo達でした。

ママの実家では、キャベツとブロッコリーの収穫も体験

今回読んだのはこちらの絵本たち
DSCN7219.jpg
DSCN66641.jpg
DSCN6619.jpg

図書館で借りたこちらの図鑑も良かったです。

飼育と観察 (小学館の図鑑NEO)飼育と観察 (小学館の図鑑NEO)
(2005/07)
筒井 学、相馬 正人 他

商品詳細を見る


MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いくつになったの?
プロフィール

Author:ふうみん
8歳の娘&5歳の息子と親子英語をがんばるママ

Counter
Powered