MooMooKids 親子で素敵な英語の時間

8歳のお姉ちゃん&5歳の弟くん☆英語絵本でバイリンガルになあれ♪
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年07月
ARCHIVE ≫ 2013年07月

ブログ☆しばらくお休みします♪

昨日の夜は、「おてて絵本」をしながら
大きくなったら何になりたいかお姉ちゃんとちょっとお話

What do you want to be when you grow up?
と聞くと
I want to be a mom!
と答えたお姉ちゃん

実はわが家のMooMoo達、
ママのことを“おかあさん”と呼びます。

そして、英語モードのときは、なぜか“Mom”と
結構いい発音で (親ばかです

昨日も
How about you, Mom? What do you want to be when you grow up?
と聞いてくれました。

“Mom”が自然に出るようになったのは
1年ほど前にCTP絵本の”Mom can fix anything”を読んでからかな?
DSCN6854.jpg

お姉ちゃん、4歳4ヶ月の時です。


弟くんも最近は”Mom!”と言ってくれるようになりました

さて、いよいよカナダの空手チームが到着しました。
明日から忙しくなりそうです。

しばらくの間、ブログの更新ができないかもしれません。
また落ち着いたら
少しずつ夏休みの取り組みなどをレポートしていきたいと思います。

いよいよ夏本番ですね
みなさんにとって楽しい夏になりますように

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

英語で算数&サイエンス☆チャート&グラフを作る

CTP絵本の素晴らしいところは
理科・算数・社会などの知識がまんべんなく学べるところ

そして同じ内容でも年齢に応じて
レベルを変化させることが出来るところです

今日はチャート&グラフについて

どのように分類すればよいかを考えながら、
数に対する理解が深まると思います。

まずはこちらの映像をどうぞ





アメリカの子どもたちがランチとして持っていくスナックにビックリ
そして、その持っていき方にさらにビックリですね

さて、

いろいろな物を水の中に入れ、浮く物、沈む物に分けてグラフを作ったり、

人数が多ければ、好きな食べ物や色をインタビューしながらデータを集めたり

なかなか楽しいアクティビティができそうです

お姉ちゃんのクラスのお友達をBoysとGirlsに分けてみました。
DSC03828.jpg

クリップを色別に分けてみました。
DSC03823.jpg

何色のクリッピが1番多いか、
赤と白とではどちらが多いかは理解しているようです。
でも白は赤よりいくつ多い?はまだ少し難しいみたい

しばらく数字を書く練習をしていなかったら見事に忘れていました。
鏡文字がたくさん

今回読んだCTP絵本はこちら

DSCN6644.jpg

DSCN7258.jpg
Do you know how many fewer lizards there are than bugs?
Do you know how many more children like yellow than blue?
と少し高度ですが、いい勉強になります

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

英語でサイエンス☆It's decayed(腐っちゃった)

Sid the Science kids本当にいい番組だなあと思います。

今回は「物が腐るとはどういうことなのか」についてお勉強

まずこちらをどうぞ





わが家のMooMoo達、この気持ち悪さがたまらなく楽しかったみたい
何度もリクエストされました。

実際に我が家でも実験開始

まず、余っていた野菜をプレスティックの入れ物にいれてしばらく放置
さてどうなったでしょう。

DSC03819.jpgDSC03859.jpg

DSC03821.jpgDSC03861.jpg

DSC03822.jpgDSC03860.jpg

虫眼鏡で
DSC03874.jpg

ジャーナルも忘れずに(観察していないものも描いてありますが^^)
DSC03875.jpg


部屋の中に置いておく勇気のなかったママは容器をベランダへ

いつでも好きな時に子どもたちが観察できるように、ふたをしなかったため、

水分が蒸発してカピカピに

本当はニオイとか、ぐちゃぐちゃとした感触を体験してほしかったのですが・・・

失敗は成功のもと

お姉ちゃんと改善点を話し合って、再度リベンジします

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

英語で算数&サイエンス☆Let’s measure it!

CTP絵本の素晴らしいところは
理科・算数・社会などの知識がまんべんなく学べるところ

そして同じ内容でも年齢に応じて
レベルを変化させることが出来るところです

今日は「物の長さ」について

まずこちらをどうぞ




さっそく我が家でも

お姉ちゃんと弟くんの上履きを厚紙にかたどり
クリップがいくつ分かをチェック
DSC03862.jpgDSC03864.jpg

その後、その足型を使っていろんな物の長さを測ってみました
DSC03866.jpg

こんなことも
DSC03871.jpg

今回読み返したのはこちらの絵本

DSCN6884.jpg

去年の10月に初めてこの絵本に取り組んだ時も
同じ長さの物を探すというアクティビティを少ししました。

その時の様子をもう1度見てみると、
絵本を読みながら、それらしいことはしていますが、
本当はあんまり分かっていないところが笑えます

成長とともに少しずつ理解が深まっていくんですね。
来年も読み返したらまた新しい発見がありそうです。


お姉ちゃん、4歳5か月の時の動画です。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2歳4か月☆暗唱が定着してきました♪

CTP絵4冊セットの2つ目に取り組んでいる弟くん
久々にカメラの前で暗唱してくれました。

Buttons Buttons

お姉ちゃんも大好きだった本です。
なぜか2人ともLittle buttonsのところをSmall buttonsと言います。
CDはしっかり聞いているはずなのに、不思議な現象だな 

Our Pumpkin

とっつきは悪いですが、実際にカボチャを買ってきて
重さを測ったり、切って種を取り出したり、本に出てくることと同じことをすると
自然と好きになる絵本です。

We can share at school

お姉ちゃんはあまり興味がなかった絵本です。
幼稚園に行く前だったお姉ちゃん、
たぶんshareの意味がちゃんと分かっていなかったんだと思います。

でも弟くんは生まれた時から、常に「お姉ちゃんとShareしてね
と言われ続けているので、しっかりShareの意味が理解できているみたい。
この絵本を好んで読みます。

We can share at school


Buttons Buttons


I can read



お姉ちゃん、暗唱中の弟くんをしっかりサポートしてくれるようになりました

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Sid the Science Kids☆夏休みは実験&観察で

もうすぐ、夏休みですね。

わが家の英語の取り組みは、
サマースクールに通うわけでもなく、
ウェブレッスンを受けるわけでもなく、
いつもと変わらず、または減少してしまいそうな予感・・・

夏休みと言えば理科の自由研究

なにか幼稚園児にでもできるものは??
ということで、Sid the Science Kidsのマネをしてみようと思います

まずは虫めがねを100均で購入
DSC03830.jpg

でも実はまだDVDを持っていないんです
とりあえずYoutubeで断片的に開始




Sid the Science Kidsでいいなと思うところは
実験したことや観察して分かったことを
ジャーナルに書いて残すことです。

まだ5歳なので絵がメインのジャーナルですが、
わが家でも習慣づけたいと思います。

DSC03838.jpg
つま先(指が7本)&ホコリとキュウリを観察

地味~な取り組みですが、
休みに入ったら、外に出てセミやダンゴ虫を観察しようと思います。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

日本の国語教育、これでいいの?☆文法編

すごいタイトルをつけてしましました・・・

元日本語教師で親子英語をしている一人のママとしての意見です。
日本の学校教育で教えたことはありません。

なので、これから書くことは
もしかしたら現状とは少し違っていたり、
一方的だったりするかもしれません。
読む側のみなさんで上手く消化してくださいね

日本語も英語も人が話したり書いたりする言語です。

国語の授業でもっとやってほしいこと
それは日本語をその他の言語と比較しながら
日本語の本当の姿を子ども達に教えてほしいということです。

小学校の国語の時間に出てくる文法は
「主語と述語」、「修飾する言葉」、「こそあど言葉」、「つなぎ言葉」、
「文末表現」などと少なく、その内容も非常に簡単なものです。
品詞や活用を含め、しっかり文法を学ぶのは中学校になってからです。

みなさんは中学校でやった国語の文法の授業が好きでしたか?
未然、連用などの文法用語や活用形など暗記することばかりではありませんでしたか?
文を区切って細部にわたって分析することが中心ではありませんでしたか?

例として、文節を/で、単語を「」で区切ってみました。

「私」「は」/「スーパー」「に」/「野菜」「を」/「買い」「に」/「行き」「ます」。

知らないよりは知っていた方がいいけれど、文節に分けることができるようになって、
何の役にたつの?って思ってしまいます

日本には「学校文法」と呼ばれるものと
日本語文法」と呼ばれるものがあります。

みなさんが学校で学んだ文法は「学校文法」で
古典文法を継承した形式的な分類に焦点があてられ、
言語学的には矛盾が多くおかしな体系になっています。

これに対して「日本語文法」は外国人に日本語を説明するために
古典とは切り離し、言語学的に整合性のある文法体系になっています。

「学校文法」のように、文を分解して、
一つひとつの要素が何なのか分析するだけでは
読みを深めるための文法
話すことや書くことに生かせる文法は学べないと思っています。

さて、先ほど文節に区切った文章を英語に直しなさいと言われたら
みなさんはどんな英文をつくりますか?

私はスーパーに野菜を買いに行きます。
毎日行くの? 明日行くの? いつ行くの???となり英文にはできません。
それは英語には現在形(習慣)と未来形があるからです。
でも日本語では現在(習慣)も未来も「行きます」です。

こちらの文章はどうでしょう?

私は夕食を食べました。
I have already eaten dinner.「現在完了」
I ate dinner an hour ago.「過去形」
と、「食べました」という動詞の形だけでは
どちらの意味なのかわかりません。

おそらく、日本の国語の教科書に現在形、過去形、未来形
という言葉は出てこないと思います。

日本語ではどの形が現在で、過去なのか教えないのに、
英語の授業ではそういう言葉をどんどん使う・・・
子ども達は混乱してしまいます

日本語では現在進行している動作を「~ている」「~ています」で表現します。

今、本と読んでいます。
I’m reading a book now. (be動詞+ing)

では次の文章の違いを説明できますか?

1.レストランで夕食を食べています。
2.教室の窓ガラスが割れています。

1.は現在進行形(be動詞+ing)に対応していますが、
2.は動作が進行しているわけではなくて、
「変化」の結果、窓ガラスが割れた状態にあることを表しています。

英語では時制の一致が基本ですが、日本語ではそうとは限りません。

1.アメリカに行くとき、かばんを買いました。
2.アメリカに行ったとき、かばんを買いました。
3.アメリカに行くとき、かばんを買います。
4.アメリカに行ったとき、かばんを買います。

意味の違いを説明できますか?

ヒント
かばんはどこで買うのか? 日本で? アメリカで?
アメリカにはもう行ったの? これから行くの?

このように少し英語と比較するだけで、
日本語の本来の姿が見えてきます。

逆に日本語本来の姿が見えてくると、
英語も理解しやすくなると思いませんか?

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
いくつになったの?
プロフィール

Author:ふうみん
8歳の娘&5歳の息子と親子英語をがんばるママ

Counter
Powered