MooMooKids 親子で素敵な英語の時間

8歳のお姉ちゃん&5歳の弟くん☆英語絵本でバイリンガルになあれ♪
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年09月
ARCHIVE ≫ 2013年09月

スカパー無料の10日間が始まります☆

もうご存じの方も多いかもしれませんが、
10月5日から14日までスカパーの無料放送があります。

http://www.skyperfectv.co.jp/special/10days/


ディズニーチャンネルなどの予約お見逃しなく

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ




スポンサーサイト

最近の聞き流しはこれ♪

わが家ではCTP絵本を使っています。
またフォニックス本のBoxセットをいくつか持っています。
できるだけセット本を購入するようにしています。

どれも薄い絵本なので保管に場所をとりません

薄い絵本は料金も良心的
もしすべてハードカバーで買い揃えたら、
いったいいくらかかるだろう??と少し怖くなります。

でもやはりハードカバーの絵本は雰囲気があっていいですね

お姉ちゃんが2~3歳のころ、
近くの図書館とパパの職場の近くの図書館の
両方の蔵書検索をして、絵本をよく借りていました。

どちらも洋書の取り揃いが少ない図書館で
ORTなどが借りられる図書館の近くにお住まいの方が本当にうらやましいかった・・・

それでも探せば年齢にあったものを結構見つけることができ、
大変お世話になりました

借りてくると、
まずYouTubeにその絵本の読み聞かせ動画がないか検索して
再生リストを作りました。

動画で音を聞いた絵本とそうでない絵本とでは、
お姉ちゃんの吸収が全然違うということを実感

その時の再生リストが
弟くんに今ちょうどいい感じ

ハードカバーの良さを知ってもらうために
また図書館で予約したいと思います。

わが家の再生リストです
今はもっと質の良い読み聞かせ動画が増えているでしょうね
少しずつ追加していこうと思います。






YouTubeの動画はプロの方達が作ったものではありませんが、
どれも製作者の味がでていて、私は好きです

Scholastics社から有名な絵本100冊がDVDになったものがあります。

わが家にはありませんが、気になります




MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



効果的なライティング指導☆フォニックスを活用

わが家のお姉ちゃん、
今年の4月(4歳10か月)より有名どころのこちら↓のワークをしています。



機械的に空欄を埋めていますが、
このワークの本来の良さを生かしきれていないわが家です。
半分ほど終えたところでしばらく休憩することにしました。

かわりにCut-Up Sentencesというアクティビティを
アレンジして使ってみることに

Cut-Up Sentencesとは幼稚園や小学校低学年でよく行われるアクティビティで
文章の組み立て方や単語の使い方、punctuation(句読点の使い方)を効果的に
学ぶ方法です。

基本的なやり方はいたって簡単

ステップ1(語順)

その日読んだ絵本(Leveled booksがおすすめ)から
気に入った文章を1つ選ばせて、その文章を細長い紙に書きます。
(最初はパパ・ママが書いてあげてもOKです。)

その文章を読みながら、単語ごとに切っていきます。
(私はピリオドも分けて切っています。)

バラバラになった単語を並べ直して、もとの文章を作り直します。

声に出して読みながら、合っているかどうかを絵本でチェック

何度かバラバラにして、早く組み立てる練習

文頭は大文字
文の最後には「 (ピリオド)、(クエスチョンマーク)、(びっくりマーク)」
単語と単語の間にはスペースが必要だということが自然と分かります。

We / saw / a / tiger / at / the / zoo .

That / snake / is / very / big / !

Can / I  /put / a / vase  / on / the / table /?



ステップ2 (単語の分析)

上の文章 That snake is very big! の単語をCut-Up

bigbigの間で切り、
別の紙にbから始まる単語を2,3個書き出してみる。ball, banana, bearなど
Word family “ig”も単語を2,3個考えてみる。pig, dig, wigなど

snakeをsnとakeで分け
snから始まる単語を書き出す。snail, snow, snack, snugなど
Word family “ake”も考えてみる。cake, make, lake, stakeなど

That /sn / ake / is / very / b / ig / !

となった8枚カードを組み立て直す。



この動画の先生はいきなり細かく分けて切っていますが、
それはこの生徒がかなり数をこなして上達しているからだと思います。
慣れるまで、ステップ1をした後に、ステップ2を行う方がいいでしょう。

また1つの文章に対して、単語の分析は多くてか所くらいがいいと思います

単語と単語にはスペース、
1つの単語の中のアルファベット同士はくっつけることをしっかり教えます。

数回練習します。

ステップ3 (入れ替え練習)

That snake is very big!

elephant, house, carなどの単語を書いて、どの単語と交換できるか考える。
small, beautiful, scaryも試してみる。

最後はバラバラに切った紙を集めてごみ箱へ

お姉ちゃんは1日1文をステップ2までやっています。

使っている文章は絵本からではなく
下↓のサイトをプリントアウトしたものを使っています。

sightwordsentencepromo.jpg


サイトワードを習得するためのプリントですが、とても使いやすい
一通り書き終えた後、
書いた文章を切って、Cut-up Sentencesとして使っています。


キンダー1
http://shared.confessionsofahomeschooler.com/phonics/ksightwordsentences.pdf

キンダー2
http://shared.confessionsofahomeschooler.com/phonics/ksightwordsentences2.pdf

First Grade
http://shared.confessionsofahomeschooler.com/phonics/1sightwordsentences.pdf

Second Grade
http://shared.confessionsofahomeschooler.com/phonics/2sightwordsentences.pdf

ステップ2で単語の分析をするときに、
単語が思い浮かばない時は

今までよんだワードファミリーブック
お家にあるフォニックスの本を見ながら探しています。



お姉ちゃんのその日の書くスピードにもよりますが、
だいたいステップ2までするのに15分~20分くらいかかっています。

次回は自分でオリジナルの文章を作るときに
書きたい単語とそのスペルについて記事にしてみたいと思います。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

【補足】効果的なライティング指導☆

先日ご紹介したCut-Up Sentencesに付け加えてできそうな
取り組みがあるので補足させていただきます。

前回は主にに注目して
Beginning soundやWord familyで単語をCUTしましたが、

教えたい文法項目によってCutするのもいいかもしれません。

複数形のSでCUTする

We / can / share / crayon / s / .

They / had / to / feed / chicken / s / .

Orange / s / are / picked / .

Five / little / monster / s / went / to / school / .


ルールの確認はこちらでどうぞ




3人称のSでCUTする

Snow / melt / s / .

A / bus / take / s / me / to / school / .

See / how / the / tree / grow / s / .

Our / dog / need / s / water / , / too / .

A / purple / monster / live / s / in / a / purple / house / .

When / Mr. / Nosiy / sing / s / , / he / go / es / lalalalala / .

今回の文章はCTP絵本(レベル1)から選んでみました。

まだまだいろんな使い方がありそうなCut-Up Sentences
必要に応じていろいろアレンジして活用してみてください。

また面白いCut-Up Sentencesのアイデアがありましたら、
ぜひご紹介ください

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

3歳、4歳児にワークブックは必要だったかな?

お姉ちゃんが3歳半から4歳の時に取り組んだワークはこちら



とってもカラフルでかわいいワークです

色ぬりや迷路、
アルファベットの練習、
Beginning soundと絵のマッチング
数字と数の概念などの練習が豊富にありました。

320ページもあるので、
ワーク好きのお姉ちゃんが1日にたくさんやっても
かなりの期間楽しむことができ、お得感たっぷり

わが家の場合、最初のころは一緒に座って
何をするか見本を見せながら一緒にやっていましたが、

その後、ワークは自分で好きなように書くというスタンスだったので、
やり方が分からない時だけ、ママに質問

1枚終わったら見せに来て、飛ばしているところがなく
OKなら次もやっていいよとなります。

ワークを通してできるようになったこと

鉛筆の使い方が上手になった?
座って作業する習慣がついた?
一人で色塗りをしている間、ママは他の用事を済ませることができた?

という感じでしょうか???

親子英語をしていると、
早め早めにいろいろ試してみたくなるんですよね。
ワークはそういうママの欲求を満たしてくれるという面ではすごく意味があったかも

でもこの低年齢で本当に必要だったのかは分かりません・・・・
もしお子さんがワークに興味がなければ無理にさせる必要はないのかな・・・、
また、やらないからと言ってママが焦る必要もなし
というのか正直な感想です。

夏休みに入るころから、
そろそろ文章を書くこと(ライティング)を始めようかと思い
まずはお姉ちゃんのアルファベットをチェック

白い紙に思うまま自由に書くことはできているけれど
書き順、形が、それぞれの大きさが・・・・

線がある紙に大文字、小文字を書く練習をもっとする必要あり

復習をかねてもう1度アルファベットの書き方を1からやり直そうと思いました。
そして1か月ほどするとかなり整ったアルファベットに

ワークで以前にやった練習が少しは役に立っているのかもしれません。
あるいは単に5歳という年齢が文字を書き始めるのに
ちょうどいい年齢なのかも・・・

これが使用した動画と
プリントアウトできる付属のワークシートです。
http://thesingingwalrus.com/free-stuff/alphabet-writing-practice-sheets/



このサイトはまだ未完成で、Letter A~Uまでしかありませんが、
おすすめです

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

英語での語りかけの質を高める☆

朝から晩まで英語で語りかけるとなると大変ですが、

一緒に遊ぶ時は英語にするとか
お風呂に入る時は英語にするとか

0歳~3歳、4歳くらいまでのお子さんに対しての語りかけは

1日に5分、10分

ママの英語を聞かせるのが目的ではなく、
子どもたちが英語で発話しやすい環境を用意してあげるために
英語で語りかけをすることはとても良いとことだと思います

問題は5歳を過ぎ小学校に入るくらいになってくると
ママやパパの語りかけを拒否してくる場合があるとよく聞きます。

本に載っているフレーズだけでは
だんだん幼稚になってくるのが原因かもしれません

年齢に応じた語りかけができれば最高なのですが、
英語が好きな私でもキツイと思うのに
英語が苦手なママ、パパには ですよね。

アメリカの小学生は宿題として
読みのレベルに合った絵本を持ち帰って
お家で音読の練習をします。
その時、パパ、ママはそばについていろいろサポートをします。

自力読み☆読めない単語に遭遇したらでご紹介した
ストラテジーを使うように教えてあげるのもパパ、ママの役目です。

アメリカのパパ、ママ達がどのような語りかけで、
我が子の音読をサポートしているのかご紹介します。
親子英語にもきっと取り入れられると思います

止まってしまった時(少し考える時間を与えてから)様子を聞いてみましょう。

どうして止まったの?
Why did you stop?

何か難しいところがあった? 
Was there anything tricky in that sentence?
Can you find a tricky part?

単語を飛ばしたり、付け加えたりして読んだ時

もう一度読んでごらん?
Can you reread that?
Go back to the beginning and try again.

単語の数は合っている?
Did that match?
Were there enough words?
Did you run out of words?

指をさしながら読んでごらん?
Can you point to the words?
Can you read it with your finger?
Point to each word.
Use a finger and make them match.

単語を間違えて読んだ時

今のでいい?
Was that OK?
Does it sound right?
Does it look right?
Does it look right and sound right to you?

どこが間違っているか分かる?
You said something wrong. Can you find it?
There was something wrong with this line. Can you find what was wrong?
You almost got that. See if you can find what was wrong.

“○○○”って言ったけど、それでいいと思う?
You said “○○○”. Is it really “○○○”?
You said “○○○”. Were you right?
You said “○○○”. Would “○○○” fit there?
You said “○○○”. Does that make sense?
You said “○○○”. What’s wrong with this?

間違えて読んだところを、Self-correction(自分自身で訂正)させたい時

もう一度読んで、正しく直せるかな?
Try that again. See if you can fix it.
Try that again and think what would sound right.
Try that again and think what would make sense.

最初の音は合っているかな?
Does the word match the beginning letter sound?

何の(アルファベット/音)で始まるの/終わるの?
What Letter does it start with?
What letter does it end with?
What sound does it start with?
What sound does it end with?

What do you expect to see at the beginning?
…. at the end?
…. after “M”?

そのアルファベットで始まる単語を知っている?
Do you know a word that starts with that letter?

よく似た(スペル)の単語を知っている?
Do you know a word like that?

他の読み方(単語)はある?
(hから始まるhouseをhomeと読んだ場合など)


Can you say it another way?
What is another word that might fit here?

自分で訂正した読み方が合っているかダブルチェックさせる時

How did you know that word was “......”?
What did you do to help yourself?

訂正したものがまだ間違っていた時

Take a closer look at "....."
Are you right? Could it be "......"
Try that again!
It could be ".......", but look at "......."

どうでしたか?

次回は文脈から予測、推測させる時、
とぎれとぎれではなくスラスラと読むようにアドバイスしたい時、
そして
どのように“褒める”かについてフレーズをまとめたいと思います

音読の時間は「英語で語りかけ」の時間にして
10分、20分と集中して濃い時間を過ごすのもいいかもしれませんね

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

英語での語りかけの質を高める☆パート2

前回に引き続き、5歳から小学校1,2年生くらいで
自力読みに挑戦している子ども達への語りかけのフレーズ集です

読めない単語があった場合、絵やストーリーから単語を推測させる時

Use the picture to help you figure out what it could be.

What do you think that word could be?

What would make sense there?

What happened in the story when …….

お子さんが何をしていいか困っている時
いろいろなストラテジーを試してもらいたい時


What could you try?

You read that word before on another page. See if you can find it.

Do you know another word that start like that?

Do you know another word that looks like this word?

Run your finger under the tricky word. Do the letters give you any clues?

Get your mouth ready to say that first sound.

とぎれとぎれではなくスラスラと読むようにアドバイスしたい時

Can you read this quickly?

Put your words together so it sounds like talking.

How would they really say that?

How would you say that to me?

褒めるときにとても使いやすいフレーズが
“I like the way you .......” です。


Good for you. I like the way you tried to work that out.

I like the way you looked at the picture to help yourself.

I like the way you went back to the beginning of the sentence and tried that again.

That was a good try. Yes, that word would make sense there.

You are becoming a good reader. I’m so proud of you.

You worked hard on that! That’s what good readers do!

今回、何度かに分けてお話しした
読めない単語に遭遇したら”と“英語での語りかけの質を高める“は、
あくまでもお子さんの様子をよ~く観察しながら試してみてくださいね。

我が家でも最近(5歳を過ぎてから)ようやく少しずつ出来るようになってきました。

自力読みがある程度軌道に乗ってきたこと、
お姉ちゃんが感情をコントロールできるようになってきたこと、
などが理由です。

ママの師匠であるGrandmaからの言葉です

Please remember, these strategies develop at different times for different children.

It is very important that the child DO the reading work, and not the Parent.
If you quickly correct or supply the word, you are doing the reading work
and the child is learning to be dependent rather than independent.

Give sufficient time for your child to try and try again.
When it becomes obvious that your child can’t work it out,
provide the word.
Frustration is not the name of the game.

Always remember to praise your child for their problem solving efforts.
Thank you for being a partner in reading at home!


MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

フォニックス重視?それとも、読解力重視?

自力読みを進める上でフォニックスはとても重要な役割を
果たしていると思います。

イギリスの小学校ではJolly Phonicsというプログラムが
よく使われているそうですね。

おなじみの無料サイトstarfall
フォニックスを習得するためのプログラムです。

アメリカではZoo Phonicsというプログラムを
取り入れている学校も多いようです。

いろいろなプログラムがありますが、
フォニックスの目的は
スペルをみて”Sound out“(声に出すこと)ができるようになることです



ここに映っている女の子は4歳です。
一つ一つの音を確認しながらフォニックス読みをがんばっています。
彼女の年齢を考えると大変上手に読んでいると思います。
数年前に録画されたものなので、
おそらく今はとっても上手になっていることでしょう。

英語ネイティブの子ども達の場合、
読めなくても、
聞いたことがある、または理解できる語彙はとても多いと思います。

なので、

Phonics読みで ”sound out” するうちに

d...u...ck
d..u..ck
d.u.ck
duck

”duck!! ああ、Duck(アヒル)のことね”と分かるわけですが、

日本人の子ども達にとって
「読めない単語」=「意味を知らない単語」のことが多いと思います。

また英語ネイティブの子ども達でも“Sound out”出来たからと言って
その文章の意味を理解していることにはなりません

本を読むことの最終目標は内容をきちんと理解すること

アメリカ(インディアナ州)の小学校でも、フォニックス一辺倒になった時期があったそうです。
今はフォニックスももちろん学習しますが、他の要素も取り入れながら
読みを教えているそうです。

"Sound out" する前に

絵を見て何が描かれているか、
どんなお話か、
どんな言葉がでてくるか
予測してみる習慣をつけましょう。

そして知らない単語が出てきたら
文脈からどんな単語がmake sense(意味を成す)するか
考えることも問題解決能力を養います?

また、読んだ後、

何のお話だったか?
何が登場したのか?
それがどうしたのか?

読んだ内容を確認する作業もとても大切だと思います。

そうすることによって、
2回目、3回目と"Sound out"する時により内容を理解しながら
パズルを解くようなフォニックス読みではなく、
スラスラ読めるようになるのではないかと考えています。

フォニックスはとても大切です。
単語の意味を知っていても"Sound out"出来なければ意味がありません。
そして、その逆ももちろん同じです。

長々と書きましたが、
何が言いたいかというと、
フォニックスの大切さと
そればかりになることへの注意喚起・・・

バランスよく“ということでしょうか。

今度は、同じ文章をよんでいる6歳の女の子の動画です



英語ネイティブの子ども達にとっても
自分で文字を読むということはとても難しいことなんですね

教え方は決して1つではありません。
いろいろ試して、お子さんにあった方法を見つけてあげましょう

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

自力読み☆読めない単語に遭遇したら

今回は読めない単語に出くわした時に
子ども達に身につけておいてほしいストラテジーをご紹介します

音読をしているお子さんの横で聞いているパパ&ママ
お子さんが読めない単語で止まっているとき、
どのようにサポートしていますか?

「それはCAT(キャット)と読むのよ」とそっと教えてあげますか?
「読めない単語があったら飛ばして先に進みなさい」とアドバイスしますか?

もしお子さんが止まってしまったら、
ぜひ考える時間を与えてあげてください

そしてその考える時間に何を考えるのかをしっかり教えてあげてください。

それが問題解決能力を養います

If you don’t know a word, you can …
もし読めない単語があったら、


Look at the pictures or illustrations on a page.
そのページにある絵や写真、イラストを見てみましょう。

Go back and reread it again.
もう一度、初めに戻って読んでみましょう。

Look at the first letter and try to sound it out.
最初のアルファベットを見て、音を出してみましょう。

Look at the end of the word.
単語の最後を見てみましょう。

Look for the word parts or chunks (you know).
知っている部分やチャック(塊)はありませんか?
at, ell, ake, ing, or, ou, ea, chなど

Think of a known word that looks like the word.
知っている単語でよく似たものはありませんか?
Book, look, cook, shook, tookなど

Think about the story and try a word that makes sense.
どんな言葉だと意味が通じるようになるか考えてみましょう。

お子さんの年齢やレベルによって
使いこなせるストラテジーの数は違ってくると思います。

使えるストラテジーを全部使ってもわからなかったら、
どうぞ教えてあげてください
そしてもう一度、その文章を読んでみましょう。

わが家のお姉ちゃんの場合

自力読みを始めた4歳のころは、まだ感情のコントロールが出来ず、
読めない単語があると機嫌が悪くなったり、
くやしくて泣いてしまう時期がありました。

そんなときはストレスにならないようにそって教えてあげるのがいいと思います。

5歳を過ぎて、ようやく落ち着いて取り組めるようになってきた感じです。
年長さん&小学生で自力読みに取り組んでいる方、ぜひ試してみてください

お子さんがIndependent Readerになれるように
温かく見守りながら、しっかりサポートしてあげたいですね

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

アメリカの小学校☆

今回旅行したアメリカ(インディアナ州)では
幼稚園(公立)は学校教育の一環で1年です。

日本の幼稚園(お姉ちゃんが通っている幼稚園)のように、
集団生活になれるため
お遊戯やリトミック、創作活動に力を入れて
園庭でいっぱい遊ぶというよりは、
文字や数字のお勉強をしっかりという印象でした。

みんながプリスクールに通うようになり、
集団生活をすでに経験していることから
幼稚園では読み書き&算数に力を入れるようになってきたみたいです。

宿題もあり、小テスト(クイズ)もあるそうです。
ちゃんと勉強しないと幼稚園生でも
クイズでF(不合格)が普通にあるんだとか

宿題として本の音読がよく出るそうです。
簡単な“I see a cat. I see a dog, I see a …”のような、
1ページに絵と文章が1つという形式の本からスタート

お家でママがしっかりサポートしている子どもと
そうでない子どもとの差は・・・・

今回見学させてもらった小学校では、
幼稚園クラスにもお邪魔させてもらいました。

8月の2週目から新学年がスタートしたばかりでしたので、
幼稚園のクラスではアルファベットの形と音のレッスン

OHPに映し出された用紙をみんなで見ながら、
この日に学習する3つのアルファベットについて
先生の説明通りに、アルファベットを書き、
その横にBeginning soundがマッチする絵を貼り、
色を塗ると言う作業をしていました。

25人ほどのクラスの教室の後ろには
ヘッドフォン付きのPCが5台用意されていて、
そこには見慣れた画像が
Starfall

MooMoo達、それを見るなり大興奮
ママが見学させてもらっている間、
ヘッドフォンを付けて何やら静かにやっていました。

親子英語ではおなじみのReading A-Z (Raz-kids)もありました。
プログラムからプリントアウトされた絵本がたくさん

小学生の子どもを持つママと話す機会があったのですが、
学習の低年齢化が進むにつれて
ママがフォローしなくてはならないことが増えたそうです。

また小学校の授業でもクリティカル・シンキングが重視されるようになってから
すべての教科において内容がグッと難しくなったとか

確かに、15年前ママがインディアナの高校で日本語を教えていた時、
見せてもらった数学の授業は
”小学校の算数???”な~んて思ったのを思い出しました

今の高校ではどんな授業をしているのでしょうか?
今回見学できなかったのが少し残念です。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

自力読みを進めるために必要な10のスキル

5歳前後になると
自力読みを始める準備が出来始めるお子さんが増えてくるように感じます。

自力読みを始める目安、またはあまりうまく進まない場合
下記のスキルのどれかが十分でない場合があります。

10のスキルをチェックしてみてください

1. Can your child find the front of the book?
お子さんは絵本の表紙がどこかわかりますか?

2. Does your child know where to start reading and which way to go?
お子さんは絵本のどこから読み始め、どちら向きに読み進めていくか知っていますか?

3. Can your child write his/her first and last name quickly
without having to copy from something?
お子さんは自分の名前を何も見ないで書くことができますか?

4. Can your child identify all the upper and lower case letters?
Can he/she find the letters in a book?
お子さんは大文字と小文字をすべて知っていますか?
絵本を見て、アルファベットを探すことができますか?

5. Can your child point correctly to the words as you read them in a simple book?
文字の少ない絵本で、お母さんが読み聞かせている時、
読んでいる文字を指さすことができますか?

6. Can your child locate the first letter in a word and
tell you what sound it will make?
お子さんは単語の最初の文字がどんな音で始まるか知っていますか?

7. If you say a letter of the alphabet, can your child write the upper case
and lower case letters quickly and without looking something?
お子さんは指示されたアルファベットの大文字と小文字を
何も見ないで速く書くことができますか?

8. Can your child read any words?
お子さんが読める単語が何かありますか?

9. Can your child write any words?
お子さんが書ける単語が何かありますか?

10. Can your child tell an intricate story from some pictures?
(Can your child find many things to say about one picture?)
お子さんは絵を見て何かお話を言うことができますか?
また1つの絵からいろいろ発見して、それについて話すことができますか?

お姉ちゃんの場合、
が微妙では本当にごく少ない単語に限られていると思います。 
ライティングを強化する必要あり!

弟くんは表紙がどれか知っているくらいかしら。

自力読みを進める10のスキル参考になればなによりです

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
いくつになったの?
プロフィール

Author:ふうみん
8歳の娘&5歳の息子と親子英語をがんばるママ

Counter
Powered