MooMooKids 親子で素敵な英語の時間

8歳のお姉ちゃん&5歳の弟くん☆英語絵本でバイリンガルになあれ♪
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年11月

1つの区切りに語数チェック☆次はいよいよ多読!?

最近は自力読みも進んで、気が付けば
一人で読書を楽しむことが多くなったお姉ちゃん

いよいよ多読の世界へ

今まであまり語数のことは気にしていなかったのですが、
ふとどのくらい音読したのか気になり調べてみました。

文字を読み始める前からCTP絵本は暗唱して音読していたので
それもカウント数に入れたいと思います。

今まで取り組んできた絵本たち

Group A
CTP絵本レベル1(48冊) 総語彙数 2309
CTP絵本レベル2(48冊) 総語彙数 4911
CTP絵本レベル3(24冊) 総語彙数 3636
CTPサイトワード(12冊) 総語彙数 411

Folk & Fairy Tale Easy Readers (15冊) 総語彙数 4574
 

Group B
CTP Reading for Fluency (12冊) 総語彙数 2658

Dora the Explorer: Pack 2 (12冊) 総語彙数 2112
Planet Earth Level 2 (10冊) 総語彙数 1674
Clifford the Big Red Dog Pack 4 (12冊) 総語彙数 2437




合計 2万4722語となりました。

そのうちGroup Aは1か月間、毎日同じ絵本を読んだので、
(2309 + 4911 + 3636 + 411 + 4574) X 30日 = 475230

Group Bは2週間同じものを読んだので、
(2658 + 2112 + 1674 + 2437) X 14日 = 122934

なんと59万8164語(なんとも大ざっぱですが・・・)

1日に何回も読んだ絵本や2巡目の取り組みをした絵本、
自力読みした図書館の絵本、またはRaz-kidsの本がありますが、
今回はカウントしていません。

CTP絵本はお姉ちゃんが3歳になった時に始めたので、
2年半で約60万語

読んだ絵本の数自体は少ないですが、
すべての絵本が親子共にしっかり身に付いたような、
ちょっとした達成感があります

同じ道のりを弟くんとこれから歩んでいくのかな
すでに暗唱できる絵本がいくつかあります。
でも弟くんの場合、自分で読むよりお話を聞いて楽しむほうが好きみたい。

弟くんの自力読みはどのように進んでいくのかこれからが楽しみです。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
スポンサーサイト

Folk & Fairy Tale Easy Readers☆もう1歩踏み込んで楽しもう♪

わが家ではこちら↓のセットで世界の名作に触れてきました。



世界の名作を読みやすく☆「Folk & Fairy Tale Easy Readers」

おとぎ話で「おてて絵本」☆少し成果が出てきました!

一通り読めるようになっただけで終わらせてしまうには
あまりにもったいない素晴らしいセットです。

このセットの特徴はこのように説明されています。

Two to five lines of text per page
Clear, high-support illustrations
Patterned text
Natural syntax
Repeated and recognizable high-frequency words
Consistent print placement
A gull range of punctuation
Familiar, engaging story lines

以前こんな記事を書いたことがあります。
こんなに違う?!日本と欧米の絵本の読み聞かせ

この中でOpen-Ended Questionsをご紹介しました。
でも実際やろうとすると、読み聞かせの時、または後に
適切なQuestionsが思いつかないのがママの悩み

そして気づいたのです。
質問が出てこないのは、
数をこなしていないから・・・・

毎回違う質問をする必要はないと思います。
どの絵本でも使える決まった質問があるし、
単語を変えれば、パターン化して使えるものがたくさんあります。

ネット検索しながら少しずつOpen-Ended Questionsの例を集めてみました。
(園児には難しい、高学年向けの質問も多数含みます)

Who is your favorite character in this story? Why?
What was your favorite part of the story? Why?
What was the problem in the story?
What happened at the end of the story?
If you could change one thing in the story, what would that be?
Can you retell the story in order?
How did the story end?
What happened at the beginning of the story?
Tell about the setting
Tell about the problem
Tell about the solution
Tell about an event you liked best
Describe the main character
Tell story with a different ending
Describe the last scene
Could this story really happen?
Tell what will happen after the story ends
What was the story about?
How did the main characters differ?
How did the setting affect the story?
What did the main characters have in common?
How would you have solved the problem?
What character do you most differ from?
Tell about the mood of the ending
Who were the main characters?
How was the problem solved?
What did you like about the ending?
What character are you most like?
Where did the story take place?
What would you like to know more about?
Tell why you disliked the story
Tell why you liked the story
From the photos and illustrations I learned
Tell about an illustration you liked best
Tell about what might happen next
Tell the problem with a different setting
What would you have done in the main character’s situation?
Has the problem ever happened to you?
Describe a different character
Tell about the character’s feelings

数をこなせば大丈夫なんて言ったものの、
はやり少し書き出してみただけでため息が出そうです・・・

でもこのリストの中の比較的簡単な質問を使って
子ども達に発話を促すいいアイデアを思いつきました

次回は「Folk & Fairy Tale Easy Readers」を使った
わが家の秘策をご紹介したいと思います

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

発話を促すわが家の秘策☆Folk & Fairy Tale Easy Readers

「クリティカルシンキング」の重要性について
書かれている記事をよく目にするようになりました。

ママも皆さんが書かれている記事に刺激を受けて
「クリティカルシンキング」に関する記事をいくつか書いたことがあります。

グローバル・コミュニケーション力を育てる☆フィンランドの教育から

「絵の分析」☆子どもの中に思考回路をつくる!?

本から得た知識がほとんどで、
専門的に学んだことがないので、いざ実践となると本当に手探りの状態ですが、
MooMoo達とわが家なりの取り組みを進めています

ここからは↓の続きです。

初めてのシンキングツール☆思考の基礎

Folk & Fairy Tale Easy Readers☆もう1歩踏み込んで楽しもう♪

 

親子英語では有名なセットですのでお持ちの方も多いと思います。

今年の1月頃から1冊ずつ読む練習を始め、途中休憩していましたが、
今月から2巡目に入りました。

最終的にはこんな↓質問に対して、
自分の意見をしっかり言えるようになったらいいなと思っています

The three little pigs」より
The pigs put a pot of hot stew at the bottom of the chimney.
Do you think that was fair? Why or why not?


グラフィックオガナイザーを使って考えをまとめる練習も
いずれしよう思っていますが、まずその前に、

発話を促すわが家の秘策

それは「Reading response tic tac toe」です。

DSC04636.jpg

読み聞かせのとき、
Open-ended questionsのリストをカンニングペーパーのように
隠しながら見ていたママですが、
そんなことをするよりも、思い切って出してしまえと思ったのが始まりです。

ゲームなので、楽しみながら何度もできます
5歳児が言うことは突っ込みどころ満載ですが、
それなりに考えて何かを言おうとする姿勢そのものが
今は一番大切なことだと思っています。

そしてママがボケた回答をすると、ちゃんと突っ込んで来ます。

「Stone Soup」のTic tac toeに
Do you like to share? Why? Why not?という質問を書いたのですが、
ママが”I don't like to share!だってママの分が減っちゃうもん"と言うと
お姉ちゃんなりのシェアした方がいい理由がたくさん出てきました。

セットに含まれる15冊の絵本の「tic tac toe」を作ってみました。
https://docs.google.com/file/d/0B1p-EA5m3JwRTTBDVXZhLWJpbFU/edit

自作の物ですので、文法間違いや他に何か不備があるかもしれません。
もしより適切な質問の仕方などがありましたらぜひご教授ください

(もしかしたらGoogleアカウントがないと見られないかもしれません。)

参考資料
Folk & Fairy Tale Easy Readers: Teaching Guide(先日の1ドルセールで購入)

今はママとやっていますが、
ウェブレッスンがちゃんと受けられる日が来たら(いつのことでしょう??)
ぜひ使ってみたいと思っています。

自分の意見を言うことも大切ですが、
先生がどんな答え方をするのが、意見を聞くのも楽しみです。

どんな本でも応用がきくと思います
「Reading response tic tac toe」
お子さんの年齢やレベルに合わせて、ぜひお試しください

Who is your favorite character in this story? Why?
What was your favorite part of the story? Why?
What was the problem in the story?
What happened at the end of the story?
If you could change one thing in the story, what would that be?
Can you retell the story in order?
How did the story end?
What happened at the beginning of the story?
Tell about the setting
Tell about the problem
Tell about the solution
Tell about an event you liked best
Describe the main character
Tell story with a different ending
Describe the last scene
Could this story really happen?
Tell what will happen after the story ends
What was the story about?
How did the main characters differ?
How did the setting affect the story?
What did the main characters have in common?
How would you have solved the problem?
What character do you most differ from?
Tell about the mood of the ending
Who were the main characters?
How was the problem solved?
What did you like about the ending?
What character are you most like?
Where did the story take place?
What would you like to know more about?
Tell why you disliked the story
Tell why you liked the story
From the photos and illustrations I learned
Tell about an illustration you liked best
Tell about what might happen next
Tell the problem with a different setting
What would you have done in the main character’s situation?
Has the problem ever happened to you?
Describe a different character
Tell about the character’s feelings


MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

初めてのシンキングツール☆思考の基礎

シンキングツールは、小さい頃から繰り返し使うことによって、
知識と知識、またはアイデアを結び付け、思考スキルを育成し、
自分の考えを表明することに自信がもてるようになるそうです

シンキングツールは,次のようなことに役立ちます。

アイデアや問題を視覚化するため
考えや情報を整理するため
考えをすぐにフィードバックするため
学んだこと同士のつながりを明確にするため
意見を友達同士で共有するため
知識を新しくつくりあげるため
考えを評価するため

これまでの日本の一斉授業の話し合いでは

賛成意見と反対意見を黒板に書き分けて,
それぞれを比べながら「学級の考え」を導き出すことはやってきました。

でも1人ひとりの頭の中にある思考を表明することに
あまり重点が置かれていませんでした。

シンキングツール ~考えることを教えたい~より
こちら↑では、いろいろなシンキングツールが分かりやすく紹介されています。

正誤を気にするのではなく、
自分の考えを表明することに自信が持てるようになるといいですね

素晴らしものだと分かっていても
学生の頃ほとんど使ったことのないツールに戸惑っているママです

でもママも一緒にチャレンジしながら
少しずつ我が子に紹介できたらと思っています。

まだ5歳のお姉ちゃんにできることは限られていますが、
まずはフィクションとノンフィクション、
それぞれのReading Response Graphic Organizer
5歳児でも使えるようにアレンジ

こちら↓でご紹介した我が家初の
グラフィック・オ-ガナイザーが完成しました。
好奇心を刺激するノンフィクション系フォニックス本☆Planet Earth

DSC04620.jpgDSC04621.jpg
DSC04622.jpgDSC04623.jpg
DSC04624.jpgDSC04625.jpg
DSC04627.jpgDSC04628.jpg
DSC04629.jpgDSC04630.jpg
DSC04631.jpg

表紙をつけて本にしてみました。
約2か月を費やしたビッグプロジェクト
お姉ちゃんの達成感も大きいみたいです

次はフィクションに挑戦です
使うセットはこちらを予定しています。


MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

つらい時期を乗り越えて☆小さな幸せ♪

今日はママのママの命日です。
あの日からもう2年が過ぎたんだなあと

昨日はお姉ちゃんが幼稚園に行っている間
弟くんとぬりえをして遊びました。

とってものんびりしたひと時
弟くんと2人の時間

お姉ちゃんが小さい時は何もかも初めてのことばかりで
はっきり言って必死
弟くんがお腹にいる時もひどいツワリと貧血でフラフラ

こんな風に2人きりの時間を楽しんだことはなかったような


弟くんが生後4か月のころ、
長い闘病生活の末、いよいよ余命を宣告されたママのママ

実家から遠く
2人の子どもを抱え、身動きがとれない
そばで看病してあげられないという無力感でいっぱいでした。

寝たきりではなかったので、
動ける範囲で最後まで気丈にふるまっていたママのママ
肝機能が低下し、食道にできた静脈瘤がいつ破裂してもおかしくない状態でした。

毎日スカイプで話し、これが最後かもと思いながら回線を切る・・・
今思い出しても切なくなります。

何も手につかず、自然に涙があふれ出してくる・・・

そんなママをいつも優しくギュッとしてくれたのがお姉ちゃんでした。
お姉ちゃんに甘えていっぱいいっぱい泣きました。

幼稚園に通い出すと家にいる時間も減り、
気が付けばどんどん大きくなっているお姉ちゃん

お姉ちゃんが小さい時は心穏やかに
ちゃんと向き合って接することができなかったな~と

でも過ぎたことを後悔してもしょうがない・・・

それより
小さい体で一生懸命ママをサポートしてくれたお姉ちゃん
ずっと傍にいてくれてありがとう

大切な人を亡くして初めて分かる平穏な日々のすばらしさ
ほんの小さなことがとても幸せに感じます。

この一つひとつの幸せは
きっとママのママからの素敵な贈り物なんだと思います。

0018.jpg

ありがとうお母さん 
あなたの娘に生まれて幸せです。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

好きこそものの上手なれ☆「嘘っこ読み」&「おてて絵本」

弟くん、本当に恐竜が大好きなんです。

好きこそものの上手なれ興味のあることはどんどん吸収していく
本当にそう思います。

弟くん(2歳8か月)の嘘っこ読みです




弟くんがつくる「おてて絵本」にも恐竜がいつも登場します


この大好きな気持ちを大切にしてあげたいと思います

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

「ひらがな」をマスター☆おすすめグッズ&サイト

年少の頃はお友達と絵のお手紙を交換していたお姉ちゃん

年中になってから少しその交換も落ち着いていたのですが、
最近またブームになっています。

成長を感じるのは貰ってくるお手紙に文字が書いてあること

お姉ちゃんも「ひらがな表」を見ながら夢中でお返事を書いています。
そっと「ひらがな」を書いている様子を見ていると
その書き順はなんとも創造的

わが家では先に「アルファベット」の書きをやったので
「ひらがな」を書く練習はまだなんです。



こちらのパズルで自然に「ひらがな」を覚えて
濁音、半濁音、拗音などまだ怪しいところはありますが、
絵本はなんとか読めるようになっています。

「お友達にきれいな字でお手紙を書こうね」と動機づけて
書く練習を始めました。

書き順をしっかり覚えてほしいと思っています。

わが家で使っているはこちら


モンテッソーリの砂文字のように感覚を刺激する教材です
カードに凹凸があるので、なぞりやすくなっています。
ママも一緒にやっていますが、指からの刺激は想像以上に
心地よく集中できます。

指先の感覚を刺激と考えるともっと早く使い始めてもよかったかもしれません。
弟くんも楽しそうにやっています。
でも書き順をしっかり、そして”きれい&丁寧に”に重を置くと
お姉ちゃんにとっては今が使い時だと思います。


そしてこれから使っていきたいサイトがこちら↓

ぷりんときっず
比較的新しいサイトのようです。

子どものことをよく考えて、細かいところにもしっかり注意が払ってある
とても素晴らしいプリントだと思います。

無料でプリントできるワークは多いですが、
こちらはカラフルでシンプルママ好みです。

ひらがな、カタカナ、濁点・拗音、文を作ろうなど少しずつレベルアップ
算数のプリントもとても充実しています。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

2歳8か月☆数と初めての運筆♪

わが家の弟くん、
one, two, three….と20あたりまで言えるようになってきました。

指を順に立てながら数えていますが、
数と数字が合っていないことがほとんど

数を「数える」ことと「唱える」ことは違うんですね

算数の地頭をつくるにはその両方をたくさん経験することが大切なのだそうです。
お風呂から出る前に
今日は20~30までとか、
60~70までとか範囲を変えて言ってみるのも面白いですね。

こちらの絵本で数える練習をしています。
I spyみたいで楽しいですよ


中身はこんな感じ
DSC04601.jpg


クリスマスプレゼントにも良さそうです



お姉ちゃんが使っていたこちらでペンを持つ練習を始めました。
100均のホワイトボード用ペンの方が書いた後、消しやすいです。


線を書く、〇△□などの形を描く、ネコやイヌなどを描く
そして迷路のようなものがあります。
最後は数字やアルファベットも少し
書いて消して何度も楽しく運筆の練習ができます。

新しい事にやる気満々で取り組んでいます
DSC04595.jpg

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

比喩表現を学べる絵本☆人や物をより生き生きと鮮明に

英語は比喩表現が豊かな言語だと思います。

“He is very quiet”の代わりに”He’s as quiet as a clam”と書いたり、
“He is a good swimmer”の代わりに”He swims like a fish”と言ったりすると
人や物をより生き生きと鮮明に表現することができます。

A metaphor helps make a person or thing vivid!

He/she is quiet as…
He/she is hungry as…
He/she is sneaky as…

He/she laughs like a…

He/she can swim like…
He/she can swing like…
He/she can wiggle like…
He/she can jump like…

He/she is as hungry as…
He/she is as mean as…
He/she is as wild as…
He/she is as silly as…
He/she is as wild as…
He/she is as nice as…
He/she is as shy as…
He/she is as kind as…
He/she is as stubborn as…
He/she is as weak as…
He/she is as strong as…
He/she is as sweet as…
He/she is as angry as…
He/she is as clever as…

He/she runs as slow as…
He/she can run as fast as…

比喩表現は例えるものに対する共通の概念がないと意味が通じません。
絵本で小さい時からそういう表現に親しむことができるといいですね。

 

 





I wishという表現も一緒にマスター
I wish I could be smart like a fox.
I wish I could run like a deer.
以前ご紹介したCut-Up Sentencesでいくつかのパターンを練習してみました。

形容詞を学べる絵本をご紹介します。




最上級も



動詞が学べる絵本


もしこちら↓をお持ちでしたら

Topic 34, 36, 37の歌がいいですよ

"Look!, I can jump like a frog"と言って家中を飛び回っている弟くん、 
小さいうちは体を動かしながら自然に覚えるのがいいですね。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いくつになったの?
プロフィール

Author:ふうみん
8歳の娘&5歳の息子と親子英語をがんばるママ

Counter
Powered