MooMooKids 親子で素敵な英語の時間

8歳のお姉ちゃん&5歳の弟くん☆英語絵本でバイリンガルになあれ♪
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年12月
ARCHIVE ≫ 2013年12月

お姉ちゃんの音読☆これからの課題は?!

今まではCTP絵本をメインで使ってきた我が家
CDでしっかり音をインプットしながら読む練習をしてきました。

CTP絵本以外でも
できるだけCDを用意するようにしてきました。

でも、最近読む絵本はCDがないものが多く、

音源のマネではなく、
お姉ちゃんの好きなように音読することが増えてきました

そうすると、はやり気になるのが発音やイントネーション

以前にも発音がと思う時がありました。

それは、文字を読み始めた頃

こちら↓でその時の様子を記録しています。

「聞き流しからの暗唱」と「音読からの暗唱」

最近のお気に入り「Frog and Toad」を音読



お姉ちゃんらしさが出ていて、この↑読み方も好き
CDが無くてもなんとかなるか・・・




MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


スポンサーサイト

今年のクリスマス☆サーカスへ

今年のクリスマスはMooMoo達とクリスマスケーキを作ってみました。

DSC04759 - コピー

24日の夜はサンタさんのためにお皿にクッキーを用意して
いつもより早くベッドに入ったものの、
ソワソワしてなかなか寝付けなかったお姉ちゃん

サンタさんからのプレゼントは

お姉ちゃんの希望どおり、プリンセスのティアラとネックレス


大満足でプリンセス気分 
とっても楽しそうでママも嬉しい

弟くんには中古DVDと恐竜のたまご

この卵を水につけておくと、
48時間後にカラをやぶって恐竜が出現、水中で巨大化
さっそくやってみました。

今のところ変化なし
本当の動物観察みたいで楽しい

午後からはサーカスへ
L005211-0001-001.jpg

こちら↓のセットの中にサーカスを題材にした絵本が1冊ずつ入っています。


ピエロのお話も今までいくつか読んだことがあるので、
1度サーカスに連れて行ってあげたいと思っていました。

結果は大成功

楽しいクリスマスでした

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


ホームステイの受け入れ終了☆その2

食事の面ではお互い苦労しましたが、
それ以外は特に大きな問題もなく楽しく過ごすことができました。

ペイジちゃんとの1日の生活は

ペイジちゃんは8時ごろ起きてきて9時前に大学へ出かけます。
朝はお互いに忙しく、その日の予定を確認する程度
玄関でペイジちゃんを見送るのがMooMoo達の日課

4時半ごろ、授業を終えて帰宅します。
学校での出来事や学んできたことを教えてくれます。
10分ほどスモールトークをすると、部屋に戻り、
宿題や小テストの勉強をしていました。

6時半に夕食開始
MooMoo達がペイジちゃんを部屋に呼びにいき
テレビを付け、その日のニュースや天気予報についてお話しながら食事

食事が終わると部屋に戻って宿題の続き

日本語で書いた文章をチェックしてほしいと頼まれたり、
宿題で分からないことがあれば質問されたりしました。

宿題がない日は、ママが洗い物をしている間、
MooMoo達の相手をしてくれることも
パズルをしたり、絵を描いたり

9時以降は部屋に入り、アメリカの家族や友達とスカイプをしたり、
好きなマンガを読んだりしていたようです。

リビングでは基本的に日本語での生活でした


4か月一緒に生活すると、やっぱり愛着がわくもので、
荷物が運び出された部屋を見ると、さみしくなります

帰国する日は、学校の職員の方が家まで迎えに来られて、
お家の前でさよなら

MooMoo達もペイジちゃんにたくさんHUGして
また遊びに来てねと約束

無事送り出した時、
振り返ったお姉ちゃんの目には涙があふれ出していました

それを見たママにも”じ~ん”とこみ上げるものが

お姉ちゃん、「さよなら」の意味がだいぶ理解できるようになってきたみたいです。

DSC04745 - コピー
帰国前日に行われたお別れ会です。
今年の留学生はアメリカから3人、インドネシアから6人でした。

DSC04747 - コピー

DSC04751 - コピー

「またペイジちゃんにお手紙書こうね」と言って部屋に戻りました。



MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


ホームステイの受け入れ無事終了☆その1

我が家に4か月ホームステイしたペイジちゃんが無事帰国しました。

いや~、今回は本当に大変でした。
(大変だったのはママだけで、MooMoo達はペイジちゃん大好き

白米をはじめ、日本食が全くダメ

食べられるのが、
トマトソース系のパスタ、クリーム系はNG

チキン、ポーク、ビーフは塩コショウで焼くのみ
(へんに照り焼きなどの味付けをするとそのソースがダメ)

温野菜もダメでサラダのみ、そしてドレッシングはフレンチだけ
(日本で市販されているドレッシングをいろいろ試してみたけれど、全滅・・・)

学校でイベントがあった時にみんなでドミノピザを頼んだそうですが、、
ソース&トッピングがダメで1種類しか食べられるものがなかったとか・・・

ペイジちゃんはかなり極端な方だと思いますが、
ふと、子どもの好き嫌いを減らし食育に貢献している
日本の学校給食はなんて素晴らしいんだろうと思いました。

好きなものだけを食べるのではく、ママ以外の人が作った
幅広い種類の食べものを口にする経験はとても大切なことなんですね

さて、そんな偏食なペイジちゃんがホームステイしたわが家
最初は戸惑いもありました。

特にMooMoo達にとって、自分たちのお皿と比べると、
ピザやスパゲティ、ウィンナーやチキンナゲットと
魅力的なものばかり乗っているペイジちゃんのお皿はまるで夢のよう

当然欲しがります。
ママにとってはとてもツライ状況・・・
どうやってこの状況を打破するか・・・
悩んでいるうちにお姉ちゃんは分かってくれたみたい

MooMoo達にとっては、我慢することを学んだ4か月でした

食事が口に合わなくて、一番苦労したのはペイジちゃん本人
「ごめんね」と何度も申し訳なさそうに
ダメそうなものは無理に勧めないないようにしました

自然と肉料理が増えたわが家でした。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



このまま育ってほしい☆Frog and Toadを読んで

図書館でこちら↓の絵本を借りてきました。



「がまくんとかえるくん」の友情が
ほのぼの温かい気持ちにしてくれる人気シリーズです。

収録作品:
A List
The Garden
Cookies
Dragons and Giants
The dream

読み聞かせと共にこちらの動画を見てみました。



リストの中の「The Garden」を見ている時
がまくんが、植えた種に読み聞かせをしたり、歌を歌ったりするシーンで
"Seeds have no ears, they can’t hear you, Toad!"
爆笑していたお姉ちゃん

がまくんの面白さが分かるんだと少し成長を感じます。

この動画リストが気に入ったMooMoo達、

それに伴って絵本の自力読みもスムーズに成功

そしてママが提案する前に
自分から「A List」 と同じように「することリスト」をつくり始めたお姉ちゃん

DSC04741a.jpg

前日の夜にリストを作り、次の日にリストをチェック
2日がかりのプロジェクト

分からない単語は本を調べたり、ママに聞きに来たり、
一人でもくもくと作業をしていました。

面白かったのは
「トイレに行く」はリストに入れるとその時にしか行けないから
リストには書かないのだそう

さすが5歳児、発想はがまくんと同じでした

次に借りたこちらも楽しんでいます。



きっと「がまくんとかえるくん」の映像に少し触れたことで
頭の中で想像しやすくなったのでしょう。

以前ドーラのアニメとフォニックス本で
アニメと絵本の連動をしてみたことがあります。

「ドーラ」☆ごっこ遊びもグレードアップ!?

絵本を読む際には、
アニメのイメージが強く想像力を働かせる余地はあまりありませんでしたが
当時の年齢にはぴったりの取り組みだったと思います。

これから先、絵の少ない絵本で読書を楽しむにあたって
想像力を働かせることは不可欠

映像にばかり頼ってはいられません。
でも今回のように少しサポートになる映像があれば
上手く利用していきたいと思います。

そしてその映像は、ドーラやミッキーのアニメのように
刺激的なものである必要はないんだということが分かりました。

もう1つ分かったことは、
ライティング力を付けるためには、
今回のように自分から書きたいと思うことが大切なんだなあということ

少しずつ育っている自主性このまま育ってほしいと思います。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

2歳9か月☆成長の早さにドキッ!

2歳児の成長って本当に早いですね。

鉄棒で前回りができるようになりました

お姉ちゃんが小さい頃は
散歩に行くときも、買い物に行くときも
支援センターに遊びに行くときも
ずっとママのそばにいて
半径1メートルから離れることはありませんでした。

弟くんの場合、活発で目が離せません!
とにかく高いところに登るのが好きで
先日も公園のジャングルジム(2メールくらい)から転落
冷やっとしました

落ちた5分後にはまた登っているので
本当に好きなんでしょう・・・

はっきり言って、見ている方は心臓バクバクでツライです
公園に行くのを少し控えようかとも思いましたが・・・

危険なこと、安全に遊ぶことをしっかり教えてあげたいと思います。



MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


親子英語で気を付けていること☆その2

英語を教えるのではなく、一緒に楽しむこと

よく言われることですが、
なかなか何をどうすればいいのか・・・・

ママが考える「教えるのではなく」とは
「教えていると悟られることなく教える

そして「一緒に楽しむ」とは
「プレッシャーを与えないこと」です。

例えば、ほんの些細なことなんですが、

Repeat after me.
初級レベルの英会話教室でよく聞かれるこのフレーズ
新しい単語やフレーズの口頭練習でよく使われます。

先生がお手本を示して、生徒はその通りに
一人でリピートしなければいけません。
そして先生は生徒がちゃんと言えているかどうかをチェック

大人ならばこれくらいの心地よいプレッシャーは必要ですが、
小さい子どもたちにはどうなのかな

特にわが家のお姉ちゃん、とっても恥ずかしがり屋さんで
変に注目されるとまったく発話しなくなります。

こんなお姉ちゃんに、何度も言ってもらえる
魔法のフレーズがあるんです。

それは
Say it with me! Let’s say it together!
ちゃんと言えているかどうかは問題にしません。
とにかく一緒に声を出す

ママは勝手にこれを「Dora方式」と読んでいます。

Doraを見たことがある方ならご存知かもしれませんが、
"Say it with me!”とってもよく出てくるフレーズです

考えてみると、幼児向けの英語アニメの多くが
このように「一緒に言ってみよう!」「一緒にやってみよう!」という
参加型になっています。

「参加型」 ここに親子英語のヒントがあるのかもしれません

子どもの遊びにママが合わせながら英語で遊ぶというよりは
ママが楽しんでいることを一緒にやってもらう、またはそれに参加してもらう・・・

上手く表現できないのですが、

1日のわずか30分~1時間の限られた時間
「ママはこれが大好き」を全面に押し出して

CTP絵本はママが大好きな絵本
CTP絵本はママが大好きなCD

だから一緒にしよう!とママの遊びに付き合ってもらう感じで
わが家はやっています。

読む絵本はある程度ママがコントロールしていますが、
読む順番はじゃんけんや睨めっこで決めたり
誰がどの絵本を読むかなどその日の進行は
ある程度MooMoo達に決定権を与えています。

ママと一緒に音読する
ママと交替で読む
ママに代わって読む

終わった後は
「一緒にしてくれてありがとう 楽しかったね」を忘れずに

↑そういえば、最近忘れ気味かも・・・・

お姉ちゃんが泣いたことは数知れず、
またママが大人げなく怒ってしまったことも・・・
調子の良い時、悪い時
いろいろ経験しながら現在に至っています。

そして気づいたのは
先ほど書いた「プレッシャー」のこと

英語で語りかけて、子どもに英語で返事するように期待するのも
目に見えないプレッシャーを与えているのかもしれませんね。

英語で語りかけて、返事が英語でも日本語でも
そのまま楽しく会話を続けるようにしています。


MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


親子英語で気を付けていること☆その1

親子英語に関するブログをたくさん読ませていただいて、
いろいろな方の素晴らしい取り組みと出会い
一人では思い付かないようなアイデアをいただいています。

でも忘れてはならないのが、
親子英語はさまざま「100家族いれば、100通りのやり方」があるということ

紹介されている教材も数多く、
購買意欲が刺激され、どれも素敵に見えてしまう

でもいつも自分に言い聞かせていることが

それはポチっとする前に
よく吟味して納得したものを購入すること。

教材は「何を使うか」よりも「どう使うか」が大切

親子英語をしているママはシェフ☆食材をどう料理する?!

教材の使い方は1通りではなく、
いろんな角度から様々なアプローチができると思います。

じっくり取り組むことによって理解度が増し定着率もアップ
同じ教材と長くお付き合いすることができます。

結果的に費用をおさえることに成功

特にわが家のように予算の限度額が少ない場合
1つの教材を長く使うことが必須です。

教材購入前に

中身検索&口コミをチェック
同じ教材を使って取り組んでいるご家庭のブログをいくつかチェック
わが子に置き換えてどのように使うかシミュレーション
すでに持っている教材との相性、一緒に使うことによって相乗効果が期待できる取り組みを考える・・・などなど

あとはママの直感
一目で子どもが気に入りそうなものというよりは
ママと一緒に使っているうちに愛着がわいてくるような物を選ぶようにしています。

教材選びはいろいろ悩むことも多いですが、
どんな出会いがあるのか
わくわくドキドキの楽しいひと時
ママの楽しみの一つです。

すごく現実的なことですが、
長い目でみていかに費用をおさえることができるかが
とても大切だと思っています。

そして、将来MooMoo達が本当にやりたいことを見つけた時に
(惜しまず)お金を使ってあげられるようになればいいなと

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

クリスマスにおすすめの絵本☆1歳から5歳向け

わが家ではクリスマスの季節に絵本を毎年1冊追加しています。
それぞれの絵本に思い出ができ、
毎年MooMoo達と1冊ずつ読み返すのが楽しみです

2008年

お姉ちゃんが生まれて初めてのクリスマスに買った絵本です。
ボードブックなので、小さい子どもでも大丈夫
Dear Zooと同じ作者の絵本です。

2009年

こちらもボードブックです。
やっと服を着て準備ができたと思ったらトイレに行きたくなって・・・
のんびり屋さんのサンタがとてもカワイイです。

2010年

大好きなエリック・カールの絵本です。
最後の仕掛けが最高

2011年

ねずみくんの表情が素晴らしい!
心温まる素敵なクリスマスストーリーです。

2012年

去年は弟くんが読み易いようにボードブックにしました。
とても可愛い絵本です。

そして今年の絵本はこちら

だれがサンタさんのソリを引くのかな。
ユーモアたっぶりでとても楽しい絵本です。
絵も素敵です。


どの絵本も1ページに1,2行でとても読み易いです。
去年までは読み聞かせが中心でしたが、
今年はお姉ちゃんが読んでくれます。

そして少し大きいお子さんにおすすめなのがこちら↓

お友達のお家で前に見た時に素敵だなと思ったこの絵本
ちょっと複雑な??仕掛けがついているので、弟くんがもう少し大きくなったら

同じ作者のこちら↓の絵本もおすすめです。



この↓セットとの相性もいいですよ
 


先月、アメリカのGrandma&Grandpaから素敵なプレゼントが届きました。
オンラインのアドベントカレンダーです。

https://www.jacquielawson.com/advent
  
クリスマスまでの日数をカウントダウンするためのカレンダーです。
毎日違うアクティビティがあって、
昨日は花瓶にお気に入りのお花をアレンジするというものでした。
お姉ちゃんが毎日楽しんでいます。

クリスマスまであと少しですね
今年も皆さんのお家にサンタさんが素敵なプレゼントを持ってきてくれますように

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

お話作り☆2歳9か月

最近のお姉ちゃんとの「おてて絵本」は「キャッチボール読み」がメインです。

そして、弟くんとも少しずつお話作りをしています。

わが家の場合、「おてて絵本」での課題はいかにママの相づちを上達させるか・・・
これに尽きるような気がします。

おてて絵本deママも相づち上手☆

未熟なママの相づちにも、一生懸命お話をしてくれる弟くん
ありがとう



ものぐさハハさんを見習って字幕に挑戦してみました
でも、タイミングがあっていない・・・^^;


MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

いくつになったの?
プロフィール

Author:ふうみん
8歳の娘&5歳の息子と親子英語をがんばるママ

Counter
Powered