MooMooKids 親子で素敵な英語の時間

8歳のお姉ちゃん&5歳の弟くん☆英語絵本でバイリンガルになあれ♪
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年02月

文法を意識した取り組みスタート☆その1

みなさんはお子さんが文法的に間違った英語を話したとき、 どうしますか?

訂正する

訂正せず、そのまま様子を見る 

もし訂正する場合、どのようにやっていますか?

わが家の親子英語の基本方針は、
”発話での間違いはあからさまに訂正しない”です(笑)
(訂正するのかしないのかよく分からない答えですね)

I walking!  
One little monster went to school. Two little monster went to school. (複数形)
A car take me to the market. (3人称単数)

"I walking!"といえば
"Yes. You are walking!"とか "I’m walking, too!"と
返事として正しい文を示すようにしています。

時制が間違っていて話の流れが分かりにくい時は
“いつ?”とコミュニケーションの一環として質問します。

絵本の暗唱中の間違いは、
後でママが読み聞かせるときにほんの少しだけ強調してみたり

英語ネイティブの子どもたちでも
文法的に正確な英語を話すようになるまでには
何度も間違いながら時間をかけて習得していきます。

まず、大きなルールを見つけ、だんだん細かいルールに細分化
パパやママ、周囲の人たちの言葉をたくさん聞いて、
正しい文法を身に付けていきます。
文法が大人とほぼ同じレベルになるのは8歳くらいだそうです。

子どもたちは、自分でルールを見つけ出すという
素晴らしい能力を持っています

そしてそれは5~6歳がピークだとか。
さらに、教えてもらわなくても文法を身に付ける能力は
10歳くらいまではつづくと言われているそうです。
(チョムスキーの生成文法)

お姉ちゃんが話す英語を聞いていて、
SV. SVO. SVC. SVOO. SVOCの文型で「語順」が変なことはめったにありません。
CTP絵本のおかげで英語のリズムと共に
一番大切な「語順」がしっかり刷り込まれているんだな・・・

CTP絵本と言えば、暗唱や音読がよく注目されますが、
目に見えてすぐには表れないしっかりした土台を
作っていてくれていたんだと改めてその良さを認識しました。

なので、文法的取り組みの第1ステージ「基本的語順」は気づかないうちにクリア
まだまだ単文レベルの話で、重文、複文はこれからですが・・・

単数&複数、人称、時制など細かいルールを習得する段階へ

最近、ライティングに興味のあるお姉ちゃん
ライティングはスピーキングと違ってじっくり考える時間があるので、
先に挙げたようなルールを少しずつ紹介しながら取り組んでいきたいと思います。

紹介してからも、
発話での間違いはあからさまに訂正せず
自分で気づくのを待とうと思っています。

ライティングの時は適度に指摘しながら一緒に考えて、正しい文章が書けるように

わが家で始めた文法的取り組み☆その2は次回ご紹介しますね。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


スポンサーサイト

弟くん、3歳になりました☆

今回はちょっと奮発してこちらをプレゼント



お姉ちゃんの幼稚園にもあるらしく、
近くの本屋さんに行くといつも遊んでいました。

今回のプレゼントはお姉ちゃんの希望が100%反映されています
2人で遊べて、創造的なおもちゃはママ好み
プレゼントして正解でした。

1時間、2時間があっという間に過ぎてしまいます。
英語の時間は減ってしまいますが、
夢中になって何かを作る時間って大切ですね。

LaQは右脳と左脳を上手に刺激してくれるそうですよ
http://www.laq.co.jp/whats_laq/

色彩感覚
想像力・表現力
集中力
論理的・数学的思考

DSC05154.jpg
“J”が裏返しでしたね

関連書籍もたくさん



4月から本来なら年少さんになる弟くん

2年保育にしたので、親子英語の時間はたくさんありますが、
やはりママと離れることも経験しないと
できれば体を動かすことも

午前中にママと離れてできるスイミングスクールを探していました。

車で30分くらいのところに2,3歳児コースを発見
週3回のフリースクール制(レッスンがある日は週に何日通ってもOK)で
月5500円

早速来週見学に行ってきます。

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

英語でお話づくり☆新しい試み(Rory's Story Cubes )

わが家では前から「おてて絵本」を英語でしています。

最初はCTP絵本の「なぞり読み」からゆっくり始め


その後、こちら↑を読み始めてからは
「昔ばなし」や「おとぎ話」をアレンジしてお話づくり

1年以上、同じようなお話を作ってきたので
そろそろ違う取り組みをしてみようと

こちらを購入

日本仕様の方が少しお安くなっています。

即興でストーリーを創作して楽しむ、ポケットサイズのお話サイコロです。
9つの絵をつなげて1つのお話を作ります。子どもも大人も一緒に楽しめますよ


日本語の公式ホームページがあります。
http://www.rorysstorycubes-japan.com/ways-to-play/

日本語でお話を作ってもいいし、もちろん英語でも

ママも一緒にやっていますが、思った以上に難しい・・・というか
頭が固すぎる・・・よい脳トレになりそうです。

早速お姉ちゃんがお話を作ってくれました

9つのダイスを使ってのお話作りは難しいので、まずは4つでやってみました。







文法は無視、つじつまが合わないところばかりですが、
お話をノートに書いたり、ママが代わりにメモをとったり、
またこうして動画として残しておくと貴重な成長記録になりますね

これからが楽しみです

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

CTP絵本とスカラのフォニックスセット

我が家はCTP絵本をメインに進めてきました。

CTP絵本を使って良かったなと思う点は

無理なくレベルアップさせることができたこと

ノンフィクションの読み物に抵抗なく接することができたこと
特にMathとScienceは良かったです。

同じ絵本を何度も何度もの読む習慣がついたこと

そして何と言ってもCDのすばらしさ
ママの読み聞かせもいいですが、やはり楽しいチャンツや歌は耳に残ります。

最後に収納に場所を取らないこともわが家では重要な要素

こちらはCTP絵本レベル1、2&3の一部と
フォニックスリーダーなどのスカラスティックのBoxセットです。

本当にコンパクト

DSC04881.jpg

DSC04880.jpg

詳しい絵本の内訳はこちらに記録しています。


我が家では取り組んでいる絵本以外は手の届かいところに片付けています。
そして定期的に絵本は組み替えています。

弟くんが現在取り組んでいるCTP絵本レベル1のセット6です。

DSC04883.jpg


お姉ちゃん用にはいろいろ混ぜ合わせて使っています。
フォニックスを強化していた時はフォニックスリーダーもこちらに

DSC04886.jpg

CTP絵本1巡目の時は、4冊セットを1か月続けて読みました。

弟くんはまだ2歳なので4冊ずつですが、
お姉ちゃんの時は、
最初に1セットを出してから、2週間後にもう1セット導入して、8冊体制で
2週間ごとに新しい絵本たちに出会えるとマンネリを防ぐことが出来ました。(ママの^^;)

わが家では1巡目ですべて理解させようとせず、2巡、3巡と読み返しています。
1巡目より2巡目の方が理解が深まり、
さらに3巡目でも新な発見があります。

このシステムにしてから
絵本があちこちに散らかることがすくなくなりました

DSC04887.jpg


なにより取り組んでいる絵本に集中できるのが良かったです

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


これは楽しい!☆お姉ちゃんとの手紙交換♪

お姉ちゃんからこんな↓お手紙をもらいました(5歳7か月)

サイトワードとしてしっかり覚えているものもあれば、
「Invented spelling」もちらほら

Dear mom,
I like your brown hair. I like your black shoes, I like your picture.
Love Happy Valentine’s Day.
DSC05086.jpg

Dear mom,
Have a good dream. Tomorrow, tell me that you dream about.

DSC05084.jpg

Dear mom
I like you so let’s play together. I love. Happy Valentines.

DSC05068.jpg


お姉ちゃんのライティングですが、少しずつ変化しています。

それぞれの段階で使用したものをご紹介します。

アルファベットを書く
使ったワークはこちら




単語を書き写す
使ったワークはこちら




文章を書き写す
手作りワークシートを使って
本から文章をそのまま書き写す練習をしました。

DSC04621.jpg DSC05087.jpg

初めてのシンキングツール☆思考の基礎



英借文 既存の文章の単語を入れ替えて新しい文章を作る

DSC04858.jpg DSC04860.jpg

DSC04845.jpg DSC04859.jpg


 
オリジナルの文章を作る
一番上でご紹介した手紙の交換ですが、ママとお姉ちゃんの両方が
それぞれホワイトボードにメッセージを書いて同時に見せ合っています

ママからのメッセージを見て、とても嬉しそうなお姉ちゃん
ママもお姉ちゃんからのメッセージに感動

すぐに消して新しいメッセージを書きます。

お姉ちゃんのメッセージはママがそれまでに書いたものが
そのままだったり、つなぎ合わせだったり

すでにメッセージは消してあるので、
コピーするのではなく、思い出しながら自分の言葉として書いています

たまにお姉ちゃんのオリジナル文章が混じっていたりして
嬉しい驚きが

もうしばらく手紙の交換で盛り上がりたいと思います

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


「発話」に上手くつながらない時☆「スピーキング力」UPは楽観的に

日本で日本人の両親のもと、
ごく普通の幼稚園に通っているわが家にとって、
4技能で言えば、リスニングとリーディングは比較的伸ばしやすく、
スピーキングとライティングは本当にむずかしいなぁと実感しています

口頭や文章で誰かに向けてメッセージを発信することが
アウトプットなのだとしたら、わが家でお姉ちゃんのアウトプットが始まったのは
親子英語を始めてからかなり時間が経ってからのことでした。

もともと恥ずかしがり屋さんで、おとなしい性格だったお姉ちゃん
日本語でも口数が多い方ではありませんでした。

注目されるとモジモジ、クネクネするタイプだったので
アウトプットにはあまりこだわらないように

でも思い返してみると
引っ込み事案であること自体を悩んでいた時期は長かったです。

人見知り&引っ込み事案の子☆

「スピーキング力」が伸びないと、話す機会が少ないからかな
ネイティブの先生との対面レッスンやWebレッスンが頭をよぎります。

ママもそうでした。

でも、お子さんの性格をしっかり見極める必要があると思います。
(わが家の場合、弟くんなら↑の方法で伸びそうな感じ)

お姉ちゃんには、焦って英語での会話を強要せず、 
「リスニング力」や「リーディング力」を伸ばすことに集中して、
何かメッセージを自ら発信したいと思った時に、
それが出来るようにしてあげることが
遠回りに見えて実は近道のような気がしていました・・・

幸い音読や聞き流しは嫌がらずにやってくれたので、
その中で楽しめる取り組みをメインに進めてきました。

またDVDの効果は大きかったと思います
英語アニメは効果絶大?☆姉弟の英語の違い

成長とともに、コミュニケーションを取る楽しさ、
自分の意見やメッセージを伝えることの大切さが少しずつ分かってくると
蓄積された情報を頼りに「スピーキング力」をアップさせることができる
のではないかと楽観的に考えています。

最近のMooMoo達の様子です
お姉ちゃん(5歳7か月)、弟くん(2歳11か月)
少しずつですが、発話が増えてきました


(懲りずに字幕を入れてみました。)
相変わらず、気持ちの悪い生き物が大好きですね。


別の機会に「スピーキング」を伸ばすためのママの役割について
わが家の反省点を交えて書いてみたいと思います

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


ライティングに向けての環境づくり☆スペル編

以前こちら↓で「英作文より英借文」という記事を書きました。

ライティングは思うまま自由に?!それとも・・・

おねえちゃんの場合
Invented spelling」は少なく
書く前にスペルをチェックしながら慎重に書いているという話をしたのですが、
最近、書きたいことが多すぎて、調べることが追いつかないらしく、
Invented spelling」が最盛期を迎えています。

お姉ちゃんの書きたいという気持ちをなんとかサポートしたくて
ママは知恵をしぼりながらライティング指導法を模索中

今までの取り組みはこちら

フォニックス☆読みから書きへの取り組み

Jolly Phonicsを参考に☆ライティングに挑戦

上記の取り組みを経て、
CVC、CCVC、CVCC、CCVCCの単語は書けるようになりました(Vは短母音です)。

100均のホワイボードでこんな感じで練習しました




最近はAlphablocksを見ながら、順にお話の中に出てきた単語を
ホワイトボードに早く書くゲームをしています

耳と目と手を使って集中してできる取り組みです。
とても楽しいみたいで、時間があるときはいつも一緒にしようと誘ってきます。



同時にサイトワードの練習もこちら↓のオンラインゲームで始めました
SPELLING PRACTICE GAME (DOLCH WORD LIST)

またサイトワードのリストをこちら↓のハードケースに入れて、
いつでもチェックできるように


とにかく書きたいことが出来るだけストレスなく
書けるような環境づくりをしてあげようと思っています。


これからの課題

同じ音でもスペルのパターンはたくさん
表にしてママの頭の中を整理する必要がありそうです。

たとえば、

子音の場合

/c/: c, k, ck, q, ch
/f/: f, ff, ph, gh
/s/: s, ss, ce, se, c, scなどの使い分け

母音の場合

短母音
/e/: e, ea
/i/: i, yなど

長母音
(Aエイ): ai, ay, a, a-e
(Eイー): ee, ea, ie, y, e, ey
(Iアイ): ie, igh, y, i, i-e
(Oオー): oa, ow, o, o-e
(Uユー): ue, u, ew, u-e
/ou/ : ou, ow
/oi/ : oi, oyなど

さらに
/ar/: ar, a
/or/: or, aw, a, au, ore, oar, oor
/er/: er, ir, ur, ear, or
/air/: air, ear, are
/ear/: ear, eer, ereなど

このあたりの使い分けは、今後小学校3年生くらいまでに
ゆっくりマスターしていければいいかなと思います。

年齢別☆ライティング指導

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



Raz-Kidsのここがいい☆アメリカの統一教育基準

Raz-kidsを始めて1年が過ぎ、先週からレベルHを始めました。

レベルHはLexile 450以下となっているのでストレスなく読めています。

またクイズも問題なくクリア

レベルHになって今までと違うことが2つ

Gまでは朗読を聞く時に1文字ずつハイライトされていたのが
今回からフレーズごとにハイライトされるようになりました。
読みを速めるための工夫でしょうか?

また、Gまではクイズの質問&選択肢の音声を聞くことができたのが、
Hからその音声がなくなりました。
自分で読んで答えなくてはいけません。

ハイライトに関して、気になったのでもう少し調べてみると、
レベルQからまた変化が

朗読スピードが上がり、文章も長くなり、
文章の塊ごとに蛍光ペンのようにハイライトされ
その中の各単語が読むスピードに合わせて、別の色で動いて行きます。

まるで本を読む時の目の動きをトレーニングしてくれているみたい


Raz-Kidsではノンフィクションが多い

アメリカの学校教育では
最近ノンフィクション重視の国語教育が採用されているそうです。

従来学校で教えられていたのは物語などのフィクションが大半で
ノンフィクションはわずか7-15%程だったそうです。

新しい統一教育基準“Common Core State Standards”

K-4 :フィクション 50%、 ノンフィクション 50%
5-8 :フィクション 45%  ノンフィクション 55%
9-12:フィクション 30%  ノンフィクション 70%

そして大人の読み物としては、なんとその80%がノンフィクションだそうです。

http://www.learninga-z.com/commoncore/informational-text.html

Raz-kidsでは緩やかにレベルアップしながら
ノンフィクションに触れることができます。

すべてではありませんが、
中には同じタイトルの本が複数のレベルにわたって登場します。
語彙が増え、文章が長くなり、馴染みのあるトピックだということで
無理なくレベルアップできる工夫がいいなあと思いました

その他に
自分の朗読を録音できる機能
理解度がチェックできるクイズ
ポイントでの買い物

もしかしたらまだ気づいていない工夫が他にもあるかもしれません。

共同使用だと、数百円で利用できるのが非常にありがたい
取りまとめてくださっている方々に心から感謝感謝です。



新しい統一基準“Common Core State Standards”

日本には「学習指導要領」があって、全国統一基準がありますが、
アメリカには州ごとの基準はあっても全国統一基準というのは
最近までありませんでした。
そして、新しい統一基準はどの州の学力基準よりも高いのだそうです。

果たしてそれで、みんなが遅れないでついていくことができるのか
日本ではあまり報道されていない問題が実はたくさんありそうな感じですね。

http://riyomom.blogspot.jp/2013/09/common-core.html

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


音読のメリットについて考えてみる☆

たまに静かに本を広げて眺めているお姉ちゃん

黙読しているのかな

わが家ではまだ黙読にはあまり積極的に取り組んでいません。

時期が来たら、黙読の目的をちゃんと伝えて、
ただ漠然と静に読むだけではなく、
上手な黙読のやり方を教えてあげたいと思っています

今はママ自身、「黙読を教える方法」を模索中というところでしょうか。

ということで、わが家での読書タイムは音読タイムです

MooMoo達の最近の一番のお気に入りはこちら


こちら↑の絵本を読むときは声のトーンを落として怖そうに
ゆっくり読み進め、1番怖いところは臨場感たっぷりに
聞いている人は”Ooooooh”や”AAAAAAAAAH!”など
効果音を入れたりして楽しんでいます。

Frog and Toadのお話を読むときは会話文だけを抜き出して、
役割を決めて本当の会話っぽく読んだりしています。




音読のメリット

子供のレベルが分かる
フォニックスなどのルールが分かっているか(分かっていないルールは何か)
フレーズをまとまりとして読めているか
変な読み癖がないか
意味内容の区切りが理解できているか
会話文を区別しているか
強調したいところ、声量、速度、間の取り方などを意識して読んでいるか
はっきり発音できているか

音に集中できる
正しく発声・発音できているか、言いづらい音は何なのか自覚できる
スラスラ読めるように、いろいろ努力する

深く内容を把握できる
何度も同じ文章を音読してスラスラ読めるようなってくると
今度は内容に集中することができます。

アメリカの大学の調査・実験によると、
音読した方が黙読した時よりも読んだ内容を30%ほど多く覚えているそうです。

語感が育つ
ことばの組み合わせや語彙の選び方、ライム(韻)や文章のリズムの良し悪しに気づく

表現力が育つ
同じ文章の音読を繰り返していると、
日常生活の中で、音読した語句やフレーズ、文型や文の構造を
サラっと話したり書いたりできるように

理解語彙が使用語彙へと変化して、豊な表現力を身に付けることができる

黙読への橋渡し
音読は黙読より体力を使います。
黙読が出来るようになると、声を出さないといけない音読はちょっぴり面倒に

でも、音読が上達しないかぎり黙読もできるようにならないと思います。
音読は子ども自身が「うまく読めているかどうか」自己チェックでき、
親も子供の音読を聞きながらいろいろ課題を見つけることができます。
ほめたり励ましたり、あれこれ自力読みをサポートすることも

今回は音読のメリットについて考えてみました。
もし機会があれば黙読のメリットについても考えてみたいとおもいます


この1か月で読んだ絵本
Lexile 370L, 440L,460L, 530L



Lexile 430L, 400L, 450L



なおぱぱさんにご紹介いただいたこちら↓の絵本
Big Bad Pigの悪行が大変面白かったらしく何度も読んでいます
これを初めて一人で音読した時にはかなりの達成感があったみたい
Lexile 700L


MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

英語でサイエンス☆図鑑が読めるようになるまで

我が家にあるサイエンス系の絵本たち
動物への関心が特に大きいMooMoo達のため、このような選択になりました。

CTP絵本(リーディングレベルB-G)
CTP Science
creative teaching press社のサイトで中身が見られます。

とてもシンプルな文章であるがゆえに
好きなように肉付けして掘り下げて学習ができます。

与えられたテーマに沿って、図鑑や関連した絵本を読めば、更なる発見が

単に絵本を読むだけでなく、実験や観察をして実際に体験することによって
CTP絵本の本来の良さが実感できるような気がします。

英語で算数&サイエンス☆チャート&グラフを作る

英語で算数&サイエンス☆Let’s measure it!

英語でサイエンス☆生き物のお世話

英語でサイエンス☆It started as a seed

英語でサイエンス☆生態系と食物連鎖

英語でサイエンス☆水の循環(water cycle)


フォニックスリーダー
それぞれの動物の生態について、少し詳しく知ることができました。
DSC05047.jpg

好奇心を刺激するノンフィクション系フォニックス本☆Planet Earth


いま取り組んでいるのがこちら
I used to be afraid of....(リーディングレベルK-M)
DSC05048.jpg
creative teaching press社のサイトで中身が見られます。

CTP絵本から直ぐにこちらにレベルアップは少し難しいかもしれません。
我が家ではフォニックスリーダーがちょうど良いクッションになりました。

以前はMum's Englishさんで購入できたのですが、
残念ながら今は取り扱っていないようですね。



このレベルに慣れてくると、やっと下↓の図鑑に書いてある情報も
少しずつ自分で読めるようになってくるような気がします。



「ただ眺める」だけではなく「使いこなす」☆Animal Encyclopedia「動物図鑑」

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



もうすぐ3歳の弟くん☆フォニックスに挑戦!?

生まれた時からCTP絵本の聞き流しをしているので、
耳はしっかり鍛えられていると感じています

読み聞かせもたっぷりしてきたし、
英語アニメも必要以上に見ている気も・・・

ということで、少し文字にも触れてみようと
年末あたりからStarfallABCs Let’s get ready to read
ママの膝に座って見始めました。(マウスはまだママがコントロール)


約1か月でアルファベットの音をなんとなく覚えることができました。

以前からこちら↓のDVDもたまに見ていたので、
それにも助けられていると思います。




そしてここ2,3日遊んでいるカードがこちら


このカードで作ることが出来る単語は以下の通りです。

グループ1
cat pig bus sun dog hen map fox pan cow
jet ten nut hat top pin pen bug bed mop fin

グループ2
boy hay key car bee toy zoo

弟くんはまだまだ絵を並べてパズルとして遊ぶのがメインですが、
もう少し大きなお子さんであれば、
裏面の文字だけを使ったり、いろいろなことが出来そうです。

カードはCVC構造のグループ1から選んで使っています。


逆さ読み~
雲行きが怪しくなってきたな~


コケッ そうきたか
最後のボケにお姉ちゃん、大爆笑


各アルファベットの音が習得できてくれば、
がっつりフォニックスに取り組む前に
サイトワードを少しやっていこうと思っています。

関連記事
Three Letter Words

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

こんなワークもありかな^^

お姉ちゃんがワークをしているのを見て
自分もやってみたくてたまらない弟くん

先日の1ドルセールでこちらを購入


まだまだワークなんてまったく必要ない感じの弟くんですが、
なにやら誇らしげに取り組んでいます

DSC05046.jpg


その様子を見て、ひらめいたお姉ちゃん
もくもくと作業を開始

そして出来上がったのが弟くんのための手作りワーク

Color all the hearts and draw some more
DSC05038.jpg

Follow the letter “e”
DSC05037.jpg

Find the letter C and color the stars
DSC05035.jpg

Color each jelly bean with the letter “o”
DSC05036.jpg

さっそくお姉ちゃん先生の指導開始
DSC05040.jpg


協力しながら何かに取り組んでいるMooMoo達を見て頬がゆるむママでした

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

Human Body☆敏感期を逃さないように

前回に引き続き、体のしくみについてです。

お姉ちゃん、Human Bodyにとっても興味がある様子

簡単な臓器の名前なら知っているママですが
それ以外の英語での名称はまったく・・・
発音も果たしてあっているのかどうか・・・

せっかくのお姉ちゃんの敏感期
ママ自身の苦手克服のためにも、
MooMoo達と一緒に楽しく学んでいきたいと思います

YouTubeで子ども向けの優しい動画がないか探している時に
こちらに出会いました。



発音を確認しながら、
先日購入したこちらの本とリンクさせながら見ています。




DSC05022.jpg





DSC05025.jpg





DSC05024.jpg

ついポチっとしてしまったこちらの模型
お値段もお手頃で嬉しい


DSC05027 (2)

将来的にはどちらかを手元に置いておきたいなあと思っています




MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ




いくつになったの?
プロフィール

Author:ふうみん
8歳の娘&5歳の息子と親子英語をがんばるママ

Counter
Powered