MooMooKids 親子で素敵な英語の時間

8歳のお姉ちゃん&5歳の弟くん☆英語絵本でバイリンガルになあれ♪
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年05月
ARCHIVE ≫ 2014年05月

お姉ちゃん☆新しい読書テクニック?!

黙読よりも音読重視のわが家

音読のメリットについて考えてみる☆

最近、図書館で借りた絵本を初見で読むことが増えてきました。

以前なら読めない単語があったら止まって、なんて読むか聞いてきました。
または不安そうに間違った読み方をしながら助けを求めてくることも

それがこの頃、
あたかもその読めない単語が存在しないかのように
さらっと飛ばして読んでいます

気を抜いて聞いていると、飛ばして読んでいることに気付かないくらい
でも横に座って一緒に絵本を眺めながら聞いていると、
“ん”と思うことがなんと多いことか

She trudged home through the heavy, humid air.
Suddenly, the sky darkened. “Oh no,” she yelled.
A curtain of rain fell drenching her clothes.
She ran, her sneakers making tiny explosions of water as they hit the pavement.

多読のテクニックとして
分からない単語があってもいちいち調べないで読み飛ばし
推測する力を身に付けるというのがあります。

お姉ちゃん、自分でとても大切なテクニックを身に付けようとしているようです
(楽観的すぎるかしら 単なるごまかし上手さん

でも、なんとなくこんな感じかな?と絵を見て分かっても
推測しながら理解しているとは言えないレベル

これは単にママの絵本選びに問題が・・・・

お姉ちゃんの場合、Sound outできない単語は
初めて出会ったもので意味も知らないことが多いです。

そこで参考にした絵本選びの方法は

5 Finger Rule
読みたいと思った絵本を手にとって、どのページでもいいので開けてみる
さっと目を通し読めない単語があったら1本ずつ指を立てる

指の数
0-1本  Too easy
1-2本  Just right
3-4本  Give it a try
5本以上 Too difficult

今回ママが選んだ絵本は明らかに難しすぎですね

特にお子さんが自分で絵本を選ぶ時に、このルールを教えてあげるといいですよ

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


スポンサーサイト

読み聞かせをする理由☆

お姉ちゃんが生まれる前から
日本語・英語に関係なく、読み聞かせはたくさんしようと思っていました。

親子英語を始めるようになってから、
読み聞かせが王道であることを知り、さらに気合いが入ったり

では、なぜ読み聞かせをするのでしょうか?

ママが読み聞かせを始めたのには、いろいろな理由がありました。
そして何年が続けている間にママの気持ちにも変化が

みなさんが読み聞かせをする理由は何ですか?

本が好きな子になってほしい
本からたくさんのこと(知識)を学んでほしい
想像力豊かな子になってほしい
考える力を身に付けてほしい
早く文字が読めるようになってほしい
新しい語彙や表現と出会ってほしい
などなど

最近、図書館で絵本を借りる機会を増やすようにしました。

Leveled Booksではないものを借りることが多いので、
絵は可愛くても語彙が難しかったり、文字が読みにくかったり

自力読みよりもママの読み聞かせを心持ち増やしています。

そして気が付いたことが

親子英語を始める前、純粋に読み聞かせをしていた頃、
読み聞かせをしていた理由は
「親子で楽しく素敵な時間を過ごすため」だったなあということ

親子英語で絵本を使う場合、
目的に応じてその使い方はたくさんあります。

文字を読めるようにすること
語彙や表現を増やすこと
そしてクリティカルリーディングが出来るようにすることなど

勿論、すべて大切です。

絵本の使い方はまだまだ学び段階のママですが、
目的は何であれ、「今を楽しむ時間」であることを忘れないようにしようと
改めて感じたので書き留めることにしました



図書館でこちらを借りてみました。
英語でもとっても素敵な絵本です
  

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



弟くん☆CTP絵本を始めてちょうど1年♪

『Let it go』 は3歳の男の子の心もしっかり掴むようです。

家中を走り回りながら大熱唱
あまりにも部屋が散らかっていたので、画面を消して歌声だけ


決めセリフはもちろん”the cold never bother me anyway

CTP絵本、いよいよセット10に突入しました。
大好きなFrogのお話も熱唱



弟くんとCTP絵本を使った取り組みを始めてちょうど1年が経ちました。
ゆ~っくりですが少しずつ前進しています。
継続は力なり これからも頑張っていきたいと思います。

弟くん(2歳2か月)CTP絵本☆本格始動♪

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

「フォネミック・アウェアネス(phonemic awareness=音素認識)」という理論☆

前回記事にした「フォニックス学習の前に」の内容は
「フォネミック・アウェアネス(phonemic awareness=音素認識)」
という理論の一部です。

株式会社mpi松香フォニックスからでているこちら
   

これら↑の本に携わった宮清子さんのお話がとてもわかりやすいです。

日本人のための「フォネミック・アウェアネス」のススメ


またもう少し詳しくという方にはこちら


単語の終わりの音に注目するライミング
始めの音に注目するアリタレーションに重点をおいて
分かりやすく書かれています

それ以外にもわが家ではフォニックス(文字)を導入してからやったアクティビティの
いくつかが文字導入前にできると書かれていてなるほどと思いました。

たとえば、単語の音をバラバラにして音を数えるセグメンティング
ライティングの段階になって少し弱いなあと思って補強した部分です。

弟くんとは、こんな感じで早い段階から音を数えることに取り組んで
いきたいと思います。(ここでは、/b/からはじまる単語が集められていますね


ブレンディング&セグメンティング (Sound boxes)

フォニックスを導入する前、また導入してからも耳をきたえることは大切です。
わらべ歌やマザーグースのCDをお持ちの方も多いと思います。
ぜひどんどん活用してみてください。

その時、ライミングや一つひとつの音に注意して耳を傾けてみると
今までと違った世界が見えてくるかもしれませんね

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

スピーキングの内容が変わってきたかも♪5歳10か月

ライティング練習の恩恵でしょうか?

ライティング強化はもっと後からでもいいのではないかと
思っていた時があります。

今のところ楽しそうにライティングに取り組んでくれていますが、
ライティングとなると、どうしてもお勉強っぽく思えてしまって、
それより、小さいうちは、たくさんおしゃべりをして
スピーキング力を鍛えたほうが・・・


でもわが家ではライティングを強化することにしました。

ライティングは隙間時間にできるワークと違って、
じっくり取り組む必要があります・・・といっても30分くらいですが

小学生になると本当に時間がないとよく聞きます

何かを書くためには書く内容をある程度集中して考えなくてはいけません。
忙しくなる前にライティングの時間を十分に持っておきたいと

ライティングに取り組むようになってから
発話内容が少し変わってきたように感じています

見たこと、聞いたこと、自分が体験したことを伝えるのが少し上手くなったような・・・
(もしかしたら年齢的なこともあるのかもしれませんが、)

『塔の上のラプンチェル』熱は冷めず、
途中ミュージカル調で「おてて絵本」をしてくれました。

Youtubeの画面は真っ黒ですが、音声だけアップしています。

imagesD9XYMHK9.jpg imagesIOX9BVVS.jpg



Once upon a time, there lived a girl named Rapunzel and a boy named Eugene.
Eugene got out the tower first, and Rapunzel got out the tower second.
Eugene said “Are you hungry? I know a great place for lunch!”
And he take Rapunzel to the lunch. He said “This is the Snuggly Duckling!”
He opened the door and said “Set the table please.” And Rapunzel was scared.
“Anybody had a dream?” and she sang a dream song.
“I got a dream, she got a dream, I got a dream, She got a dream
I want to see the floating lanterns gleam.”

And the pirates came. They found Rapunzel and Eugene.
Rapunzel found a spot to hide. She swing to a hole and hide. The end


imagesLNYVN4HN.jpg images90ZOSY2V.jpg


Once upon a time, there lived Rapunzel and a boy named Eugene.
They got out the tower. And at night he saw a village.
And he…his hand hurts. Rapunzel wrapped Eugene’s hand
and she sang a special song.
“Flower, gleam and glow. Let the power shine.
Make the clock reverse. Bring back what once was mine”

And at the village, in the morning, he saw Maximus.
Maximus pulled Eugene’s leg. She heard Eugene getting a noise.
Rapunzel and Pascal woke up and she helped Eugene.

Rapunzel said “oh, easy boy, easy. Now sit.” Said Rapunzel.
“SIT!!” again she said and Rapunzel said “now drop the boot”
“Drop it!!” said Rapunzel again. The end.


スピーキング力は会話をすることによってのみ伸びるものではく、
本を読んだり、テレビなどで会話を聞いたり
そしてライティングで情報を発信する練習が必要なのだと
改めて思うようになりました


MooMooKids


最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ☆

親子英語を始めたころ
メイン教材を何にするか迷っていた時に、この3冊を図書館で借りました。

  

この3冊と試しに購入したCTP絵本レベル1のセット1を比べてみて、
CTPメインで進めていくことに決めたわけですが、
ORTもはやり素晴らしい教材ですね

 

CTP絵本を数セット終えたころにこちら↑を再び借りて
今度はお姉ちゃんと一緒に読んでみました。

その時の記事がこちらです。


そして残りの2冊も再び

かなり前に読んだものだったので、すっかり忘れていました

以前はママだけが読んだので、今度はMooMoo達も一緒に

 

Stage1-4までのレベルなら、はやりCTP絵本で進めるのがいいかな~と
個人的には以前読んだ時と同じ感想を持ちました。

でもStage5以降は「次を読んでみたい」という気持ちが湧いてきて、
そういう意味で多読向けなのだと思います。

MooMoo達が気に入ったのはこちら


すべてを揃えるとなると大変ですが、
Stage5以降をいくつか読むのは楽しいかもしれません

その際にとても重要な「Magic key」と「Magic house」のお話が
この本には収録されているので、まずはこちらを読んでおくのが良さそうですね。

次にこちら↓



こちらには歴史やサイエンスを扱った
Info Trailというノンフィクション・シリーズから6話が収録されています。


お姉ちゃん、入門、初級レベルは問題なく読めました。
自力読みの練習として取り組むとすれば中級レベルのような気がしますが、
内容理解を考えると中級は少し難しいと思いました。

初級・中級の間にもう1レベルあれば最高という感じです

さて、ママは初級レベルのこちら↓が大変気に入りました。


動物園のライオンは幸せなのか?
JamesとDonnaが簡単な英語で熱い議論を交わします。

そして、二人の意見を聞いて、
What do you think? Is Simba happy in the zoo?
と考えさせるようになっています。

男の子と女の子がいたら無条件で女の子の味方をするお姉ちゃん、
今回も途中までDonnaの意見に賛成していました。

でもJamesのHe wants to be freeという言葉を聞いて
『アナと雪の女王』の主題歌『Let it go』の"I'm free"という歌詞とリンクしたらしく
Elsa was happy to be free, so Simba is happy to be free, too!
と言い出しました。(『アナと雪の女王』はまだ見てないのに)

こういう感じで、他のお友達の討論を聞くことができ
考えるきっかけとなるような絵本が他にもあればいいのになぁと思いました

ORTは1冊1冊が結構いいお値段なので、
イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶシリーズは
6話以上収録されていて、さらにCDまで付いているので
かなりお得だと思います

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ




ライティング初期段階の力強い味方☆

それはフォニックスかな~とママは思っています。

英語圏の多くの幼稚園ではフォニックスを取り入れ
読みとスペリングを教え始めます。

フォニックスなしに読めるようになるお子さんもいるし、
中学校のころやったように、何度も単語を書いて
スペルを覚えるお子さんもいるでしょう。

でも、長~い目で見て、
フォニックスを知っているかいないかで大きな差が出てくるように感じます
フォニックスは大人になってからもいろんな場面で助けてくれるんですよ

フォニックスは教えた方がいいのかな~と悩んでいるパパ、ママがいたら
ぜひ初めてみることをお勧めしたいと思います

そしてもう一つ
それは、たくさんたくさん書くこと

幼稚園では、家族や友達、自分の好きなものなど身近なテーマに関して、
短い文章(まずは2,3行から)を書く練習を始めます。

ただ、この時点で子ども達はフォニックスを完全にマスターしていないので、
知っているフォニックスのルールを頼りにスペルを書いていきます。
(Invented Spelling)

ほとんどの先生がInvented Spelling(スペルミス)の注意はせず、
テーマに沿った内容で自由に書くことを応援します。

わが家でもテーマに沿った文章を書く練習をしています。
Invented Spellingでいいから今は間違いを恐れずに
どんどん書いてほしいと思っています。

単語と単語の間にスペースをあける
適切な場所に大文字を使う
句読点を正しく使う
は少しずつ注意していきたいと思います。

それ以外の課題として、
andでどんどん文をつなげずに区切ること
he, she, his, herなどがごちゃまぜになってしまうこと
時制、とくに過去形で書くところが現在形になってしまうこと
などがありますが、今は特に注意していません。

こちらでご紹介した
「Follow-the-Directions Draw & Write Activities」を使って練習しています。



DSC05369.jpg
One day I was walking through the jungle, when my girl
monkey was lost. She said “Help.” and shark came
and help her and shark and monkey get friend and day after tomorrow
then, they go outside. They play tag.

DSC05367.jpg
Once I saw a ladybug crawling on a ground. She looked at me
And she smile at me and she wave goodbye. The end.

DSC05376.jpg
Yesterday, a friendly alien landed on the playground.
The alien said "beep", and the dog said "woof, woof",
and the alien and the dog met cat.
The alien said "beep", the dog said "woof, woof",
and the cat said beautiful "meow, meow", and tomorrow they play together
and they live happily ever after.

DSC05377.jpg
Once upon a time, there was a castle in a forest.
In that castle, a pretty princess lived.
One day a prince came. The princess and prince danced together.
They had fun.

DSC05373.jpg
On sunny day, I like to play outside.
First, I put on my sunglasses.
Next, I eat ice cream.
Last, I play tag with my friend, Yuso.

DSC05370.jpg
We had fun at the party.
First, I sing a song birthday.
Next, I gave a present.
Last, she opened the birthday present.

DSC05371.jpg
I saw a rabbit hopping through my garden.
First, I found a rabbit hopping in my garden.
Last, I go sleep with my pet rabbit.

DSC05372.jpg
Once I was outside on a rainy day.
First, I go outside.
Next, I play tag with my friend.
Last, I go swimming and go back home.


MooMooKids


最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


ゴールデンウィークは☆

ゴールデンウィークは毎年パパの実家に帰省します。

石川県まで休憩を入れながら約8時間のドライブ
運転に備えてのパパの体調管理をはじめ、
ママも途中少し運転するので、事故がないように毎回ドキドキ

夜中走るのですが、最近体力の無さを思い知らされます。
昨日の朝、お家に到着後、全く何もできず・・・

今回初めてブログ記事の予約投稿をやってみました。
パパの実家にはPCがなく、もちろんネットも繋がっていません。
まだスマホを持っていないパパとママですので
はやり、いろいろ大変です

さて、今回のゴールデンウィークの成果は
お姉ちゃんが自転車に乗れるようになったことです

そして能登半島をドライブ、とても気持ち良かったです

千枚田
DSC05439.jpg

Tree Frogs and Tadpoles
DSC05468b.jpg DSC05468c.jpg

テレビの無い生活
帰省中はおばあちゃんの図書カードでたくさん絵本を借りて読みました。
もちろん洋書も数冊 全部良かったです
     

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ




絵本選びが難しい~☆

今年に入ってからお姉ちゃんが読んでいるのは

Step into readingならレベル3(Disney fairyシリーズ)
  

I can read bookならレベル2
   

このレベルの絵本は問題なく、声のトーンを変えたり、
抑揚を付けたりしながら楽しそうに音読しています。

さて、この先どうするか
このレベルの絵本をこのまま増やした方がいいのか
少しレベルアップさせた方がいいのか難しい~

レベルアップさせるにしても、絵のないチャプターはまだまだ早そうです。

楽しいお話がたくさんあるI can read bookのレベル2に比べるて
レベル3にはお姉ちゃんの興味レベルに合うものが少なくなってきます・・・・

だからといって、同じレベルの本ばかり増えても・・・

英米児童書・読みやすさレベル一覧表


いろいろ考えて、Usborne Young reaingシリーズが良いのではないかと
(Young readingシリーズはレベルが3つに分かれています)
      
CD付きが多いし、絵も本当に素敵です
できるものなら全部揃えたい そんな気持ちになります。

でも・・・1冊1000円近くするんですよね・・・

CDはありませんが、代わりにこのあたりはどうかな?
  

もうしばらく音読中心で取り組みたいので、あまり長くなると苦しいな~

以前、どなたかのブログで拝見したのですが・・・
Usborne readingシリーズの10冊ほどが1冊にまとまったものがあります


1冊のボリュームが結構あって、
収録されている絵本のレベルにもばらつきがありますが、
もう少ししたらこんなのも↑いいかもしれないな~と



私たちが住む市の図書館にはLeveled booksの取り扱いがほとんどありません・・・・
が、洋書絵本なら少しあります。(本当に少しですが・・)

でもLeveled booksではない洋書絵本って
語彙など結構むずかしいですよね。
なので今まであまり活用できませんでした。

自宅から徒歩3分のところにある図書館
もう少し積極的に活用してみよう~とこちら↓を借りてきました。

 

自力読みではなく、初心に帰って読み聞かせから始めたいと思います

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

いくつになったの?
プロフィール

Author:ふうみん
8歳の娘&5歳の息子と親子英語をがんばるママ

Counter
Powered