MooMooKids 親子で素敵な英語の時間

8歳のお姉ちゃん&5歳の弟くん☆英語絵本でバイリンガルになあれ♪
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年11月
ARCHIVE ≫ 2014年11月
      

≪ 前月 |  2014年11月  | 翌月 ≫

弟くん☆お話づくり&お助けアイテム♪

弟くん(3歳9か月)も少しずつお話が作れるようになってきました。


Once upon a time, there was a house.
Someone oxoxoxox
And the beanstalk grows
And in the house, there was a cat.
And the prince want to catch the cat, but he can't.
So he have a sword, and he cut the cat.
And the prince turned into a frog.
And he changed into a king.
And he put his backpack.
And he go to a pirate ship.
But another pirate ship came.
And the ship crashed. The end.

Cut the catなんて
"Did the cat die?"とママが聞くと"Yep!"
"Can we save him?" "Nope! "だそうです

こんな残酷なお話、お姉ちゃんはぜったい作らないのになあなんて


今回使用したカードはこちら↓です。

お姉ちゃんと何度かやってみましたが、
絵が特定のFairy talesを連想させるものが多く
なかなかオリジナルなストーリが作れませんでした
再話の練習にはいいかもしれません

オリジナリティーを求めるなら、
こちら↓にしておけば良かったかな



でもわが家にはこちらもあるので・・・


英語でお話づくり☆新しい試み(Rory's Story Cubes )

お話づくりを少し手助けしてくれるアイテムが何かあると、便利ですよ

他にも
  




ちょうど1年前に弟くんが作ってくれた『おてて絵本』を見ていると
少しずつですが、成長を感じます。

お話作り☆2歳9か月

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



スポンサーサイト

和書の一人読みも☆

マンションから徒歩2分のところに図書館があります。
その図書館までの道は車も通らないし、昼間はお友達がたくさん遊んでいます。

最近、図書館まで一人で行くことをOKしてもらったお姉ちゃん
嬉えしくてたまらないようで、何度も図書館を往復しています。

図書館に行って、本を返して、新しい本を2冊借りて
20分で帰ってくるという約束もしっかり守っています
(時計を読む練習にもなっているようです)

今は借りてきた本を一人で読むのがとっても楽しいみたい
英語の本はあまりない図書館なので、
どうしてもママがアマゾンなどで選ぶ形になってしまうけど
和書に関しては好きなように選ばせてあげたいと思っています。

また週1のお話会も弟くんの手を引いて、2人で参加するようになりました

ここ2週間で借りた本のリストです。
これからは和書のリストもできるだけ残していこうかと思っています。

   

 

 

   

 

『だじゃれどうぶつえん』は言葉遊びが面白くてお気に入りに
今では幼稚園バスの中で友達とダジャレ合戦をしているようです。

『くまくんのおともだち』の原書は去年の秋に読めるようになりました

和書の方には
『木、目、耳、二、三、四、上、下、女の子、大きい』の漢字がルビなしで出てきます。

いつもお世話になっている『ぷりんときっずさん』の『1年生の漢字表』を見ながら
全部読めたことで自信がつきました。
漢字への興味もどんどん湧いてきているようです。

図書館が今とっても旬なお姉ちゃんですが、
弟くんはというと、同じように2冊ずつ借りてきます。

でも、弟くんは絵本のセクションにはほとんど立ち寄りません
必ず行くのは生き物の本が置いてあるところ

読み聞かせするにはキツイ文字数のものもたくさん
でも借りてきた本を見ている時の弟くん、その目は真剣でキラキラです。
お話もたくさんしてくれるので、できるだけ付き合うようにしています。

 

  

   







MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


ライティングがストレスなくできるように☆6歳4か月

「ライティングがストレスなく」といっても幼稚園レベルの話ですが・・・

毎日同じようなことを繰り返し書いていることが多い日記ですが、
10分ほどで2,3ページ書くことができるようになってきました
(でも3行で終わる日もあるんですよ。)
20141112065655844.jpg 20141112065705320.jpg 20141112065715526.jpg

相変わらず時制はバラバラ
自分で間違いに気づく時もあるし、すっかり忘れている時もあります。
でもスペースを忘れることはなくなり、字も読み易くなってきました。
文頭の大文字とピリオドがないことが多いですが、成長を感じます


さて、こちらのワークをゆっくりすすめています。


今取り組んでいるのが、疑問詞(what, when, where, why, how)のページ
20141112065632559.jpg 20141112065643581.jpg

わが家でもリポーターになってインタビューごっこをすることにしました。

ステップ1
ゲストを招待して、質問する

毎日違うゲストを招待して、交替でインタビューごっこ

今日のゲストはソフィアのステップシスターのアンバーです。
ママがアンバーになってお姉ちゃんがインタビュー

DSC06333.jpg

ステップ2
ステップ1がスムーズにできるようになってきたら、ゲストの答えをメモする練習

ゲストが
My favorite color is….と言うと
メモにはHer favorite color isと書く。
これは意外と自然にできていました。

I like to read.だったらShe likes to read.
これは少し難しいようですが、意識できるようになってきました。
DSC06332.jpg DSC06331.jpg


ステップ3
メモをまとめてレポートをつくる。

DSC06329.jpg DSC06328.jpg

DSC06327.jpg DSC06326.jpg

今はメモを丸写しでレポートを書いていますが、
いずれは論理的に話を展開できるようになっていけばいいなぁと思っています。

過去形を使って日記に挑戦☆文法

試行錯誤のライティング☆

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



ついに『Magic Tree House』☆



少し前のことですが、
こちら(自信につながった本)↑を読み終えた勢いでこちら↓を出して見ました。



登場人物や状況設定を確認しながら、チャプター1と2を一緒に読んで、
その後、一人で読んでみるというので本を渡してみると

結構なスピードでページをめくっていくお姉ちゃん
どれだけ理解しているかは分かりませんが、読み終えました

続きも読みたいというので、次の日にこちらも渡してみました。


でもチャプター3あたりでやはり止まってしまいました・・・

恐竜の絵本は今までに何冊も読んでいます。
恐竜たちの名前もバッチリ
1冊目のダイナソーのお話はお姉ちゃんにとってとても馴染みがあるもので
場面も想像しやすく、読み進めることができたようです。

そういえば、今まで『Knight』のお話はあまり読んだことがなかったな~
お城についてもディズニーのお話などで、プリンセスが住んでいるところだと
なんとな~く分かっているけど、Magic tree houseに出てくるような
内容のことはまだ知らないないだろうな~

読む前に新しい語彙をインプットしてあげないと、文字は読めたとしても
お話は理解できないだろうと思い、お家にある本を調べてみました。

こんな時はやはり絵を見ながらお話しするのが一番ですね

とても良かったのがこちらの絵
20141110152136770.jpg 

20141110152148537.jpg より

Knightはお城を守る人なんだよ。
Knightが着ているArmorは硬くてとても強いんだって。そしてとっても重いんだよ。
MoatDrawbridgeがあるから
悪い人(敵)が自由にお城に入れないようになっているんだよ。
そしてMoatの中にはcrocodilesがいるらしいよ~
FesterFeastの時に踊ったり、ジョークを言ったりしてみんなを笑わせるんだよ。

その後、チャプター3と4の読み聞かせをして、残りは一人で読み終えました。
新しくピックアップした単語を本文で見つけると嬉しそう

Knights wore armor when they traveled long and dangerous distances.
The armor was very heavy. A helmet alone could weigh up to forty pounds.

A drawbridge crossed the moat.
The moat was filled with water, to help protect the castle from enemies.
Some people believe crocodiles were kept in the moat.

将来的には多読で語彙&知識を増やしてもらいたいと思っていますが、
6歳4か月のお姉ちゃんに多読だけで進めていくのはまだ難しいように感じます。

『多読より精読』とは言わないまでも、
知らない言葉や物事があったら、
一緒に調べながらゆっくり読んでいったほうが良さそうです。

Knightの次はミイラのお話
先回りして読んでおかないと

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

この秋に追加した本たち☆

Leveled Readersからチャプターブックへの橋渡しの役割をする
Scholastic社から出ているBranches Books

5歳~7歳対象の4シリーズから3冊読んでみました。
   

お姉ちゃんが気に入ったのはMissy's Super Duper Royal Deluxe
そこでこちらもポチ


これ↓も読みたいそうなので、近いうちに


その他に
 

こちらも



少し奮発したのがこちらの2冊
この2冊については別記事にしたいと思います。
 

お姉ちゃんがよく手にするのは、同じ年頃の女の子がでてくるお話
好きなシリーズがあれば、数を増やしてあげたいと思います。

クレジットカードに溜まっていたポイントをアマゾンポイントに交換
結構買っちゃったけど、たまにはOK

気分晴れ晴れ、本選びは楽しいなあ~

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

子どもの習い事☆

来年1年生になるお姉ちゃん
現在の習い事は年中さんの時に始めたピアノです。

幼稚園に入った頃には想像できなかったくらい
積極的に行動できるようになってきました。

いろんな習い事に興味が出てきた様子

10月には、弟くんのようにスイミングに挑戦したいというので、
1か月体験をしてみました。

またダンス(特にバレエ)にも憧れているようです。

何かとお金のかかる習い事、
親子ゲンカの原因にもなりやすいと聞きます。

時間とお金をムダにせず、
将来「習わせてくれてありがとう」と言ってもらうにはどうすればいいのでしょう。

手にとったのがこちらの本


日本は習い事大国だそうです。
そしてママたちを習い事に向かわせているキーワードは3つ

「みんな習い事をしている」
「うちの子だけやらせなかったらかわいそう」
「将来に差がでちゃうかも」

そして子ども達に習い事をさせたい理由は6つ

生活のキラキラしたアクセント
大人になったときの「引き出し」を増やす
学校生活で一歩リード
外遊びの代わりに体を鍛える
ホントはママが習いたかったの
将来、この世界で大成功するかも?

習い事をどう選べばよいか、始めた習い事とどう付き合えばいいか、
上手なつづけ方と賢いやめさせ方など、参考になることがたくさんありました。

大切なことは、いくら子どもから習いたいと言ったことでも、
OKを出したのはママで、
「ママがさせたいから習わせている」という自覚を持つこと

子ども自身が本当にやりたい習い事を見つけるのは
10歳を過ぎてから

うまくいかないことを子どものせいにしない
無理に続けさせない
子どもの習い事に対する態度や気持ちをしっかり観察し
軌道修正するのがママの役目

まずは、

誰が(どんなタイプの子が)、いつ(年齢)、何を(どんな習い事を)、
どこで(どんな教室で)、なぜ(目的)、どのように習わせたいのかについて
親がしっかり見極めることが大切

印象に残ったのは
1つの才能を伸ばすより、いくつもの「得意」を育てることの大切さ
「得意」を育てるために、家庭でできることがたくさんあるということ

MooMoo達が大人になったとき、
趣味として楽しめる習い事が出来ればいいなあと思っています。

お風呂上がりにMooMoo達とストレッチを始めました。

教室、先生選びもママの大切な仕事
わが家に合ったダンス教室探し、始めてみます

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


試行錯誤のライティング☆

ひらがなの書けない年少さんのころから絵のお手紙を
交換するのが大好きだったお姉ちゃん。

年中になってひらがなのお手紙をくれるお友達を見て
一生懸命自分で本を見ながら書く練習をしていました。
そんな時、見やすいようにそっと一覧表をあげると
とっても嬉しそうだったのを覚えています。

年長さんになってカタカナを書いてくるお友達もちらほら
最近はすいぶん読めるようになってきました。

お友達の存在って本当に大きいな~
ママがやったことは一覧表を用意して
読んだり書いたりしているのを少し大げさに褒めただけ
自分から覚えたいと思った時のパワーってすごいですね

英語でのライティングに必要なのも
書きたいと思う気持ち

そのために、ママがこのお友達の役目をしなくてはと思い
お手紙交換を始め、絵本づくりではママも自分の絵本を作り
それを読み合いました。
もちろん日記もママ用のノートに書いています。

少し面倒だけど、
お姉ちゃんにはこのやり方が合っていたんだなあと思います。

20141106121548412.jpg


20141106064057588.jpg

20141106121559171.jpg20141106121610534.jpg

さて、幼稚園のバスを待っているあいだ
お手紙交換に大忙しのGIRLSの横で
走り回っているBOYSを見ると、
弟くんはお姉ちゃんのようにはいかないんだろうな~と
なにかアイデアを考えないと


MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

弟くんのお絵かき☆

絵を描いたり、字を書いたりするのが好きなお姉ちゃん
対象的に
そこまで興味がなさそうな弟くん

でもお姉ちゃんに誘われて、いや半強制的に一緒にお絵かきをさせられています。

DSC06306.jpg

DSC06305.jpg

やり始めると、とっても楽しそうにいろいろお話しながら絵を描いています

ママがなかなか付き合ってあげられない弟くんのFour Square Writing
お姉ちゃんがしっかり指導してくれます。 本当にありがとう
DSC06307.jpg

DSC06309.jpg

DSC06308.jpg

カエル君もいっぱい
DSC06314.jpg

弟くん☆手作りアルファベットBOOK☆

MooMooKids

最後までお付き合いただきありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


いくつになったの?
プロフィール

Author:ふうみん
8歳の娘&5歳の息子と親子英語をがんばるママ

Counter
Powered